どんだけ〜・・787プレミア

ボーイングの新型旅客機787の完成プレミア式典は
衛星放送で45ヵ国以上に9ヵ国語で生中継され、
インターネットでもライブ中継されたけど
その式典は凄いの一言だったね。

プレミア前日にはシアトルの南、ボーイングフィールドで
「スペシャルカスタマーショー」が行われたんだけどここでは
なんと、707から777までがずらりと並んだ!
おまけに747-400LCFも横に!
c0015444_2365311.jpg

オメガエアーの707、エアートランエアウェイズの717(買収したマクダネルダグラスのMD95の生き残りね)、フェデックスの727(今は貨物機だね)アラスカ航空の737-800(ウイングレットがデッカい、新世代737だ!)747-200はなんとロールスロイス社が787用のTrent 1000 のテストに使っているテストベッド機だ!第2エンジンがデッカいのが分かるかな〜)、コンチネンタルの757(大型化した737NGと787と定員がかぶるので既に生産は終了。あっ、この機体ウイングレットがついてる!)デルタ航空の767、そしてエールフランスの777-300ER(Extended Range:長距離型だね)

いや〜粋なイベントだね〜江戸っ子かい?

写真右上の飛行機が数機集まっているのは、ここの博物館の
展示機で747は1号機。コンコルドもあるね。

(ここ、以前シアトル行った時に行きたかったんだけどなぁ〜)




話が逸れた。。7月8日の787のプレミア会場。

ギネスブックにも載っているという馬鹿でかい
エバレットの最終組み立て工場が会場。
そこに関係者、なんと1万5000人が集まった・・・どんだけ。。
c0015444_2222762.jpg

(さらに、シアトルのボーイングフィールドや競技場(!!)には従業員や
OBが集まったそうだ)

787の35%を生産している日本を意識してか
日本の夜明けから始まる世界各地の夜明けのビデオが流され式典が始まった。

生産拠点のいくつかが衛星中継で結ばれていたんだけど
トップバッターは日本の富士重工
さらに名古屋の川崎重工、そして同じく三菱重工
c0015444_259482.jpg

日本各社の英語のスピーチの締めには
帽子を放り投げたりして、それなりに柔らかイメージを
狙ったようだけれども・・・
おしゃれとは言えない作業服を着て整列しているからかな・・・><;
ちょっと無理している感じだったな
c0015444_259585.jpg

イタリアにアメリカ2カ所からも衛星中継が行われた。
こちらはホントお祭り気分。
テレビの特番より凄い。ワールドワイドな「ズームイン」みたい。

会場の司会者も「イタリアの方が楽しそうです、私たちも楽しみましょう」と
言うくらい。。

インターネットライブも凄すぎ
会場にカメラは何台あったんでしょう・・・
クレーンカメラはあるし、ハンディカメラはステディーカム!
どんだけ・・・
c0015444_321394.jpg


工場の扉にはスクリーンが貼られ発注各社のカラーリングを
まとった787のCGが上映された。これだけでも制作費いくらだろう。
JALが発注した787はこんな感じなのね。
2007年8月にはこれが日本の空を飛ぶのか〜
c0015444_3201473.jpg

あっ、ローンチカスタマーのANAは5月に就航
JALが8月ね。

プレミアの最後は扉が空いて実機が登場する演出だったけど
時間も長く感じない演出だったな〜
とにかく、日本が目立った787プレミア。ボーイングの意気込みが
良く分かるショー(!?)でした。
[PR]
by pressaviation | 2007-07-15 03:05 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30