ANAの時刻表に“北九州”復活

6月1日スターフライヤーと全日空の共同運航が始まった。
c0015444_19255070.jpg

【写真:朝日】
SFJ11往復のうち10往復で、全日空が1便あたり36席を上限に
買い取る。片道の通常運賃ならスター社の方が5900円安いそうだけど
ANAのマイルがたまるのは嬉しいよね。ANAを利用する人には。

北九州空港からの共同便第1便は144人乗りの機体に
乗客は107人。SFJが101人、ANAが6人。
羽田空の第1便はSFJ100人、ANA31人だったそうだ。

利用者はマイルのメリットは大きいね、出張でたまるマイルは
サラリーマンの楽しみでもあるし。。
SFJは巨人ANAのネームバリューに乗っかる事もできる。

全日空は設備投資など巨額のコストをかけず路線を拡大できる。
全日空の時刻表に“北九州”の文字がのるのは実に27年ぶり
伊丹〜旧北九州に就航していたYS11が休止されて以来だ。
(確か廃止とは言わずに休止だったと思う)
c0015444_19275395.jpg

さて、SFJ、ANA、利用者、空港、自治体・・・
思惑は様々でしょうが、この提携どんな展開を見せて行くのでしょうか?
うまく行って欲しいものです。
[PR]
by pressaviation | 2007-06-02 14:10 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30