JAL MD90硫黄島“IWO”へのフライト

3月6日、硫黄島への「戦没者慰霊巡拝」のチャーター便で
JALのMD90が硫黄島へ飛ぶ
c0015444_17314377.jpg

1年間に3回、国などの墓参事業などで遺族が自衛隊機を
使用していたが
遺族の高齢化にともなって、快適とは言えない自衛隊機ではなく
旅客機の使用が要請された。
硫黄島に民間機のチャーター便での運航は初めてだそうだ。

MD90は150人乗りだけど硫黄島で給油できず
羽田空港で往復分の燃料を満載するため、
介助者を含む遺族99人と厚労省などのスタッフ、合計110人くらいしか
乗せられないそうだ。

羽田から硫黄島まで1,200kmくらい
MD90の航続距離がJALの資料によると2,330km
往復の燃料・・・あれ。山盛りに入れてギリギリ!!?
737なら-400でも3,320kmだから余裕なのに。。

硫黄島では給油できないの?
JET-A1燃料が無いから?
海上自衛隊のジェット燃料ってJP4?JP5?
JP4ってJET-A1燃料と同じ・・・??
JALのMD90は使えないのかな〜それとも給油機材の問題??

海上自衛隊の硫黄島航空基地の
滑走路(07/25)は2650×60の1本
2650×30の平行誘導路が、トラブルによる
滑走路閉鎖時の緊急滑走路として
整備されているそうだ。
第七艦隊の空母艦載機の夜間離発着訓練が行われていて
滑走路25側には空母甲板のペイントがされているのが
衛星写真でも分かる。
民間機の緊急着陸もたびたび行われるようで
3レターコードIWOも設定されている。

JALのプレスリリース・・・

『今般厚生労働省よりチャーター便運航の照会をいただき、
調査、検討を実施の結果、現地での空港ハンドリングに関し
防衛省のご協力をいただくことでチャーター便の運航が
実現することとなりました。これによりご遺族の方々の身体的負担は、
大きく軽減されることとなります。
JALは、「安心とこだわりの品質で世界を結ぶ
“日本の翼”になる」というビジョンを実現していくため、
お客さまの視点にたって商品・サービス品質の向上に
取り組んでまいります。』

【チャーター便運航概要】
1.運航月日
2007年3月6日(火) (予備日3月7日)
2.路線
羽田空港=硫黄島間 往復運航(日帰り)
3.機材
MD90型機 (150人乗り)
4.運航スケジュール
JAL4907便 羽  田 08:10発−10:15着 硫黄島
JAL4908便 硫黄島 15:45発−17:50着 羽  田
5.用機者
厚生労働省
6.ご利用いただくご遺族
ご遺族99名(介助者4名を含む)
c0015444_173281.jpg

旅のご安全をお祈りいたします。
[PR]
by pressaviation | 2007-03-03 14:03 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30