「小さな政府専用機」あってもいいね

紙面では見ていませんんが、ネットで見た産経新聞の記事。
2017年12月18日にネットニュースで
河野外務大臣が外相専用機導入を訴えたことを伝えていました。


これを産経が“おねだり”と書いたから一悶着ありました。
c0015444_14492789.jpg
【写真:Gulfstream G650ER】

政権寄りの産経新聞なのに“おねだり”となぜ書いたか・・・。
記者がそもそもの記事に書いた?
ビジネスジェットは贅沢品の意識があったのか?
デスクが、「キャッチなワードが欲しい」から“おねだりと加えたて書いた??
こういうのはよくあるんですけど・・・いじわるですよね。
河野大臣も、ちょっとカチンときたので反論していました。
空港で、たくさん無駄な待ち時間をけいけんしたんでしょうね〜

産経に意地悪な見方をすると戦後航空部を持った
朝日、毎日、読売、産経、中日の中で
産経のみが、航空部を廃止し(格納庫は羽田に保有、ヘリは運行委託)
固定翼の運用もやめています。かつてはサイテーション501を
持っていましたけどね(パイロットはTDAに委託だったっけな?)

今や、ジェットで航空取材をした記者も産経にはほとんどおらず
ビジネスジェットの有用性の認識は全国紙の記者の中で
最も低いんじゃないかなぁ〜

と、なってしまします。

河野外相2018年3月の訪米ではガルフストリームをチャーター
羽田からワシントンへ飛んでいます。

外相専用機とは行かないまでも、
閣僚が使える小さな政府専用機、あってもいいんじゃないかなぁ

じっさい北京オリンピックの際、当時の福田首相は747の政府専用機じゃ
大きすぎると、空自のU-4(ガルフストリームIV)で訪中しています。
ただ、U-4は航続距離6500kmとアメリカ東海岸までは届かないので、
やっぱりガルフストリーム650(VI)ERか
ボンバルディアのグローバルエクスプレス(ちょっと足短いか?)あたりが
必要かな。

導入はガルフストリームIVを運用している空自で
パイロットは、空自と、Vを運用している海保からも
入れたらいい経験になると思うんだけれどなぁ〜


そうそう、産経新聞の政治部にはちゃんと
小型政府専用機の必要性を記事にしている記者もいました。
2016年の熊本地震の際に安倍首相がU-4をつかって
熊本入りした際に記事が出ていました。
c0015444_14503784.gif
【写真:丸紅エアロスペース】

ガルフストリーム G650ER スペック

座席数:最大19席

最大航続距離*:13,890km(7,500nm)
運用限界速度:マッハ0.925
最大巡航高度:51,000ft
エンジン:ロールス・ロイス社製BR725エンジン



[PR]
by pressaviation | 2018-03-22 14:53 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31