佐賀県目達原のAH64D墜落

最近、沖縄で海兵隊ヘリの予防着陸や不時着
数日前にはフランスでガゼルが墜落したりしていたのですが、
航空機の事故は連鎖してしまう気がするのは私だけではないでしょう。

佐賀県目達原(めたばる)駐屯地のAH64Dが民家に墜落炎上
これを書いているのは翌日ですがこの時点でもパイロットが
行方不明、前席に座っていた副操縦士(ガンナー)は遺体で発見されたそうです。
民家への航空機の墜落は調布飛行場でパイパー機墜落し住民も死亡した
事故が記憶に新しいですが、
今回は間一髪、家にいた小学生は逃げて打撲ですんだそうです。

発生は(2018年2月5日)夕方4時43分頃。
第3対戦車ヘリコプター隊に所属。日本に13機しかないAH64Dのうちの1機。
同機は、機体整備後の点検飛行中で事故の直前、目達原の管制塔に
不具合を伝え予防着陸すると報告した直後だったようです。
c0015444_09301881.jpg
【写真:目達原駐屯地 管制塔】
この日の北部九州地方は強い寒気のせいで、小雪が舞い事故直後も
雪が現場を白くしていました。

各局、夕方ニュースの直前の時間でしたが、日没、
もしくは天候の悪化(たぶんこっちが理由)でTV局のヘリは飛ばなかったようです
佐賀は、フジテレビ系を除いて福岡の局のエリア、空撮ヘリは民放は全局
福岡空港のN空輸が運行。

夕方6時前後の全国ニュースの時間でも、まだ現場は炎上中で
中継クルーが到着しても火の手があがっていました。

新聞では朝日新聞が福岡空港からヘリを飛ばし、炎上中の現場を
5時50分ごろ写真とビデオで撮影。
テレビ朝日系はこの動画を使っていました、
自家用運用の強みがでました。
福岡のテレ朝系の九州朝日放送は自社の契約機が飛べないなら、
朝日新聞のヘリにカメラを便乗させる・・・とこまでは
考えなかったか・・・朝日新聞もTVカメラマンを
待たずに飛びたかったかか・・・

毎日新聞は北九州空港ベースなので、暗くなってからの
7時58分撮影の現場写真を載せています。
事故当日の現場の空撮は朝日、毎日の2社だけでした。

読売新聞は西部本社から航空部を撤退しているので、空撮なし。

目撃者の話では、事故機はドンと大きな音がして、頭から垂直に
落ちたと語っていました。落ちる際、炎も見えたと・・・
テールローターではなさそうですし、エンジン不調?であれば
オートローテーションで、田んぼを目指すはず。
なぜ、住宅に落ちてしまったのか・・・

佐賀県唯一の民放TV局「サガテレビ」を持つFNNが放送した
自動車学校のドライブレコーダーの映像原因の特定に
役立ちそうです。
それをみると高度は150mくらいはありそうです。
そこで、メインローターが1枚?吹き飛んでいるようです!
こうなるとパイロットはどうしようもありません、文字通り
頭から垂直に落ちています。

点検整備でローターを外したあとなのか、ギアボックスなのか
ローターヘッドなのか・・・メインローターが吹き飛ぶ原因は
いくつも考えられますが、
これではパイロットは予防着陸するすべもありません。
c0015444_09462850.jpg
【写真:FNN放送のドライブレコーダーからの映像】


亡くなられた1等陸曹のご冥福を
機長の2等陸佐の所在が早くわかることをお祈りいたします。
c0015444_09341526.jpg
【写真:目達原駐屯地】


[PR]
by pressaviation | 2018-02-06 09:36 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30