3月(2017年)いっぱいで福岡空港の格納庫を閉鎖し
西部本社でヘリ運用をやめた読売新聞。
やはり、フリートも縮小なようです。
c0015444_04513777.jpg
【写真:頂き物/JA134Y 宙返りも出来るぞ!Super5】

読売新聞取材機の中で最古参のJA134Y
メッサーシュミット ベルコウ ブロームBO105が
5月で運用を停止、大阪で社旗が消されたJA134Y
フェリーされ海外へ売却されるようです。

オートパイロットなんかは付いていないし135なんかに比べると
古さは否めませんが、独特な音といい、個性的な機体でした。

東日本大震災では羽田をいちは早く離陸し海岸沿いに北上
被災直後を空撮。
仙台空港が被災し着陸できず
燃料切れで瀬峰飛行場に着陸。取材を行いました。

朝日新聞が取材ヘリの双発化をAS355で進めたのに対し
読売新聞はBO105を揃えました。

1975年にBO105Cを初導入(YOMIURI 123号機)JA9523
c0015444_1483073.jpg
【写真/P.A:北九州空港 YOMIURI 123】

その後1984年に105C(YOMIURI 127号機)JA9604
この機体は北九州空港配備の1988年11月6日に
紅葉の取材(耶馬渓だったかな?)の帰りの途中に空港まで
2マイルの所で乱気流に遭い小倉南区朽網の空き地に
不時着。ハードランディングで、スキッドがバキッつといっちゃいました。
幸いローターの接触はなく、機長と、整備士がシートから
浮き上がった際風防にゴッツンしたぐらいだったかなぁ。
不時着したのは埋立地で当時は原っぱ。
現在は、読売新聞の印刷工場が建ってます(偶然ね)。
c0015444_19481446.jpg
【写真:1988年オートロでちょっと壊れた読売127その後復活!】

1988年に105C(131号機 大阪読売で購入)JA9907
c0015444_10478.jpg
【写真/P.A:2003年8月伊丹 YOMIURI 131】

1990年にストレッチ型の105CBS(YOMIURI 132号機)JA9987
c0015444_0234211.jpg
【写真/P.A.:YOMIURI 132】
そして1997年にこの105S (YOMIURI 134号機)JA134Y

計5機の105を運用しました。
読売の機体の名前は戦前は読売◯号と番号がつけられ
戦後は101〜3桁に。
21世紀に入ってからは愛称が付けられるようになりました。

MBB社からユーロコプター社となっても2001年まで生産されていた
BO105。後期型のこの134Yはメインローターの翼型を変更し
揚力を従来型から150kg増加させるなどした
「スーパーファイブ」というモデル。


朝日がAW169を導入、毎日も新型機複数機発注の噂も…
今年、航空部(課)設立85周年の読売航空部ですが規模縮小なだけなのかなぁ?

◆追記◆
読売写真部がツイート
社旗消えてるのに空撮してる〜^_^
福岡空港に3月までいたコスモス 03YPも写ってます。
c0015444_03403877.png
【読売新聞写真部ツイッターから」




[PR]
by pressaviation | 2017-06-02 02:23 | 新聞 | Comments(0)
部数減少に悩む新聞各紙ですが、読売新聞西部本社は
福岡空港に常駐させていた取材ヘリの運用を
(2017年)3月末で廃止しました。

東京オリンピックが開催された1964年に小倉に
西部本社を開設。名実共に全国紙となった読売は
小倉空港の朝日、毎日の格納庫の並びに自社格納庫を
1968年秋に建設。
レシプロ双発機、ヘリの2機を運用。
2006年に北九州新空港運用開始と西部本社の福岡市移転も
あって、福岡空港東側の西日本空輸の格納庫を朝日新聞と
同居する形で賃貸、固定翼機の運用はやめ、
ヘリ1機を運用していました。
(毎日新聞は北九州空港に新格納庫を建設)

福岡空港は去年(2016年)に混雑空港の指定を受け
自家用機運用を時間帯で自粛の要請も出るなど使いにくさもありました。
また、現在2本目の滑走路建設に伴う、ターミナルビルの移設工事や
エプロン、誘導路拡張工事の為、ヘリコプターは福岡市東区雁の巣に
新設されるヘリポートへの移転が決まっています。
福岡新ヘリポートの資料を見ると、地元使用事業の
西日本空輸、県警、消防と朝日は新ヘリポートへの移転が
決まっているようですが、
読売新聞は新ヘリポートにも常駐せず、航空機運用は
福岡から撤退となってしまいました。

経費削減はどこの新聞航空部も抱えている問題でしょうが、
朝日は使用事業化し、TV局の中継ヘリもこれからも担う
業務拡張、毎日は通信社との共同運用で生き残りを模索しています。
去年は熊本での地震で取材は活躍したばかり、口永良部島の噴火でも
西部本社のヘリが飛んで行ったはずです。
発行部数的には、九州山口がエリアの西部本社は大したことは
無いのでしょうが、突発事件、事故などを考えると
九州にもヘリは必要ではないでしょうか?
俊足、サイテーション「みらい」が羽田から駆けつけるにしても
九州は遠い。
朝日、毎日と航空取材の重要性の認識の違いと航空部の主張の無さかなぁ〜

大阪で新鋭機AW169にテレビの生中継機材を積んで、ABCの仕事も
こなそうと準備している朝日とはちょっと差がつくかな。
残念だ。。。
[PR]
by pressaviation | 2017-04-04 17:09 | 新聞 | Comments(0)
いや〜気がつかなかったけれど、後でまとめ読みできるのがネットのいいところ。

読売新聞の有料ニュースサイト「読売プレミアム」で(2016年)12月1日から
小説「空の王」の連載が始まっています。
架空の新聞社、東西日報社の航空部のパイロットが主人公。時代は新聞社の
航空部が大陸へ連絡飛行をバンバンやっていた1930年代。

新聞社、主人公は架空の設定ですが中にでてくる話は実話や、実在の人物も。
この時代の冒険飛行や、各社の速報競争は逸話が沢山あるので、
題材には事欠きませんね
作者の神野剛志(しんの・たけし)さんの祖父は新聞社のパイロットだったそうで、
小説を読んでいくと、第8話に「神野百三郎」という朝日新聞のベテランパイロットが
登場するので、作者の祖父は朝日の航空部パイロットだったんでしょうね。

ちなみに、この神野百三郎さんは実在の人物で、朝日新聞が初めてオートジャイロ
シェルパC19を導入した時のパイロットの一人。
漫画家、堤寒三を乗せて各地を訪ねる連載ルポ「空の膝栗毛」で、
コンビで紙面に名を連ねているかたでもあります。

この連載、なかなかの人気企画だったそうですが、オートジャイロ。不安定ですよね。
昭和8年6月に大阪を出発。東に向かいのんびり東進していたところ、
難所の箱根を過ぎ平塚の海岸に着陸するところで風を受け横転。
連載は一時中断。その後修復され、翌年再開。九州や四国まで足を伸ばしたそうです。
すごいね朝日。(「空の王」第8話にこの話も出てますね)
c0015444_12250637.jpg
【写真:朝日新聞1933年(昭和8年)6月7日夕刊東京 後席が神野百三郎飛行士】

話はそれましたが、「空の王」には朝日の川崎C-5、中島AN1、
毎日のロッキードアルテアも出てくる。途中までしか読んでいませんが、
読売のリライアントや、メッサーシュミット108なんかも出てくるのかなぁ

神野剛志さんさすが小説家よく取材も、リサーチもされているようです。
連載楽しみにしています。



[PR]
by pressaviation | 2016-12-29 12:29 | 新聞 | Comments(0)
(2016年)10月8日、深夜に噴火した阿蘇山。
幸い大きな災害にはなりませんでしたが、
降灰で農作物には被害が出てしまっている様です。
地震に噴火と、阿蘇周辺のかたは大変です。お見舞い申し上げます。

噴火警戒レベルが引き上げられた阿蘇山を新聞、テレビ各社は9日
朝から空撮。
テレビの中継を見る限りは噴煙は落ち着いた様です。
c0015444_19455273.jpg
【写真:P.A/穏やかな頃の阿蘇山中岳火口】
読売新聞紙面によると、
9日、阿蘇山火口付近を空撮した際、
火山弾の直撃で阿蘇ロープウェイの火口西駅の屋根に
複数の穴が開いているとの事。

阿蘇山と言えば噴火していないときは中岳の火口の淵まで行ける
珍しい火山で、火口のすぐ側まではロープウェイが運行されています。
ただ、火山活動にの活発化、火山ガス発生の為2014年8月から運休中。

無人だったロープウェイ駅ですが、ヘリで飛んでみて、記者か
パイロットが気がついたんでしょう。
今では、空港事務所常駐のカメラマン確保も各社難しく
記者がヘリに同乗してルポを書く事も少なくなった様です。
でも、飛んでみて空からニュースを見つける。
官公庁発表の空撮写真では出来ない事ですね。
c0015444_19472828.jpg
【写真:P.A/阿蘇山のヘリ遊覧もやっていた頃も。写真の機体は佐賀航空AS350】


[PR]
by pressaviation | 2016-10-12 19:39 | 新聞 | Comments(0)
大型の台風21号で、9月28日に81.1m(!!)の最大瞬間風速を観測した
沖縄県与那国島。家屋が一部倒壊するなど被害が出た。
本土には接近しなかたが、なかなかわからなかった現地の被害の様子が
読売・日テレの取材機C560「みらい」の空撮で翌29日報じられていました。
秒速81.1m凄い被害でした・・・
c0015444_331847.png

【写真:NNN HPから JA560Yが空撮】
窓が小さくTVカメラでの撮影は決してやりやすいとは言えないC560ですが
気流も安定していたのか、速度がでていたからか?テレビカメラで
水平方向を撮影した画像ではブレも少なく安定した画像でした。

肩のせタイプのENGカメラではなくNX5Jなんかを使う事が多いようですが
小さくて取り回しもいいし手振れ防止もついてますからね。
でも、下方向を撮ると窓の小ささからかちょっと撮りづらそう、
ブレも大きくなっているようです。

時間があればノンリニア編集機のスタビライズやスムースカムなどの
フィルターで更に手ぶれも吸収できるんでしょうけれど、
時間を争うニュースではなかなかそこまではしませんよね。

それでも、午後3時過ぎに与那国島上空で撮影して、
午後5時過ぎの全国ニュースで放送。
那覇空港に降りて伝送したのか、そのまま2時間かっとんで羽田まで?
ちょっときついか・・・那覇から伝送かな。

与那国島まで飛んだなら、もっと被害が大きかった台湾にも足をのばしたらいいのに・・・
せっかく足の長い機体。国境なんかにしばられていたら駄目だとおもうけどな。
台湾の新聞社と協力関係結んで取材エリアも広げてみたらどうでしょう。

こういう時に、海保、自衛隊提供以外の新聞テレビの独自映像は大きな意味と
情報力がありますね。

今年は自然災害が多いですね。被害に遭われたかた、お見舞い申し上げます。
c0015444_3311317.png

【写真:NNN HPから 主翼がちらり。境界層制御板がサイテーションだね〜】
[PR]
by pressaviation | 2015-09-30 03:19 | 新聞 | Comments(0)
ヒコーキ好きは当然ヒコーキの写真を撮るのが好きなので
私も昔から望遠レンズを空港で振り回しています。
学生の頃はカメラ雑誌買って知識を吸収、「月刊カメラマン」と
「CAPA」を読んでたな〜

で、最近欲しいカメラが有るのでリサーチついでに本屋で立ち読み
久しぶりに読んだ「CAPA」にその記事は有りました!

「報道カメラマンの現場」という連載。

カメラ雑誌なのでカメラマンがどの様に取材しているかと言う
連載なんですが、今、発売の2014年12月号に
読売新聞のカメラマンと航空部が取り上げられています。
c0015444_15460037.jpg
【写真:CAPA 2014年12月号/読売羽田格納庫登場〜】
噴火を続ける西之島をサイテーション560「みらい」で空撮した
写真もふんだんに使われています。
羽田の読売格納庫を取材していますが、この時は560とAS365N3の
2機があった様です。
だいたい、もう一機BO105なんかが常駐して東京はヘリ2機態勢ですが
耐空検査だったんでしょうか?

ヒコーキの事、航空部の事はまぁさらーっとした内容で、
ライターさんはあんまり飛行機には詳しくないようです。
(皆んなが興味あるわけじゃないもんね)

カメラマンは空撮では16mm〜のズームレンズに
500mmの望遠まで機内に持ち込んで撮影しているそうです。
手振れ補正があるとはいえ500mmF4の長玉を機内で
使うのは大変でしょうね。
でも、Canonの200-400のズームレンズ、1.4倍のエクステンダー
内蔵なのは羨ましいな〜。
そう、私はNikon派なのです…。Nikonさん、テレコンないぞう400mm
作って〜!

記事の中で「…他紙にない秘密兵器…」として取り上げられているのが
飛行中開閉出来る撮影窓。
1万フィート以下、180ノット以下に制限して使っていると。
c0015444_16144635.jpg
【写真:読売機「みらい」の開閉式撮影窓。左の切込み部】
この開閉式撮影窓。今でこそ「みらい」にしかついていない装備ですが
朝日の「はやて」や産経の「オーロラ」にも付いていた装備。
セスナのサイテーションには特注で朝日が最初に導入した
サイテーション500にも付いていました。
c0015444_17590363.jpg
【写真:新聞社初のジェット機 朝日「はやて」】
c0015444_18000660.jpg
【写真:開閉式撮影窓。この機体は横浜新聞博物館で展示中】

朝日新聞の560「あすか」は開閉窓の代わりに、望遠レンズも振りやすい
大型光学ガラスが入った撮影窓が同じ位置に取り付けられています。
でも、この大型撮影窓も与圧の関係からか、使用高度には制限があったように
思います…。
c0015444_03352215.png
【写真:朝日新聞デジタル:奥の望遠レンズ構えている窓が大型光学ガラス撮影窓:これは開閉しない】
今では読売タイプの開閉窓。FAAが許可しなくなったと言う話も(?)
聞きます。
ちなみに毎日と共同通信が共同で運用しているサイテーションCJ2
には構造上取り付けられません。
中日新聞のリアジェットも開閉式窓は装備されてません。
補強したりFAAの審査通したりと何かと大変なので、開閉式に
しなかったんじゃないでしょうか。

飛行中も窓が開けれるジェット機は読売の「みらい」が
最後にになるんじゃないかなぁ〜



[PR]
by pressaviation | 2014-12-15 15:40 | 新聞
注目を集めた小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載した
H2Aロケット26号機が(2014年)12月3日午後1時22分、
種子島宇宙センターから打ち上げられました。

報道各社報道には力が入っていました、新聞は
夕刊を気にしない時間での打ち上げだったので
じっくり取材できたようです。
天候不良で2度打ち上げが延期になっていたので各社準備万端で
臨んだようです。
c0015444_03111898.jpg
【写真:左から毎日、読売、朝日】

新聞では
読売がサイテーション560「みらい」を羽田から投入。
読売新聞のスチールカメラとビデオカメラ、
NNN(鹿児島読売テレビのカメラ?それとも日テレ?)ニュース用の
ビデオカメラが乗っていたようです。
c0015444_03162271.png
【写真:NNN:読売機「みらい」から。ちょっと遠いかな〜】
c0015444_03173319.png
【写真:読売プレミアム:読売機「みらい」から】

(NNNのニュースを見ると1カット、高度500m付近にまばらにある
雲の下からの空撮もあったので福岡・FBSのC-2も飛ばしたのでしょうか?)
c0015444_03194262.png
【写真:日テレ系はヘリも飛ばしてる!?福岡からかな〜?】

毎日新聞はサイテーション525CJ2「希望」を投入するかと思いましたが
EC135での空撮だったようです。でも、なかなか迫力のあるリフトオフ後の
写真を一面に掲載しています。

すごい体制で臨んだのが朝日新聞。
期待はサイテーション560「あすか」
「あすか」独特の装備、
コックピット後方の大型撮影用光学ガラス窓から
200mmと500mmレンズを使いスチール撮影。
ドア下部のもう一つの撮影用光学ガラス窓から
ビデオとスチールを撮影(多分このスチールは写真部じゃない…)
さらに、この航空取材の裏側を撮影しているデジタル朝日新聞の
ビデオカメラが機内に一つ。
c0015444_03352215.png
【写真:朝日新聞デジタル:秀逸。ココまで航空取材の様子を見せたのは見た事無い・笑】
これだけ見ても、気合の入りかたがわかりますが
デジタル朝日新聞のサイトでは打ち上げの生中継を
リポート付きで、打ち上げを地上数カ所、「あすか」からの空撮を
繋いだハイライト動画もアップしてます!さすが、「科学の朝日」
c0015444_03213031.png
【写真:朝日新聞デジタル:近い…動画からです】
いよいよ新聞社も動画で生中継する時代になったか…
(中継、編集ののクオリティーはまだまだですが・笑)

さらにサイトにはこの日の空撮をどう行ったか
コース図や「あすか」の紹介などの動画が満載のページが登場。
興味深いですな〜

動画を見る限り読売機「みらい」は発射場北側、飛行制限空域外の
高度およそ8000fあたりで空撮。VFR限界高度付近ですね。
朝日機「あすか」は発射状南西の飛行制限空域外、高度5500f付近で
撮影を行ったようです。この辺の朝日と読売の調整はやるのかな〜?
発射場から海側に広がる飛行制限空域の上限高度は59,000f
さすがにサイテーションもココまでは上がれない。
まぁIFRじゃ撮影は難しいでしょうしね。

ビデオを見るとH2Aが上昇するのを追って「みらい」も「あすか」も
左翼を上げて撮影窓を上方に向けています。が、朝日のビデオの最後のカット
バンクは70度越えてるんじゃないかな?!
c0015444_03145272.png
【写真:朝日新聞デジタル:すごいバンク!!】
はやぶさ2が戻ってくるのは2020年
その時はどんな取材合戦が繰り広げられるのかな?



[PR]
by pressaviation | 2014-12-05 02:36 | 新聞 | Comments(0)
春到来!
それにしても今年の冬は寒かったですね
2月には関東甲信越地方で2週連続の大雪も。
山梨の甲府市では1894年の観測開始以来最高の積雪114センチを
記録したそうです。

陸路が遮断されたためコンビニ各社はヘリを使って空輸を実施
セブンイレブンは2/17〜2/20まで空輸を実施しました。
18日は4機のヘリを使って山梨、長野のセブンイレブンとイトーヨーカドーに
26,300食を空輸しています。
c0015444_05060759.jpg
【写真:セブン&アイ・ホールディングス】
報道されている写真を見ると、
どうも新日本ヘリコプター、アカギヘリコプターの機体が使われたようです、
しかもB204やAS332といったサイズ大きめの機体も。

ローソン、ファミリーマートも名古屋等から空輸を行ったようです。
c0015444_04542892.jpg
【写真:日本航空学園:読売の365,AS355はSDTとYBSの共同取材機】

通常トラック輸送の新聞も道路が寸断されたので届かず。
読売新聞は自社の一番大きな機体AS365を羽田から飛ばししています
日本新聞協会によると
山梨県では、読売が17日午後3時までに同日付朝刊9千部を空輸した。
写真部記者の取材に合わせ、取材用ヘリコプターで羽田空港から甲斐市に運んだ。」
・・・そうです。
c0015444_04580319.jpg
【写真:日本航空学園:読売「シリウス」JA01YP】

朝日新聞も一部ヘリでの空輸を行ったようです。
災害時の新聞空輸や、人員の空輸を考えると新聞社も365クラスの大き目の機体が
1機は必要ですね。新聞って意外と重量有るし・・・
電気もない被災地では紙媒体の力が発揮されますね、紙は他にもいろいろ使い道あるし。

あとこの大雪で活躍したのが山梨県甲斐市の日本航空学園山梨キャンパス。
高校野球も強いですがキャンパス内にある!850mの滑走路の一部を除雪して
自衛隊、物資輸送の民間ヘリ、報道ヘリを受け入れたそうです。
施設も素晴らしいですが、素早く除雪した生徒さん職員のみなさんも素晴らしい。

ヘリが着陸できなければ、昔ながらのパラシュートで新聞投下しないと
いけなかったかも・・・もう、年代物のこのパラシュートは開かないかもね。



[PR]
by pressaviation | 2014-03-31 04:14 | 新聞 | Comments(0)
新聞のいいところ
興味がないようなジャンルでも、パラパラめくっていたら
ふと目に留まった記事が知識を広げてくれるところかな。

今日の読売の紙面を見ていると、日頃は気にもしない
俳句の欄「四季」が目に留まった。

「飛行士の卵整列山笑ふ」駿河岳水

作者は航空ジャーナリストで一冊全部ヒコーキの句集も出しているそうだ。

でも私の目がとまったのはその欄のイメージの写真

このパネル、サイテーションじゃん!!
c0015444_02130911.jpg
【写真:読売新聞3月13日朝刊】
エンジン、燃料系の計器がモニターディスプレイになっているから多分アンコール

CDUが一個、コーパイ席の計器盤にはまっている(珍しい)から
読売の560アンコール「みらい」でしょ・・・多分。。違う?

この写真ってわざわざ撮るのかな〜
写真部がストックしてるのかな〜〜?

あーもうちょっと大きな写真で見たい(笑)


[PR]
by pressaviation | 2014-03-14 02:31 | 新聞 | Comments(0)
マグロはえ縄漁船が高知県室戸岬の南、約410キロの海上で
炎上する事故が3月2日おきました。

2日午前10時45分頃、同日午前6時過ぎに「連絡が取れなくなったと」との
通報を受け、捜索していた第5管区海上保安本部(神戸)の航空機が
炎上する漁船を発見。

現場は遠くはなれた太平洋上。毎日新聞と読売新聞がジェット機を飛ばして
取材を行ったようです。


毎日CJ2+が航続距離1,613nm、読売の560Vが1,762nmと
両機とも3,000kmを越える足の長さを持っています
現場は羽田から直線で850kmぐらいか?
サイテーションの航続距離が発揮されました。
c0015444_05225006.png
【写真:現場は室戸岬の南410km HNDからは直線で850km超】
煙を上げているとはいえ洋上で船を見つけるのは難しいと思われますが
毎日は午後2時52分に撮影した現場の写真を掲載。
c0015444_05241253.png
【写真:毎日新聞】
読売は一度どこかに寄り道したのか、現場を見つけるのに時間がかかったか??
午後5時13分撮影の写真を掲載しています。
c0015444_05244649.png
【写真:NNN:読売機からの動画撮影】
日曜日で夕刊も無いですし、新聞締め切り的には余裕がある時間ですが
テレビは夕方ニュースに入れたかったか…
NNNは夜の「Going」でリポート付きで放送していたようです
リポートのクレジットは入っていなかったので、日テレのスタッフは乗っていなくて
読売新聞のスタッフがリポート?
ニュース途中で海保提供の映像に切り替わっていたので、
あまり長く現場で撮影は出来なかったか…?

救助されたかたは海保のシュペルピューマで高知空港に運ばれ
ドクターヘリ(BK117)で搬送されたようです。
なぜ、空港でヘリからヘリに…

高知の基地病院=高知医療センターは屋上へリポートと
地上駐車場の上に格納庫付きの立派なヘリパッドがありますが、
地上のヘリパッドはMAX6.5t。海保のシュペルピューマは重すぎで
BKのドクヘリにリレーしたようです。
用地の問題なんでしょうけれど、拠点病院には大型ヘリも着陸できる
地上へリポートを作るべきですね。


亡くなられたかたのご冥福と、不明のかたの無事をお祈りいたします。



[PR]
by pressaviation | 2014-03-05 05:47 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31