タグ:新聞 ( 226 ) タグの人気記事

毎日新聞の報道によると
(2014年)5月5日夜、共同通信と合同で運用している取材ヘリコプターが
羽田空港に降下中、地上からレーザー光線とみられる強い光を照射されたそうです。
c0015444_00122903.jpg
【写真:毎日新聞】
機体はEC135(JA20MP)「レインボー」

毎日新聞は危険な行為だとして航空法に基づき国土交通省に報告。
警視庁にも届けを出したそうです。

ゴールデンウィークで渋滞する高速道路を取材後
午後7時25分頃、大田区付近の上空460mで機体の左側面に
緑色のレーザー光線と見られる光の照射を受けています。

毎日新聞社員の男性操縦士と男性整備士の目に
光が入ったそうですが約5分後に羽田に無事着陸。

光線はJR蒲田駅付近から発射されたとみられ、
機体を追い掛けるように3~5秒照射されています。

後部座席右側に座っていた共同通信社のカメラマンは
気付かなかったそうなのでコックピットを狙ったものでしょう。

また、同じ日。東邦航空が運用するヘリコプターにも
レーザー光線とみられる光の照射があったと8日の毎日新聞が
報じています。
午後10時15分頃、契約するテレビ局のカメラマンを乗せて
高速道路の渋滞取材中でした。
神奈川県海老名市上空600mで機内が一瞬緑に光ったのを
パイロットらが気がついたそうです。

東邦航空のTVヘリ。CXだとEC155。テレビ朝日だとEC135かAS365。

スポーツの試合でも問題になることがあるレーザーポインター
困った使い方をする人が絶えませんね
されています。


[PR]
by pressaviation | 2014-05-14 12:45 | 新聞 | Comments(0)

ジョン トラボルタ…pen

最近、このブログのアクセスNo.1の記事が
この記事、2007年に書いたものなんだけどどうして今頃?
と、思っとりました。

で、先日とあるかたからメールで
「pressaviationさんって雑誌に寄稿していませんか?」と。。。

はて?

何のことでっしゃろ?

聞くと、雑誌「pen」5月1日号にジョントラボルタのヒコーキマニアっぷりを
取り上げた記事が出ているそうな。
c0015444_03313208.jpeg
【写真:pen2014年5月1日号】
早速、penをチェックしてみると〜
滑走路付きの住宅地に、屋敷を構え、ジェット機を敷地内に駐機させている
凄まじいマニアっぷりが紹介されていました。

確かにこの話、2007年に書いてますね〜
メールをくれた人いわく
『「車寄せならぬジェット機寄せがある・・・」云々と写真にキャプションが
あったのでー』
とのこと。書いた当人はすっかり忘れております、ハイ

確かに、そんなこともブログで書いていましたね。
きっと、penのライターさんもこのブログ見て下さってたんでしょうね!
ありがたや〜

また、ネタになるようなこと捜しておきましょ^ ^;
編集部さん、執筆の依頼もお待ちしております。
c0015444_20504356.jpg
【写真:netから】
ところで、トラボルタの707にも名前が記されていた
長男のjett君。2009年に亡くなっているんですよね。残念。

オールドカンタス航空カラーの自家用707(N707JT)
「Jett Clipper Ella」Ellaは長女の名前ですね。



[PR]
by pressaviation | 2014-04-30 23:08 | 飛行機話 | Comments(0)
春到来!
それにしても今年の冬は寒かったですね
2月には関東甲信越地方で2週連続の大雪も。
山梨の甲府市では1894年の観測開始以来最高の積雪114センチを
記録したそうです。

陸路が遮断されたためコンビニ各社はヘリを使って空輸を実施
セブンイレブンは2/17〜2/20まで空輸を実施しました。
18日は4機のヘリを使って山梨、長野のセブンイレブンとイトーヨーカドーに
26,300食を空輸しています。
c0015444_05060759.jpg
【写真:セブン&アイ・ホールディングス】
報道されている写真を見ると、
どうも新日本ヘリコプター、アカギヘリコプターの機体が使われたようです、
しかもB204やAS332といったサイズ大きめの機体も。

ローソン、ファミリーマートも名古屋等から空輸を行ったようです。
c0015444_04542892.jpg
【写真:日本航空学園:読売の365,AS355はSDTとYBSの共同取材機】

通常トラック輸送の新聞も道路が寸断されたので届かず。
読売新聞は自社の一番大きな機体AS365を羽田から飛ばししています
日本新聞協会によると
山梨県では、読売が17日午後3時までに同日付朝刊9千部を空輸した。
写真部記者の取材に合わせ、取材用ヘリコプターで羽田空港から甲斐市に運んだ。」
・・・そうです。
c0015444_04580319.jpg
【写真:日本航空学園:読売「シリウス」JA01YP】

朝日新聞も一部ヘリでの空輸を行ったようです。
災害時の新聞空輸や、人員の空輸を考えると新聞社も365クラスの大き目の機体が
1機は必要ですね。新聞って意外と重量有るし・・・
電気もない被災地では紙媒体の力が発揮されますね、紙は他にもいろいろ使い道あるし。

あとこの大雪で活躍したのが山梨県甲斐市の日本航空学園山梨キャンパス。
高校野球も強いですがキャンパス内にある!850mの滑走路の一部を除雪して
自衛隊、物資輸送の民間ヘリ、報道ヘリを受け入れたそうです。
施設も素晴らしいですが、素早く除雪した生徒さん職員のみなさんも素晴らしい。

ヘリが着陸できなければ、昔ながらのパラシュートで新聞投下しないと
いけなかったかも・・・もう、年代物のこのパラシュートは開かないかもね。



[PR]
by pressaviation | 2014-03-31 04:14 | 新聞 | Comments(0)
ビキニ環礁でアメリカが行った核実験から60年となるのを前に
2014年1月末、朝日新聞がマーシャル諸島共和国、ビキニ環礁等の
取材飛行をサイテーション560「あすか」で行い2月紙面で連載されました。

日本のマグロ漁船第五福竜丸などが死の灰を浴びたビキニ環礁での核実験。
60年を経てもきれいな珊瑚礁に残る不自然なクレーター、除染した土が
埋められコンクリートで蓋をされたクレーター跡など生々しい痕跡を
「あすか」が空撮しています。
東京から約4000kmはなれたマーシャル諸島を
日本の新聞社の飛行機が飛んだのは、1985年読売新聞が導入したばかりの
国産ジェット機MU300以来となります。

「あすか」は2006年アラスカ、2007年ツバル、
同じ年のネパール・ヒマラヤに続く海外取材飛行。
今では少なくなった海外取材飛行ですが、そんな中「あすか」の活躍は
群を抜いていますね。
c0015444_13380047.jpg
【写真:朝日サイテーション560V「あすか」赤いカバーが写真撮影用光学ガラス窓】
c0015444_13391020.jpg
【写真:コックピット後方の大型撮影窓は朝日のみの装備、ドア下部の窓は中日本航空の機体にも見られる】

動画は機体に二カ所ついている撮影用光学ガラス窓のうちドア下部の窓から
撮影されています。この窓、新聞社の固定翼では朝日にしか
装備されていません。バンク取らずに下方向を空撮するには重宝しますね。



[PR]
by pressaviation | 2014-03-19 13:25 | 新聞 | Comments(0)
新聞のいいところ
興味がないようなジャンルでも、パラパラめくっていたら
ふと目に留まった記事が知識を広げてくれるところかな。

今日の読売の紙面を見ていると、日頃は気にもしない
俳句の欄「四季」が目に留まった。

「飛行士の卵整列山笑ふ」駿河岳水

作者は航空ジャーナリストで一冊全部ヒコーキの句集も出しているそうだ。

でも私の目がとまったのはその欄のイメージの写真

このパネル、サイテーションじゃん!!
c0015444_02130911.jpg
【写真:読売新聞3月13日朝刊】
エンジン、燃料系の計器がモニターディスプレイになっているから多分アンコール

CDUが一個、コーパイ席の計器盤にはまっている(珍しい)から
読売の560アンコール「みらい」でしょ・・・多分。。違う?

この写真ってわざわざ撮るのかな〜
写真部がストックしてるのかな〜〜?

あーもうちょっと大きな写真で見たい(笑)


[PR]
by pressaviation | 2014-03-14 02:31 | 新聞 | Comments(0)
マグロはえ縄漁船が高知県室戸岬の南、約410キロの海上で
炎上する事故が3月2日おきました。

2日午前10時45分頃、同日午前6時過ぎに「連絡が取れなくなったと」との
通報を受け、捜索していた第5管区海上保安本部(神戸)の航空機が
炎上する漁船を発見。

現場は遠くはなれた太平洋上。毎日新聞と読売新聞がジェット機を飛ばして
取材を行ったようです。


毎日CJ2+が航続距離1,613nm、読売の560Vが1,762nmと
両機とも3,000kmを越える足の長さを持っています
現場は羽田から直線で850kmぐらいか?
サイテーションの航続距離が発揮されました。
c0015444_05225006.png
【写真:現場は室戸岬の南410km HNDからは直線で850km超】
煙を上げているとはいえ洋上で船を見つけるのは難しいと思われますが
毎日は午後2時52分に撮影した現場の写真を掲載。
c0015444_05241253.png
【写真:毎日新聞】
読売は一度どこかに寄り道したのか、現場を見つけるのに時間がかかったか??
午後5時13分撮影の写真を掲載しています。
c0015444_05244649.png
【写真:NNN:読売機からの動画撮影】
日曜日で夕刊も無いですし、新聞締め切り的には余裕がある時間ですが
テレビは夕方ニュースに入れたかったか…
NNNは夜の「Going」でリポート付きで放送していたようです
リポートのクレジットは入っていなかったので、日テレのスタッフは乗っていなくて
読売新聞のスタッフがリポート?
ニュース途中で海保提供の映像に切り替わっていたので、
あまり長く現場で撮影は出来なかったか…?

救助されたかたは海保のシュペルピューマで高知空港に運ばれ
ドクターヘリ(BK117)で搬送されたようです。
なぜ、空港でヘリからヘリに…

高知の基地病院=高知医療センターは屋上へリポートと
地上駐車場の上に格納庫付きの立派なヘリパッドがありますが、
地上のヘリパッドはMAX6.5t。海保のシュペルピューマは重すぎで
BKのドクヘリにリレーしたようです。
用地の問題なんでしょうけれど、拠点病院には大型ヘリも着陸できる
地上へリポートを作るべきですね。


亡くなられたかたのご冥福と、不明のかたの無事をお祈りいたします。



[PR]
by pressaviation | 2014-03-05 05:47 | 新聞 | Comments(0)
羽田のモノレール。整備場駅近く、海上保安庁の格納庫の
隣にある新聞社の格納庫。
普段は決して華やかではない、地味〜な格納庫なんですけど
12月17日は華やかだったようです!
ディズニーの新作アニメーション『プレーンズ』の
公開を記念し、日本語吹替声優をつとめた瑛太さん、
井上芳雄さん、山口智充さんが登場しジャパン・プレミアを
朝日新聞航空部・羽田格納庫で行いましたぞ!

サイテーション560「あすか」をバックに会見が行われました。
朝日航空部の皆さん、事前のお掃除大変だったでしょうね〜

写真を見るといい感じで「あすか」が収まっていますけど
後ろの壁もパネル立てるとかもうちょっとスッキリさせたら
よかったのにディズニーさん。

羽田の格納庫に目を付けた担当者さん。
なかなかよかったと思うけれど、私だったら調布飛行場の
併設のカフェがある格納庫でやるけどなぁ
プロペラ機いっぱいあるし。

朝日の皆さんお疲れ様でした。


c0015444_134756.jpg

【写真:朝日新聞羽田格納庫での会見 あすかに目が付いてます】
c0015444_17442985.jpg

【写真:羽田の朝日新聞格納庫】
[PR]
by pressaviation | 2013-12-19 16:33 | 新聞 | Comments(0)
11月24日(日)12時28分北九州空港にアメリカ空軍の巨人
C-5ギャラクシーが着陸したゾ
c0015444_22374617.jpg

【写真:JAXA さすが巨人機エプロン横向きにかなりの面積を使用】
積んでいたのはJAXAとNASAが共同開発の人工衛星。
NASAゴダード飛行センターからアラスカ経由でやって来た。

なぜ、福岡や、鹿児島でなく北九州空港だったのか・・・
この人工衛星北九州空港で降ろされ、そのまま空港島内の岸壁に接岸した
貨物船に移され打ち上げ地の種子島宇宙センターに向かったのだ。
北九州空港島護岸を利用した初のシー・アンド・エア輸送(と言うらしい)

こういう使い方も出来るのね海上空港って。。
北九州空港にはアントノフが飛来した事があったけれど、
C-5が飛来したのは初めて。機体は4時間のステイだったそうです。
貨物の拠点空港になればいいけどね、せっかくの24時間空港だし。
c0015444_2239671.png

【写真:JAXA】
人工衛星は年明けH2ロケットでの打ち上げ予定。
[PR]
by pressaviation | 2013-11-25 22:52 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
11月20日、小笠原諸島にある西之島付近で海底火山が噴火、
海上自衛隊が気象庁に通報しました。
海上保安庁の航空機が同日午後に空撮、テレビ各社はその映像を
夕方ニュースで報じていました。

現場は東京の南約1,000km。TV局が持つヘリでは遠すぎで
翌日21日朝から系列の新聞社のジェット機で空撮した映像を
各局放送していました。

テレビ朝日は系列の朝日新聞「あすか」(サイテーション560)
c0015444_255855.png

【ANNは「朝日新聞社撮影」のクレジット】
TBSは毎日新聞と共同通信が運用する「希望」(サイテーション525)
c0015444_264435.png

【JNNは「毎日新聞撮影」とクレジット】
フジテレビは共同通信配信の動画で放送していましたが、
これはTBSが使った「希望」からの映像。
カメラマンは毎日新聞と共同通信のカメラマンが乗り込んで
撮り分けたのでしょうか??この辺どうなってるのかな〜
c0015444_274199.png

【FNNは共同通信の配信マーク入り】

日本テレビは読売新聞と共同運用する「みらい」(サイテーション560)で撮影。
共同運用だけあって、記者も乗り込みちょいと興奮気味のリポートを付けています
共同運用の効果が出ましたね。
c0015444_284257.png

【NNNは読売新聞と共同運用の機体で記者が同乗してリポート&自前のENG】

この日は気流も安定していたようで各局手持ちビデオカメラでの撮影でも
ブレも少なく安定した画像でしたが、やはり防振ビデオカメラが
固定翼にも欲しいですね。
普通に胴体の下にぶら下げると速度制限がかかりそうですから
U125のように格納式にしないとだめかな〜?
サイテーション560や525だとメインギアの長さが短いので
もうワンランク上の大きな機体が必要かなぁ

話がそれましたが、この海底火山、活発に活動しているようで
しばらくは新聞各社のジェット機が活躍しそうです。
[PR]
by pressaviation | 2013-11-22 02:11 | 新聞 | Comments(0)
九州自動車道小倉南インターの南側、北九州市小倉南区道原(どうばる)。
のどかな田園風景が広がります
c0015444_0383326.jpg

【写真:北九州市小倉南区道原付近 「のどかぁ〜」】
この近くには「合馬の筍」で有名なタケノコの産地も有ります
山裾の木々の中に西大野八幡神社というなかなか歴史のある神社がひっそり。
c0015444_048494.jpg

【写真:西大野八幡神社】
その拝殿の中に木製のプロペラが納められています
年季の入ったプロペラは二枚羽根、なかなかの大きさです。
このプロペラ、1924年から製造されたフランスの単発機
ブレゲー19型のプロペラ。
c0015444_03075.jpg

【写真:西大野八幡(小倉南区)のフレゲー19型のプロペラ】
ここ道原出身で、初の欧州訪問の飛行を行った一人
朝日新聞のパイロット河内一彦さんが寄進したもの。

朝日新聞は大正14年(1925年)7月25日購入したブレゲー19を
「初風」と「東風」と命名した2機をシベリア経由でヨーロッパまで飛ばし
日本初の「訪欧大飛行」を成功させました
「初風」は初風の安辺浩操縦士 篠原春一郎機関士
「東風」が河内一彦操縦士、片桐庄平機関士。
c0015444_2184828.png

【写真:大正14年 代々木練兵場で出発前の「初風」右「東風」左】
このプロペラは河内さんが操縦した「東風」号のもの。

後に朝日新聞航空部部長になる河内さん、
昭和12年(1937)4月の「神風」号の東京‐ロンドン間国際記録飛行にも
尽力しました。
河内さんの事は平成5年に発行された
「モデルアート12月号臨時増刊・新聞通信機編」に詳しく書かれています。

現在の小倉南区に産まれた河内さんは福岡県立田川農林高校を卒業
実家からひと山越えたところには「河内(かわち)」という地名も有りますね。

大正9年には陸軍省の外局・航空局が設置
「大正9年航空機操縦生志願者」が募集されました
応募114名の中から10人が採用され、河内さんも合格しています
今風に言えば民間パイロット養成第1期といったところでしょうか。

河内さんは免許取得後陸軍航空部の検査班員を勤め
一等飛行機操縦士(飛行100時間)になります。

さて、大正12年には朝日新聞が東西定期航空会で陸軍払い下げの
中島式5型、6機で航空事業をスタート。(1月11日)

その年の8月、河内さんは朝日新聞に嘱託で入社
初仕事は現在も行われている
高校野球の始球式球の投下でした。
1923年(大正12年)8月16日
鳴尾球場(甲子園球場はまだ出来ていなかった)での第9回大会で
始めて行われたボール投下。

祝賀飛行に参加したのは飛行機は、
「朝日号」「川崎号」「春海号」など総勢8機!!
河内さん操縦のサルムソン2A2「川崎号」からパラシュートを付けた
始球式用のボールが投下されました。
c0015444_1215226.jpg

【写真:「川崎号」同形 サルムソン2A2の復元機・かかみがはら航空宇宙科学博物館】
この「川崎号」は川崎重工でライセンス生産されたピカピカの新造機。
河内さんと同時期に朝日航空陣に加わり、紙面でもかなり大きく
取り上げられています。

紙面では河内さんの経歴も詳細に報じられ23歳のパイロットは
超エリートで、花形だったんですね〜
c0015444_12265475.gif

【写真:河内操縦士と「川崎号」導入を報じる朝日紙面 1923年(大正12年)7月29日】
朝日に入った河内一彦さんはその腕前を発揮、
ライバル毎日新聞との熾烈な報道飛行合戦を繰り広げます。

読売?当時の新聞社は大阪の朝日、毎日の2トップ。
東京の読売は小さなローカル紙。読売が航空部を持つのはまだまだ後の事。

さて大正14年、河内さんらはヨーロッパへの大飛行に挑む事になります。

つづく・・・
[PR]
by pressaviation | 2013-10-30 20:50 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30