タグ:テレビ ( 115 ) タグの人気記事

口永良部島噴火!!

鹿児島県屋久島町口永良部島新岳(626メートル)が
(2015年)5月29日午前9時59分頃、爆発的噴火、
島民ら137人が約12キロ離れた屋久島に船などで避難しました。

民放各局は福岡から取材ヘリを投入、鹿児島にもヘリを置いているはずの
NHKも福岡からヘリを遠征させているようです。
NHKはこういうときは複数機投入しますからね。
c0015444_41077.jpg

【写真:P.A:ANN系KBC取材ヘリAS365】
ANNはKBCの365、NNNのFBS、FNNのTNCはBK117-C2
JNNのRKBは427なのでちょっと足の長さが短いですが
頑張って遠征しているようです。
c0015444_4105827.jpg

【写真:P.A:JNN系列RKB取材ヘリB427】
新聞は朝日がサイテーション560「あすか」と福岡からヘリを投入
毎日も共同通信と共用のサイテーション525「希望」と北九州から
EC135おそらく「オオルリ」を、
読売は福岡からヘリEC135を遠征させてます
読売のサイテーションは飛んでないようです。

中日は共同通信のサイテーションからの写真を紙面で使用
リアジェットは飛ばしてないようです。
6/13追記:当日からリアジェット飛んでいたようです。

新聞テレビ各社はお昼頃までには現場に到着しているようです。
NHKはかなり距離をとったところから、
港に駆けつけたフェリーの接岸の様子を生中継、画面の中に毎日のヘリが
映り込んだりしていました。
毎日機は昔、火山弾に206ジェットレンジャーが直撃された事があるから
気をつけて・・・

確認した中では日テレ系だけですが、国交省のヘリの映像を生で流していました
福岡の系列局が生で配信を受けて日テレに送っているんでしょうが、
実はこの国交省九州地方整備局のヘリ「はるかぜ」=412EPは
今年度、国交省ヘリとして初めて衛星伝送システム、ヘリサットを装備
ヘリからのSNG衛星にアップリンクできるんです。
マイクロ基地から遠くはなれた口永良部島でもライブで伝送が出来ます
早速、威力を発揮しました。
c0015444_4111166.jpg

【写真:P.A:国交省 九州地方整備局B412EP写真はヘリサット装備前撮影】
ヘリサットはHD画質で伝送できるはずですが、装備されている防振カメラは
SDのようです。

全島避難はかなりスムーズにすすんだようですが、早く噴火が終息するように
お祈りいたします。
[PR]
by pressaviation | 2015-05-30 03:52 | 新聞 | Comments(0)
(2015年)4月28日午後2時55分ごろ
高知県足摺岬の北東約35キロの太平洋上で訓練をしていた
海上自衛隊岩国航空基地所属の救難飛行艇US-2が離水に失敗、
機体を破損する事故がありました。
乗員は19人は全員救命ボートで脱出。
近くを航行中の民間船に救助されましたが、4人が打撲などの軽傷負。
c0015444_511760.png

【写真:NNN/高知県足摺岬の北東約35キロ 28日午後6時半頃】
US-2の事故はこれが初めて。海から飛び立とうとしたところ
4基のうち1基のエンジンが脱落し、フロートも壊れたようです。
事故は高波を受けたためとみられ、沈没はしていないものの、海保、NNNの
取材機の画像をみると機首部分を海中に突っ込んだ形で全損に近いようです。
c0015444_5132828.png

【写真:NNN/機首は水没、事故機はUS-2最新の5号機】
US-2は1機約130億円で、US-1から順次入れ替え、海自は5機を保有。
事故機の登録番号をみると、一番新しい5号機(9905)のようです・・・
エンジンが脱落と報じられていますが、どうも離水時に波で右フロートと
エンジン一基が波で脱落したようです。
といっても、唯一事故当日(午後6時過ぎですが)空撮したNNNの取材ヘリの
映像を見ると、現場海域はほぼ凪ぎ。

US-2は波高3mでも着水できる。まして離水は着水よりは簡単なはずですが・・・
事故原因の究明が待たれます。
c0015444_513386.png

【写真:NNN/5月3日の岩国基地フレンドシップデーに影響なければいいのですが】
事故が起こったのは午後3時頃ですが、当日空撮を実施したのは
テレビ、新聞含めNNNだけだったようです。(確認不足であれば教えて下さい)
日テレ系のニュースを見ると暗くなり始めている6時30分頃、
現場に到着しているようです。
かなり暗くなっているようで、事故機の尾翼を照らすーチライトの光も見えます。
右旋回せず、ホバって撮影しているところを見ると、他の報道ヘリは
いないようで単独での撮影だったようです。
ニュースの最後のクレジットを見ると、「福岡放送 高知放送」とあるので
機体は福岡のFBS福岡放送のBK117-C2(同系列の広島テレビのEC135より
FBSのBKの方が足が長いからでしょうか)で高知放送のマイクロ基地に
生伝送もしくは収録後伝送か素材を持ち込んだのでしょう(?)
c0015444_51799.png

【写真:NNN/福岡放送BK117-C2での取材撮影だったと思われる】

翌29日の読売新聞朝刊も「高知放送提供」のクレジットで
空撮動画からのキャプチャーした画像を掲載していました。

新聞各社も、当日はヘリ飛ばさなかったようですね
日没時間、距離を考えると各社足踏みしたくなる時間だったのかな。

FBSのBK117-C2の航空電子製LX-3に納められているカメラは確か
SonyのHDC-1600(?)このカメラ低照度での撮影用蓄積モードがあるので
かなり暗くても撮影できます。
(CXのBell430搭載の赤外線カメラ!!にはかなわないでしょうが)
c0015444_5211667.png

【写真:川崎重工業/FBS取材ヘリBK117-C2(JA05CF)】
インドに輸出する話もあるUS-2の事故、死者が出るような惨事には
ならなかったのが不幸中の幸いでした。
事故原因はまだわかりませんが、フライバイワイヤ、FADECなどなど
ハイテク装備でも事故と隣り合わせ、大変な業務でした。
一機130億円もする高価な機体ですが、機長の3等海佐
凹まず頑張って欲しいものです。
c0015444_5192412.png

【写真:ANN/テレ朝系は翌29日に空撮】
[PR]
by pressaviation | 2015-04-30 05:09 | 飛行機話 | Comments(0)
ホンダが開発したビジネスジェット、HONDA JETが
(2015年)4月23日開発拠点のアメリカから日本に初飛来。
Uストやニコ動では羽田到着、式典の様子が生中継されました。
c0015444_6293620.png

やって来たのはN420HM。プロトタイプ3号機(2号機は地上試験用)
赤と白の日の丸カラーだからかな?初号機は青と白。
GWは日本各地を回るお披露目イベントを開催。私、応募し損ないました><

ホンダジェットの話題は過去にもこのブログで取り上げていたので
リンクを貼っておこう。
http://pressair.exblog.jp/6183700/
http://pressair.exblog.jp/16601448/
最近、ホンダジェット で検索してやってくるかたが多いようです・・・
関心あるんですね〜

このホンダジェット、試作機のレジは全部N420・・
なんで420なのかず〜っと不思議だったんですが
巡航速度なのね〜!!VLJの中では速い
最大巡航速度: 420kt(高度30,000 ft 778 km/h)、マッハ 0.72 
スペック眺めるまで気がつかなかった・・・

航続距離は短めな2000キロ程度なので
今回はアラスカ〜サハリン〜仙台経由で羽田にやってきました。
c0015444_6353535.png


むかしむかし、昭和6年(1931年)8月に同じく北方から飛んで来た
チャールズ・リンドバーグ夫妻は根室の港におりました(水上機だったので)
この時は朝日新聞の2機と北海タイムス社の飛行機が出迎えたそうです。

ホンダジェットも出迎えて、日本の空を飛ぶ様子をAir to Airで空撮してあげれば
よかったのに〜
朝日も読売も毎日も中日もジェット機持っているんだから・・・

空撮で出迎えたのはテレビ朝日のヘリが羽田着陸を
すっごい離れたところ(当たり前だけど)で撮影してました。
c0015444_6123826.png

【画像:テレビ朝日/テレ朝取材ヘリからN420MHの羽田到着を狙う】
カメラマン、エクステンダー入れてドン寄りでの撮影。手に汗かいたかなぁ?
でも、スムーズなPAN&ズームアウトでした。
テレ朝、発想は良かったです。でも出来れば朝日新聞の
サイテーションを使ってほしかったなぁ。

さて、このホンダジェット。日本での発売はまだですが
どこか新聞社で買うところはあるかな〜
あと、1000キロほど航続距離が長いと使いやすいんでしょうけれど。

ホンダジェットスペック
主要目
乗員: パイロット1名または2名
乗客: 5名または6名(エアタクシー用)
座席数: 7-8席
全長: 12.71 m (41.70 ft)
全幅: 12.15 m (39.87 ft)
全高: 4.03 m (13.21 ft)
最大離陸重量: 4,173 kg
動力
エンジン: 本田技研工業製 HF120 × 2
最大離陸推力: 8,363 N (853 kgf) × 2
巡航推力: 1,873 N (191 kgf) × 2
性能
最大巡航速度: 778 km/h(高度30,000 ft 420kt TAS)、マッハ 0.72 
最大有視界航行距離: 2,593 km (1,400 nm)
最大計器飛行航行距離: 2,185 km (1,180 nm)
燃料消費率: 3.3km/kg
最大運用高度: 13,106m (FL430)
離陸距離: 807 m (3,120 ft)
着陸距離: 694 m (2,500 ft)
最大上昇率: 1,216 m/min (3,990 ft/min)
[PR]
by pressaviation | 2015-04-28 22:15 | 飛行機話 | Comments(0)

2015年もよろしくです…

あっという間に1月も半分過ぎました〜
今年も、マニアックなほーどー取材機のブログよろしくお願いします。

元旦、日テレの初日の出中継はJA01AXでフライトでしたね。
キャビンに3列設置できるヘリだと
最後列右側にアナウンサーが座れます。
これ、結構大事な事ですよね、右旋回のヘリ、右側に座らないと自分の目で見てしゃべれないですから。
モニター通してだとスタジオでしゃべっているのと一緒ですからね^_^;

c0015444_2049536.jpg

【写真:NTV/JA01AX】
JA01AX そろそろ後継機選定の時期でしょうか。
朝日航洋運航機種で430の代わり…
NHKや関テレがAW139と大型化しているから
S76あたりに戻るかなぁ〜?
最新D型とかに…⁇
[PR]
by pressaviation | 2015-01-15 20:33 | テレビ | Comments(0)

御嶽山突然の噴火

長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067m)が9月27日突然噴火
週末を楽しんでいた登山客が巻き込まれ死傷者が出ています。

噴火したのは27日11時53分。突然の噴火で山頂付近の登山客は
灰や火山弾を浴びることになりました。
陸上自衛隊を中心にヘリ等での救出活動が続いているようです
山小屋等に避難、孤立したかたは救出もすすんでるようですが
行方不明者の捜索は難航しているようです。

新聞・テレビ各社は直後から取材飛行を開始
紙面で確認できたものでは毎日新聞がサイテーション525「希望」
(「希望」はこの日羽田空港の空の日イベントで展示中だったはず、急遽展示を
取りやめてたかな)
中日新聞はEC135「おおづる」、朝日新聞はアグスタ109SP「ゆめどり」
読売もヘリで空撮をおこなっています。
c0015444_03262761.png
【写真:中日新聞Web】

ネットにアップされている動画を見ると22倍レンズながら
×2倍のエクステンダーを入れて撮影した動画は安定して鮮明です。
撮影は通常の1/30で撮影されているようですが、高速シャッターを
入れれば静止画で切り取っても十分使える画質が得られると思います。
やはり、これからの新聞社のヘリにも防振TVカメラ入れるところが
増えそうな気がしますが・・・
c0015444_03282181.png
【写真:朝日新聞Web/エクステンダー入り?引き一杯?/22倍×2倍エクステンダー付き】
c0015444_03293186.png
【写真:朝日新聞Web/最大ズーム?(エクステンダー入り?)シャッターは入っていないようです…】


3000m級の山での救助活動、ヘリは陸自のUH60があたっているようです
増槽付きUH60はさすがの活躍ぶりです。NHKがとらえた画像を見ると
稜線に着陸しているように見えますが、尾輪をみると全ての重さは
かかっていないようです。主脚だけちょっと接地させてコレクティブレバーは
ちょい引いているかんじでしょうか?さすがです。
c0015444_03293686.png
【写真:NHKより/NHKのカメラは46倍×2エクステンダー付き/凄い寄れてます】


一刻も早い救助、終息をお祈りしております。


[PR]
by pressaviation | 2014-09-29 03:26 | 新聞 | Comments(0)
日本の航空界を黎明期から支えてきた日本の新聞航空部
近年は予算削減の流れの中、航空取材体制も縮小の一途であります。

産経新聞は早くに自社パイロットによる航空機の運用を止め、固定翼も
サイテーション501の退役をもって運用終了。
昔から羽田を使ってる実績から今でも格納庫を置いているものの
中にはEC155とEC135のみで
運航は東邦航空さん。。

朝日新聞は報道専門の使用事業に乗り出し
毎日新聞は共同通信と、サイテーションCJ2とEC135を共同運用中
(大阪では産経新聞と共同通信がEC135を共同運用)
読売新聞はサイテーション560を日テレと共同所有し運航している。

今ある機体はまだ予算がある頃に購入した機体がほとんどですが
そろそろ更新する機体を考えないといけない頃ではないでしょうか?

新聞社の機体で唯一旧レジ、1988年登録の朝日新聞AS355(JA9681)は
なんと、日本初登場AW169に2016年バトンタッチ予定。
【写真:アグスタウエストランド/AW169】
既に運用中のAW109SPに続いて防振ENGも載る予定だ。
機体が4.5t級と大きいのでついでにテレビ朝日の中継機材が載ったりして?
この辺が注目かな?テレ朝との共同運用というか、東邦航空に代わっての
ヘリ契約・・・もしそうだったら東邦航空さんは戦々恐々だね?

新聞とテレビのカメラマンが一緒に乗る機会も各社増えるのかな?
毎日新聞とTBSは資本関係がそれほど強くないので、なさそうですけれど・・・

テレビ局の取材ヘリは機材も重いし、防振カメラもいるし、中継アンテナも
付けるの面倒です。でも、ヘリサットとか出来るとマイクロ基地局も気にせずに
中継できるようになるので、可能性はありますね。
でも、そうなると最低でもAW169かAS365級じゃないとちょっとつらいか。

読売新聞古参はBO105。
c0015444_04513777.jpg

【写真:頂き物/JA134Y 宙返りも出来るぞ!Super5】
まぁEC135を2機運用してAS365も持っているから
次も、135なのかなぁ〜
双発からシングルエンジンにスペックダウンする事は無いだろうけれど
パーツが高いエアバスヘリコにするか
日本法人を立ち上げたものの今ひとつアピールが足りないような
気がするベルのN類429にするか・・・?
c0015444_05431464.jpg
【写真:Bell/引き込み脚バージョンもなかなかいい】

ドクヘリ先行気味のBell429、音も静かだし報道でも使えるよね?
アグスタは…朝日の真似はしないと思うから無い??
BO105(JA134Y)の後継はB429かEC135ってところでしょう。

意外ですが読売新聞はBell47(古ーい)以来ベル機を飛ばしてません
朝日、毎日がベル206を使っていた頃読売はヒューズ500でした
【写真:P.A./JA9124 Bell 206B】
c0015444_06511682.jpg
【写真:川重】
朝日、毎日がAS355、350を使っていた頃、読売はBO105でしたしね。

読売も中継機材は積まないにしても、防振カメラは積んだらどうかな?
最近は騒音も厳しいし、災害現場じゃ低い高度は飛びにくいでしょうから。
HDビデオ動画にシャッター入れて切り取っても
新聞2段ぐらいの静止画にはなるけれど
いっその事4Kのデジタルスチルカメラをジンバルに入れちゃうかです。
レンズ何ミリが入るんだろう?
c0015444_05471612.jpg
【写真:netから/これはシネマEOSのEFレンズ30-300mm】
300mmじゃちょっと短いかな?
でも、コントロールパネルをみると、
動画のフレーム数、シャッタースピード、感度、ホワイトバランス
オーディオ設定なんかも出来るようです。
c0015444_05500137.jpg
【写真:netから/右側が防振ジンバル、左がカメラ設定のリモート】
これで動画もスチールもブレずに撮れます
もっと寄りたければ、クロップで切り取ることも出来ますね。
どうでしょう?朝日さんか読売さんこのシステム。

さて、忘れてはいけない中日新聞さん
ヘリは117C-2にEC135と充実のラインナップ。
c0015444_06535633.jpg
【写真:P.A./JA02CP おおづる】
1998年登録のリアジェット31が同社の最古参
導入後インマルサットの衛星電話を付けたり改修してるし
サイテーションより大きい特注撮影窓も使いやすそう
東京オリンピックまでに買い換えるか?

読売新聞&日本テレビ運用のC560アンコール、日本テレビ的には
防振カメラが欲しいでしょうね。ぶれぶれの手持ちカメラじゃつらいし。
c0015444_06541133.png
【写真:日本テレビ】
でも、Jet機にシネフレックスとか付いた機体は見た事ないし、
固定翼に防振レンズ付きは双発プロペラのこれはしか見た事無い。
c0015444_05033020.jpg
【写真:altair.com.pl/Diamond DA42の機首に…スピード制限は無いのかなぁ】
空自のU125には機首のレドームに格納式の赤外線暗視装置を
付けれるけれど

ジェットに防振カメラ付けるにはどうすりゃいいんでしょうね?

トップガンの空撮や、ボーイングのAir to Airの撮影している
c0015444_05141636.png
【写真:netから/Clay Lacy’s Astrovision camera systems
ペリスコープだからAir to Groundはちょっと無理だよね?

機体も560アンコールじゃちょっと小さい?
XLSか最新LATITUDEぐらいないとね。
c0015444_05163611.png

【写真:Cessna/560より太い胴体最新機 LATITUDE】
でも、おすすめは今月スイスでロールアウトした
ピラタスのジェット機!PC-24

キャビン6〜8席、巡航速度787km、最大離陸重量8,050kg
最大航続距離3,610km(4人)
890万ドル(9億円ぐらい)
c0015444_05183755.jpg
【写真:PILATAS/2014年8月1日ロールアウト 頑丈そう】

広ーい後部のカーゴルームに防振カメラ席作ったりして
なんか丈夫そうでカッコいいんだけれど、どうかな?

あと、AW609はどうだろう?
航続距離1,390km
最大速度509km/h
IFRでかっとんで現場所空ではVFR、ヘリモードで右旋回でヘリの輪に入って
取材。固定翼機は高い高度から左旋回だからねー
c0015444_06151378.jpg
【写真:アグスタウェストランド/AW609】
問題は嫌われているのが、オスプレイなのか、パワードリフト機なのか
(このパワードリフトって名前なんとかならないですかね)

昭和7年、朝日新聞はオートジャイロを導入した新し物好き。
ヒコーキにオートジャイロ、ヘリコプターそしてパワードリフト機
どこか導入しようと思っているところはあるかな?
アグスタ好きの朝日さんどう?広いエリアをカバーしなきゃいけない中日さんとか?



[PR]
by pressaviation | 2014-08-26 02:50 | 新聞 | Comments(0)
今朝、5時18分頃、伊豆大島近海を震源とする地震がありました
東京・千代田区では震度5弱を観測
マグニチュードは6.0でした。

NHKは直後の午後5時半過ぎにはヘリを飛ばし
千代田区上空から中継を行って様子を伝えていました。
大きな被害はなくてよかったですね。

しかし、早朝に地震にも関わらずヘリを飛ばしたNHK
取材ヘリが駐機している東京へリポートには当直のカメラマンが
いるんでしょうね!
当然、NHKの取材ヘリ全てを運航するANHのパイロット、整備士の泊まりも。。
c0015444_13504899.jpg
【写真:東京へリポートで】
東日本大震災の時もNHKのヘリはすぐに離陸し、テレビ局で唯一津波襲来を
生中継しています。
でも夜間の当直もいるとは・・・凄い体制です。新聞社でも難しいでしょうに。

ちなみにNHKが取材機を置く東京ヘリポートの運用時間は
午前8時30分からですが報道で災害、事故、事件などに対応する場合は
飛行が許可されるそうです。

GWも終盤、海や山、高速道路で防災ヘリ、報道ヘリが飛ぶ事故もおおいようです
事故には気をつけましょうー




[PR]
by pressaviation | 2014-05-05 07:46 | テレビ | Comments(0)
東日本大震災発生直後、仙台空港を津波到達前に
ただ一機離陸テレビ取材ヘリがNHKのドーファン、
津波到達の様子を全国に生中継し、その恐ろしさを伝えました。

あの震災から3年。2014年3月1日のNHKスペシャルで
防災ヘリ、自衛隊機、海上保安庁機などの空撮映像をまとめた
「“災害ヘリ”映像は語る〜知られざる大地震の記録〜」が放送されました。
c0015444_02451299.png
【写真:NHKオンデマンド ホームページから】
津波の様子を空撮で多角的に撮影できたこの震災で、映像から何がわかるか
当時、ヘリがどのように活用されたかその一端が盛り込まれたないようでした。

地震発生直後、東北を撮影したヘリを紹介したパネルには
津波到来直前に、間一髪離陸した毎日新聞のレインボーの写真もありましたから
番組はかなり詳しく取材しているとおもわれます。

発生日の夜、津波火災の様子を撮影した読売新聞のサイテーションから
撮影された映像も放送されていました。

陸自、海保、防災ヘリのカメラはまだSDの物が多く4:3の映像で
画質もよくないものが多かったですね。震災後HD化は進んでいるんでしょうか?

この番組、TV局で唯一津波襲来を生中継した自局のカメラマン、パイロットの
話等が一切出てこなかったのが、ちょっと残念。。
あえて入れなかったんだとおもうけど。
あと「“災害ヘリ”」って言葉もね…





[PR]
by pressaviation | 2014-04-14 21:06 | テレビ | Comments(0)
アメリカABC系のシアトル地元局KOMO-TVの報道ヘリが
市街地に墜落パイロットとカメラマンが亡くなり、車3台が巻き添えとなり
1人が重傷を負いました。
c0015444_20204710.jpg
c0015444_23242457.jpg
【写真:KOMO-TV】
この、KOMO-TVはシアトルの観光名所のタワー、スペースニードルの
道を挟んですぐお隣、現場は炎と黒煙に包まれました。
局舎の屋上にはヘリポートがあって、事故機は離陸直後だったそうです。
c0015444_23244709.jpg
【写真:Seabec 3月17日撮影の事故機】
墜落した機体はAS350ですがこれはどうもKOMO-TVのレギュラー機材では
ないようです。会社のロゴが入った通常機材はBell407のようで
代替機で運航していたようです。
地方局なので局のビルはそんなに大きくないんですが、
立派なヘリポートがついています。給油施設もあるそうで、事故機は給油
直後だったようです。
c0015444_23234077.jpg
【写真:KOMO-TVのレギュラー機材Bell407】
日本ではタワーのすぐ横のヘリポートはまず許可されないでしょうね。。。

KOMO-TVはイチローがマリナーズにいたころは大プッシュしていて
ガラス張りの局舎にはイチローの特大写真が貼付けてありました。
c0015444_23314772.jpg
【写真:2006年撮影のKOMO-TV】
アメリカのTV局は日本と違って整備士は乗らず、パイロットと
カメラマン、ときにリポーターの3人搭乗がほとんど
機体もシングルエンジンのAS350や206や407が多いようです。
日本のように双発機だったら・・・
c0015444_23235690.jpg
【写真:KOMO-TV 同僚の事故をリポートするクルー】
ご冥福をお祈りいたします。
c0015444_23240861.jpg
【写真:Alex McBurney 格納庫のプラットフォームには花が手向けられていた】
c0015444_23534172.jpg
【写真:KOMNEWS.COM】

[PR]
by pressaviation | 2014-03-19 23:12 | テレビ | Comments(0)
昨年度(2013年度)業績が急降下してしまったスターフライヤー
2代目社長の米原愼一さんが3月31日で辞任して3代目は
全日空出身でスカイネットアジア航空の副社長も務めた
松石禎己さんが就任。筆頭株主のANAホールディングスの
意向が強く働いたんでしょうね。

昨年度は希望退職社も募ってたし、リース機1〜3号機のリースバック整備も
結構お金がかかったようです。好業績を見込んで(?)建てたのか
お洒落なカラーリングの格納庫も建てちゃったし、お金がかかりましたね。
新規航空会社の「リンク」の就航前破綻には業務支援程度の関わりだったので
火傷することはなかったと思うけど・・・

経営立て直しの一環で2012年12月に初の自社購入で導入した8号機
JA08MCが(2014年5月)三井住友ファイナンス&リースへ登録変更されました
セールス&リースバック契約というそうで、譲渡価格は36億1900万円。
08MCは記念すべき自社購入機で金色ラインと
Hart of Kitakyushu(リース機はCity of Kitakyushu)と思い入れ十分でしたが
今後はリース機となっちゃいます、5月28日からリース開始。
c0015444_1121968.jpg
【写真:P.A:自社機からリース機になっちゃった08MC】
搭乗率50%台で苦しんでいた福岡-関空線にかわって就航した
福岡-中部線、コイツがカギかな〜

5月28日からは「WE LOVE STARFLYER」キャンペーンなるものがスタート
ちょっと、らしくないというか・・・(ゴメン)
マイレージ強化キャンペーンですな。

来月(6月)の株主総会で正式に社長に就任する松石さんがそろそろ
動きだしたのでしょうか?

LCCの台頭、JALも革張り足下広いシート導入…創業当時とは早くも環境が変わって来ている
スターフライヤー。新たな売りが必要なんでしょう。
2台目社長は就航時からなぜか設定されていなかった3レター「SFJ」のロゴ化。
国際線の就航(撤退したけど)
「ハイブリッドエアライン」というまぁフルキャリアとLCCの中間を狙った
事も言っていました。
悪くはなかったと思います。

しかしココは企業時の「○○な非常識」的な、他キャリアと違う事を期待したいものです

スターフライヤーに圧倒的に足りないのは「関東での知名度」と言うのは聞いた事有るけど。。。
「WE LOVE STARFLYER」キャンペーンどうなるかなぁ

あっ、私?そりゃブログでこんだけ書いているんだから「WE LOVE STARFLYER」ですよ(笑)




[PR]
by pressaviation | 2014-01-29 03:55 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30