子供の頃、新聞社のパイロットになりたかった(変わり種)私ですが
夢破れてまぁパイロットにはなれず・・・
しかしおじさんになって密かに持ってる夢がライセンスを取って
引退している頃には単発自家用機のオーナーになる事。

とはいっても本当はエンジン一つはあんまり好きじゃないのです
旅客機だってETOPSはきらいです。
今のエンジンは止まる事ないといっても、やっぱりね〜
単発より双発のほうがいい。3発あると尚更良い…。
でも、個人で双発機なんて
絶対無理なのもわかってる訳ですよ〜私のか稼ぎでは。。。

そんな私にぴったりの単発小型機がシーラス!
4人乗りの単発小型機。
c0015444_06291286.jpg
【写真:netから/かっこいい〜】
グラスコックピットに、スロットルはセンターペデスラルからはえている!
セスナ172のスロットルみたいにチャッチくない!
操縦桿は無くエアバスのサイドスティックを安ーくしたみたいなやつで
操縦します。(これはあんまり好きくない・・・)
c0015444_06291701.jpg
【写真:netから/グラスコックピット=好き/スロットル=レバー式で好き/サイドスティック的な操縦桿=あんまり好きくない…】
しかーし、この機体エンジンが止まってもパラシュートでふんわり降りれるのです!
素敵じゃないですか。
以前海外で撮られた動画をみるとかなりふんわり降りていきます。

【画像:YouTubeから】

でも、このパラシュート。台風みたいな風が強い時はやはり大変なようです。
台風19号が接近中の(2014年)9月12日。
鹿児島でこのシーラスがパラシュート降下したようです。
おそらく日本初じゃないかな飛行機がパラシュート降下したのは・・・

この機体Nナンバー。なんとサイパン国際空港から韓国、金浦空港への
フェリーフライト中だったようです。
c0015444_06331848.png
【画像:flightaware.com】
なんと先月カリフォルニアのマーセド?を出て、ホノルルを経て
キリバスのボンリキ空港〜サイパンへたどり着いています。
で、12日に金浦空港へ、向けて離陸…
台風が近くにいるってのになにやってるんだか?
しかも沖縄とか、鹿児島とか、小笠原沿いに北上して日本のどっかで給油するとか
すればいいのに、フライトプランでは一気に金浦空港まで飛ぶ計画だったようですね。
c0015444_06331574.png
【画像:flightaware.com】
直線距離で1,937nm。この単発シーラスSR20(N176CD)の航続距離は
625nm。飛行時間は10時間13分とリンドバーグもビックリ!!

機内にタンクやら、手動ポンプやらいろいろ入れてたんでしょうけれど
残念、鹿児島県指宿上空でパラシュートのお世話になる事に。
事故は12日午後2時過ぎ。当時の指宿市周辺は台風19号が
接近中で、最大瞬間風速20メートル、暴風警報が出ていたそうです
さすがにパラシュート開いてもふんわりとはいかなかったようです。
地元局のニュースによるとしっかりパラシュートが映っています
よく見ると、前席右側に増設タンクらしき物もみえますね。


フェリーフライト専門のパイロットいるそうですが、いや〜今でも
こんな冒険飛行する人がいるんですね。
保険きくのかな〜こんな事故。

でも、台風接近中の悪天候でもシーラスのパラシュートは
十分機能する事はわかった。やっぱりシングルエンジン機買うなら
パラシュート付きにしよう!いつになるかわかりませんが。



[PR]
# by pressaviation | 2014-10-14 06:44 | 飛行機話 | Comments(0)

さよならJEX

JEX(JAL EXPRESS)が9月30日で1997年から続くその歴史に
幕を下ろしました。
10月1日からはJALに統合されます。

設立当初からしばらくは737ー400に機材を統合、赤ジャケ、短めのスカート
CAさんの事はスカイキャストとよんでいました。
同じ737一機種で運航しているアメリカのサウスウェスト航空をお手本にしたとか
言われていなかったっけ?

CAさんは若くてかわいい子が多かったような気がしたなぁ
そりゃもう乗るのが楽しみでした(笑)
コストダウンを目指して作られた会社だから大変だったでしょうけど。

鶴丸、日本航空とは一線を画すカラーリングと社風だったと思います
そんなJEXもJALとJASが統合されると、737に加えJASのMD81なんかも
飛ばした時期がありました。

制服もスカート丈が伸び(残念)JALの制服に統合され(残念その2)
赤にグレーのラインがはいった大胆なカラーリングもアークになっちゃった…
徐々に個性が失われていったかな〜

以前は大阪が本社だった事もあって、機内で子供に飴をすすめるとき
「ボク〜、あめちゃん食べる?」とCAさんが言っていたのを聞いて
関西っぽ〜いと一人笑ったことがありました。

そうそう、日本初の女性機長もJEXから誕生しましたね
737−400はJTAに移管され、新世代機737-800をそろえましたが
カラーリングはJALと一緒。JAL EXPRESSの文字は入っていたけれど
利用客は意識しなかっただろうね

若くて元気があって好きな航空会社だったけどな〜
最後の日は「JEXさよなら会」があったんだそうだ。

JALでもみなさん頑張って!
c0015444_03413641.jpg
【写真:P.A/JEX初代のカラーリング737-400@FUK】
c0015444_12181342.jpg
【写真:毎日新聞/羽田から仙台へ向かうJAL機】
震災後、仙台空港からのJAL便一番機もJEXでしたね。


[PR]
# by pressaviation | 2014-09-30 23:20 | 飛行機話 | Comments(0)

御嶽山突然の噴火

長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067m)が9月27日突然噴火
週末を楽しんでいた登山客が巻き込まれ死傷者が出ています。

噴火したのは27日11時53分。突然の噴火で山頂付近の登山客は
灰や火山弾を浴びることになりました。
陸上自衛隊を中心にヘリ等での救出活動が続いているようです
山小屋等に避難、孤立したかたは救出もすすんでるようですが
行方不明者の捜索は難航しているようです。

新聞・テレビ各社は直後から取材飛行を開始
紙面で確認できたものでは毎日新聞がサイテーション525「希望」
(「希望」はこの日羽田空港の空の日イベントで展示中だったはず、急遽展示を
取りやめてたかな)
中日新聞はEC135「おおづる」、朝日新聞はアグスタ109SP「ゆめどり」
読売もヘリで空撮をおこなっています。
c0015444_03262761.png
【写真:中日新聞Web】

ネットにアップされている動画を見ると22倍レンズながら
×2倍のエクステンダーを入れて撮影した動画は安定して鮮明です。
撮影は通常の1/30で撮影されているようですが、高速シャッターを
入れれば静止画で切り取っても十分使える画質が得られると思います。
やはり、これからの新聞社のヘリにも防振TVカメラ入れるところが
増えそうな気がしますが・・・
c0015444_03282181.png
【写真:朝日新聞Web/エクステンダー入り?引き一杯?/22倍×2倍エクステンダー付き】
c0015444_03293186.png
【写真:朝日新聞Web/最大ズーム?(エクステンダー入り?)シャッターは入っていないようです…】


3000m級の山での救助活動、ヘリは陸自のUH60があたっているようです
増槽付きUH60はさすがの活躍ぶりです。NHKがとらえた画像を見ると
稜線に着陸しているように見えますが、尾輪をみると全ての重さは
かかっていないようです。主脚だけちょっと接地させてコレクティブレバーは
ちょい引いているかんじでしょうか?さすがです。
c0015444_03293686.png
【写真:NHKより/NHKのカメラは46倍×2エクステンダー付き/凄い寄れてます】


一刻も早い救助、終息をお祈りしております。


[PR]
# by pressaviation | 2014-09-29 03:26 | 新聞 | Comments(0)
日本の航空界を黎明期から支えてきた日本の新聞航空部
近年は予算削減の流れの中、航空取材体制も縮小の一途であります。

産経新聞は早くに自社パイロットによる航空機の運用を止め、固定翼も
サイテーション501の退役をもって運用終了。
昔から羽田を使ってる実績から今でも格納庫を置いているものの
中にはEC155とEC135のみで
運航は東邦航空さん。。

朝日新聞は報道専門の使用事業に乗り出し
毎日新聞は共同通信と、サイテーションCJ2とEC135を共同運用中
(大阪では産経新聞と共同通信がEC135を共同運用)
読売新聞はサイテーション560を日テレと共同所有し運航している。

今ある機体はまだ予算がある頃に購入した機体がほとんどですが
そろそろ更新する機体を考えないといけない頃ではないでしょうか?

新聞社の機体で唯一旧レジ、1988年登録の朝日新聞AS355(JA9681)は
なんと、日本初登場AW169に2016年バトンタッチ予定。
【写真:アグスタウエストランド/AW169】
既に運用中のAW109SPに続いて防振ENGも載る予定だ。
機体が4.5t級と大きいのでついでにテレビ朝日の中継機材が載ったりして?
この辺が注目かな?テレ朝との共同運用というか、東邦航空に代わっての
ヘリ契約・・・もしそうだったら東邦航空さんは戦々恐々だね?

新聞とテレビのカメラマンが一緒に乗る機会も各社増えるのかな?
毎日新聞とTBSは資本関係がそれほど強くないので、なさそうですけれど・・・

テレビ局の取材ヘリは機材も重いし、防振カメラもいるし、中継アンテナも
付けるの面倒です。でも、ヘリサットとか出来るとマイクロ基地局も気にせずに
中継できるようになるので、可能性はありますね。
でも、そうなると最低でもAW169かAS365級じゃないとちょっとつらいか。

読売新聞古参はBO105。
c0015444_04513777.jpg

【写真:頂き物/JA134Y 宙返りも出来るぞ!Super5】
まぁEC135を2機運用してAS365も持っているから
次も、135なのかなぁ〜
双発からシングルエンジンにスペックダウンする事は無いだろうけれど
パーツが高いエアバスヘリコにするか
日本法人を立ち上げたものの今ひとつアピールが足りないような
気がするベルのN類429にするか・・・?
c0015444_05431464.jpg
【写真:Bell/引き込み脚バージョンもなかなかいい】

ドクヘリ先行気味のBell429、音も静かだし報道でも使えるよね?
アグスタは…朝日の真似はしないと思うから無い??
BO105(JA134Y)の後継はB429かEC135ってところでしょう。

意外ですが読売新聞はBell47(古ーい)以来ベル機を飛ばしてません
朝日、毎日がベル206を使っていた頃読売はヒューズ500でした
【写真:P.A./JA9124 Bell 206B】
c0015444_06511682.jpg
【写真:川重】
朝日、毎日がAS355、350を使っていた頃、読売はBO105でしたしね。

読売も中継機材は積まないにしても、防振カメラは積んだらどうかな?
最近は騒音も厳しいし、災害現場じゃ低い高度は飛びにくいでしょうから。
HDビデオ動画にシャッター入れて切り取っても
新聞2段ぐらいの静止画にはなるけれど
いっその事4Kのデジタルスチルカメラをジンバルに入れちゃうかです。
レンズ何ミリが入るんだろう?
c0015444_05471612.jpg
【写真:netから/これはシネマEOSのEFレンズ30-300mm】
300mmじゃちょっと短いかな?
でも、コントロールパネルをみると、
動画のフレーム数、シャッタースピード、感度、ホワイトバランス
オーディオ設定なんかも出来るようです。
c0015444_05500137.jpg
【写真:netから/右側が防振ジンバル、左がカメラ設定のリモート】
これで動画もスチールもブレずに撮れます
もっと寄りたければ、クロップで切り取ることも出来ますね。
どうでしょう?朝日さんか読売さんこのシステム。

さて、忘れてはいけない中日新聞さん
ヘリは117C-2にEC135と充実のラインナップ。
c0015444_06535633.jpg
【写真:P.A./JA02CP おおづる】
1998年登録のリアジェット31が同社の最古参
導入後インマルサットの衛星電話を付けたり改修してるし
サイテーションより大きい特注撮影窓も使いやすそう
東京オリンピックまでに買い換えるか?

読売新聞&日本テレビ運用のC560アンコール、日本テレビ的には
防振カメラが欲しいでしょうね。ぶれぶれの手持ちカメラじゃつらいし。
c0015444_06541133.png
【写真:日本テレビ】
でも、Jet機にシネフレックスとか付いた機体は見た事ないし、
固定翼に防振レンズ付きは双発プロペラのこれはしか見た事無い。
c0015444_05033020.jpg
【写真:altair.com.pl/Diamond DA42の機首に…スピード制限は無いのかなぁ】
空自のU125には機首のレドームに格納式の赤外線暗視装置を
付けれるけれど

ジェットに防振カメラ付けるにはどうすりゃいいんでしょうね?

トップガンの空撮や、ボーイングのAir to Airの撮影している
c0015444_05141636.png
【写真:netから/Clay Lacy’s Astrovision camera systems
ペリスコープだからAir to Groundはちょっと無理だよね?

機体も560アンコールじゃちょっと小さい?
XLSか最新LATITUDEぐらいないとね。
c0015444_05163611.png

【写真:Cessna/560より太い胴体最新機 LATITUDE】
でも、おすすめは今月スイスでロールアウトした
ピラタスのジェット機!PC-24

キャビン6〜8席、巡航速度787km、最大離陸重量8,050kg
最大航続距離3,610km(4人)
890万ドル(9億円ぐらい)
c0015444_05183755.jpg
【写真:PILATAS/2014年8月1日ロールアウト 頑丈そう】

広ーい後部のカーゴルームに防振カメラ席作ったりして
なんか丈夫そうでカッコいいんだけれど、どうかな?

あと、AW609はどうだろう?
航続距離1,390km
最大速度509km/h
IFRでかっとんで現場所空ではVFR、ヘリモードで右旋回でヘリの輪に入って
取材。固定翼機は高い高度から左旋回だからねー
c0015444_06151378.jpg
【写真:アグスタウェストランド/AW609】
問題は嫌われているのが、オスプレイなのか、パワードリフト機なのか
(このパワードリフトって名前なんとかならないですかね)

昭和7年、朝日新聞はオートジャイロを導入した新し物好き。
ヒコーキにオートジャイロ、ヘリコプターそしてパワードリフト機
どこか導入しようと思っているところはあるかな?
アグスタ好きの朝日さんどう?広いエリアをカバーしなきゃいけない中日さんとか?



[PR]
# by pressaviation | 2014-08-26 02:50 | 新聞 | Comments(0)

ご無沙汰なり

暑中見舞い申し上げます!

だいたい月に一回ぐらいは更新していましたが
最近はご無沙汰しちゃってます。

お気に入りの女性パイロットのブロガーのかたが
結婚させることがわかりショックで…
(^.^;
c0015444_00041342.jpg
【写真:P.A.:写真は本文とは関係ありません@FUK】
と言うのが理由ではないですが。。

"ほーどー"飛行機業界は特に大きなニュースもなく、
楽しみにしていた丘珠空港の航空ページェントでは
恒例になっていた新聞社のジェット機の編隊飛行どころか
今回は参加もなくて残念でした。

航空業界はニュースてんこもり

MRJは壱号機が組み上がり、ワクワク感はアップ。
いままで完成予想図やCGでしかみれなかった
歌舞伎ちっくなカラーリングも悪くないですね
c0015444_00130097.jpg
【写真:三菱航空機/写真出すのはいい事だけど、背景なんとかならないっすかねイメージ大事よ

スターフライヤーは搭乗率アップへむけ新社長でキャンペーンも
始まってますが、どうなんでしょう。
頑張ってほしいのです
山口宇部空港ー羽田の就航も
決まっちゃってますが、スタフラの意向と言うよりも
ANAの意向が強いような気がしますが…
業績改善に繋がるならまあいいのですが。
c0015444_00153050.jpg
【写真:P.A.:新社長はANA整備畑出身。なかなか勢いありそうな社長です】

路線就航して、すぐ撤退したり、座席に「サービスしません」的な紙をいれて
空の旅の楽しみを台無しにする会社なのであまり好きではありませんが・・・
会社が無借金経営なのは立派。でも3月末の手元資金は70億円
エアバスが提示した違約金は700億円!!・・・

どうきりぬけるか。
c0015444_00191460.jpg
【写真:P.A.:ヒコーキ好きなSKYの社長の愛機「ムスタング」】

世界では受難が続くマレーシア航空、行方不明の後は、撃墜事件
なぜか連鎖する航空機事故は台湾、アフリカでも続いています

今年の日本の夏も暑くなっています、エンジンパワーは落ちますが
安全運行で乗り切りましょう〜!
c0015444_00225148.jpg
【写真:P.A.:アングルこの好きです。窓ガラスきれいに拭いてくれていて感謝to那覇空港さん






[PR]
# by pressaviation | 2014-08-05 00:33 | そのほか | Comments(0)
昨年度(2013年度)業績が急降下してしまったスターフライヤー
2代目社長の米原愼一さんが3月31日で辞任して3代目は
全日空出身でスカイネットアジア航空の副社長も務めた
松石禎己さんが来月(6月)就任します。(それまでは常務が代行)
筆頭株主のANAホールディングスの意向が強く働いたんでしょうね。

昨年度は希望退職者も募ってたし、リース機1〜3号機のリースバック整備も
結構お金がかかったようです。好業績を見込んで(?)建てたのか
お洒落なカラーリングの格納庫も建てちゃって、お金がかかりましたね。
新規航空会社の「リンク」の就航前破綻には業務支援程度の関わりだったので
火傷することはなかったと思うけど・・・

で、経営立て直しの一環で2012年12月に初の自社購入で導入した8号機JA08MCが
三井住友ファイナンス&リースへ登録変更されました
セールス&リースバック契約というそうで、譲渡価格は36億1900万円。
08MCは記念すべき初自社購入機で金色ラインに
Heart of Kitakyushu(リース機はCity of Kitakyushu)と思い入れ十分でしたが
今後はリース機となっちゃいます。(2014年5月28日からリース開始)
c0015444_1121968.jpg
【写真:P.A:自社機からリース機になっちゃった08MC】
搭乗率50%台で苦しんでいた福岡-関空線にかわって就航した
福岡-中部線、コイツがカギかな〜

5月28日からは「WE LOVE STARFLYER」キャンペーンなるものがスタート
ちょっと、らしくないというか・・・(ゴメン)
マイレージ強化キャンペーンですな。

6つのLOVE・・・残り2つはまだ秘密になってます。なんでしょう?
まだ考え中って事はないですよね ><;

c0015444_05132065.png
【写真:SFJ:WE LOVE STARFLYER】
来月(6月)の株主総会で正式に社長に就任する松石さんがそろそろ
動きだしたのでしょうか?
(松石さんANAでは整備畑出身と聞きます)

LCCの台頭、JALも革張り足下広いシート導入…
創業当時とは早くも環境が変わって来ている
スターフライヤー。新たな売りが必要なんでしょう。
2台目社長は就航時からなぜか設定されていなかった
3レター「SFJ」のロゴ
(これ大事だったよね〜空港での表示はみんな太字の3レターロゴだから)
創業時にデザインされたSTARFLYERのロゴって細字なんだよね尾翼の「SF」も
c0015444_05093561.png
【写真:スターフライヤーの3レターロゴ。多分作ったのは2012年】
他にも国際線の就航(撤退したけど)
「ハイブリッドエアライン」というまぁフルキャリアとLCCの中間を狙った
事も言っていました。悪くはなかったと思います。

しかし!
ココは企業時の「○○な非常識」的な、他キャリアと違う事を期待したいものです

スターフライヤーに圧倒的に足りないのは「関東での知名度」と言うのは聞いた事有るけど。。。
「WE LOVE STARFLYER」キャンペーンどうなるかなぁ

あっ、私?そりゃブログでこんだけ書いているんだから「WE LOVE STARFLYER」ですよ(笑)

【動画:スターフライヤー初期のCM。あか抜けてるじゃないですか!】





[PR]
# by pressaviation | 2014-05-28 01:55 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(2)
朝日新聞のWeb版、デジタル朝日でロケット特集を組んでいます
日本のロケットの話題が沢山
c0015444_01330275.png
【写真:朝日新聞HP】
動画では朝日新聞がこれまで空撮したロケットの打ち上げ動画が
8本アップされています。
c0015444_02292738.jpg
【写真:P.A.:朝日のエース、サイテーション「あすか」(右)】
サイテーション560「あすか」で6000メートルから空撮したH2A

4000mまで接近した2013年9月、内之浦からのイプシロン
これは機体右側から撮影だから「ヘリ」からかな。

ロケットが撮影機の高度を超えて上昇して行くのを追う場合
ロケットの上昇にあわせて機体をバンクさせるんですかね〜?
ヘリだとローターが写っちゃうし。。。
c0015444_17524435.jpg
【写真:P.A:種子島も内之浦も守備範囲、西部の「はつどり」】
さすが科学の「朝日」らしい企画ですネ

あっ、動画8本のうち4本は会員限定です。。。

[PR]
# by pressaviation | 2014-05-23 02:34 | 新聞 | Comments(0)
毎日新聞の報道によると
(2014年)5月5日夜、共同通信と合同で運用している取材ヘリコプターが
羽田空港に降下中、地上からレーザー光線とみられる強い光を照射されたそうです。
c0015444_00122903.jpg
【写真:毎日新聞】
機体はEC135(JA20MP)「レインボー」

毎日新聞は危険な行為だとして航空法に基づき国土交通省に報告。
警視庁にも届けを出したそうです。

ゴールデンウィークで渋滞する高速道路を取材後
午後7時25分頃、大田区付近の上空460mで機体の左側面に
緑色のレーザー光線と見られる光の照射を受けています。

毎日新聞社員の男性操縦士と男性整備士の目に
光が入ったそうですが約5分後に羽田に無事着陸。

光線はJR蒲田駅付近から発射されたとみられ、
機体を追い掛けるように3~5秒照射されています。

後部座席右側に座っていた共同通信社のカメラマンは
気付かなかったそうなのでコックピットを狙ったものでしょう。

また、同じ日。東邦航空が運用するヘリコプターにも
レーザー光線とみられる光の照射があったと8日の毎日新聞が
報じています。
午後10時15分頃、契約するテレビ局のカメラマンを乗せて
高速道路の渋滞取材中でした。
神奈川県海老名市上空600mで機内が一瞬緑に光ったのを
パイロットらが気がついたそうです。

東邦航空のTVヘリ。CXだとEC155。テレビ朝日だとEC135かAS365。

スポーツの試合でも問題になることがあるレーザーポインター
困った使い方をする人が絶えませんね
されています。


[PR]
# by pressaviation | 2014-05-14 12:45 | 新聞 | Comments(0)

GWの一枚・・・JA63NH

ゴールデンウィークもフライト、バンバン入っているようでした
NHKのドーファン2@福岡

ヘリにもトリトンブルーは似合いますねぇ
あまり報道機ネタもないので・・・
c0015444_22172544.jpg
【写真/P.A.:NHKの取材ヘリJA63NH:FUK:エマージェンシーフロート付きだね】




[PR]
# by pressaviation | 2014-05-08 13:30 | テレビ | Comments(0)
今朝、5時18分頃、伊豆大島近海を震源とする地震がありました
東京・千代田区では震度5弱を観測
マグニチュードは6.0でした。

NHKは直後の午後5時半過ぎにはヘリを飛ばし
千代田区上空から中継を行って様子を伝えていました。
大きな被害はなくてよかったですね。

しかし、早朝に地震にも関わらずヘリを飛ばしたNHK
取材ヘリが駐機している東京へリポートには当直のカメラマンが
いるんでしょうね!
当然、NHKの取材ヘリ全てを運航するANHのパイロット、整備士の泊まりも。。
c0015444_13504899.jpg
【写真:東京へリポートで】
東日本大震災の時もNHKのヘリはすぐに離陸し、テレビ局で唯一津波襲来を
生中継しています。
でも夜間の当直もいるとは・・・凄い体制です。新聞社でも難しいでしょうに。

ちなみにNHKが取材機を置く東京ヘリポートの運用時間は
午前8時30分からですが報道で災害、事故、事件などに対応する場合は
飛行が許可されるそうです。

GWも終盤、海や山、高速道路で防災ヘリ、報道ヘリが飛ぶ事故もおおいようです
事故には気をつけましょうー




[PR]
# by pressaviation | 2014-05-05 07:46 | テレビ | Comments(0)

ジョン トラボルタ…pen

最近、このブログのアクセスNo.1の記事が
この記事、2007年に書いたものなんだけどどうして今頃?
と、思っとりました。

で、先日とあるかたからメールで
「pressaviationさんって雑誌に寄稿していませんか?」と。。。

はて?

何のことでっしゃろ?

聞くと、雑誌「pen」5月1日号にジョントラボルタのヒコーキマニアっぷりを
取り上げた記事が出ているそうな。
c0015444_03313208.jpeg
【写真:pen2014年5月1日号】
早速、penをチェックしてみると〜
滑走路付きの住宅地に、屋敷を構え、ジェット機を敷地内に駐機させている
凄まじいマニアっぷりが紹介されていました。

確かにこの話、2007年に書いてますね〜
メールをくれた人いわく
『「車寄せならぬジェット機寄せがある・・・」云々と写真にキャプションが
あったのでー』
とのこと。書いた当人はすっかり忘れております、ハイ

確かに、そんなこともブログで書いていましたね。
きっと、penのライターさんもこのブログ見て下さってたんでしょうね!
ありがたや〜

また、ネタになるようなこと捜しておきましょ^ ^;
編集部さん、執筆の依頼もお待ちしております。
c0015444_20504356.jpg
【写真:netから】
ところで、トラボルタの707にも名前が記されていた
長男のjett君。2009年に亡くなっているんですよね。残念。

オールドカンタス航空カラーの自家用707(N707JT)
「Jett Clipper Ella」Ellaは長女の名前ですね。



[PR]
# by pressaviation | 2014-04-30 23:08 | 飛行機話 | Comments(0)
東日本大震災発生直後、仙台空港を津波到達前に
ただ一機離陸テレビ取材ヘリがNHKのドーファン、
津波到達の様子を全国に生中継し、その恐ろしさを伝えました。

あの震災から3年。2014年3月1日のNHKスペシャルで
防災ヘリ、自衛隊機、海上保安庁機などの空撮映像をまとめた
「“災害ヘリ”映像は語る〜知られざる大地震の記録〜」が放送されました。
c0015444_02451299.png
【写真:NHKオンデマンド ホームページから】
津波の様子を空撮で多角的に撮影できたこの震災で、映像から何がわかるか
当時、ヘリがどのように活用されたかその一端が盛り込まれたないようでした。

地震発生直後、東北を撮影したヘリを紹介したパネルには
津波到来直前に、間一髪離陸した毎日新聞のレインボーの写真もありましたから
番組はかなり詳しく取材しているとおもわれます。

発生日の夜、津波火災の様子を撮影した読売新聞のサイテーションから
撮影された映像も放送されていました。

陸自、海保、防災ヘリのカメラはまだSDの物が多く4:3の映像で
画質もよくないものが多かったですね。震災後HD化は進んでいるんでしょうか?

この番組、TV局で唯一津波襲来を生中継した自局のカメラマン、パイロットの
話等が一切出てこなかったのが、ちょっと残念。。
あえて入れなかったんだとおもうけど。
あと「“災害ヘリ”」って言葉もね…





[PR]
# by pressaviation | 2014-04-14 21:06 | テレビ | Comments(0)
2014年1月に完成したスターフライヤーの格納庫
夕方になるとロゴがライトアップされます、オッシャレ〜

私お気に入りの撮影ポイント(随分狭くなっちゃったけど)から見ると
手前の駐車場が邪魔でハンガー入りする機体はとりづらいです。。残念

これ、わざとエプロンとの間に駐車場作ってるな。きっと。
c0015444_2132837.jpg
【写真/P.A:スターフライヤー格納庫:駐車場邪魔…。】


[PR]
# by pressaviation | 2014-04-07 21:29 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

ANA747引退

いろいろイベントもあったようですね
結局、見にはいけなかったけど。。。
3月31日でANA747が引退、まさか747が姿を消す日が来るとは
昔は思っても見なかったな〜
これもETOPSが悪い(笑)
c0015444_05395492.jpg
【写真:2012年千歳空港で】
お気に入りは二階席の一番前の席、もちろん窓側
高いところから見下ろすスポットはまたちょっと違った感じでした。

JALが発注したA350、ANAが発注した777Xも双発で面白みに欠けます
まぁ経済性にはかなわないかぁ
個性的な機体が減っていくな〜
c0015444_05461170.jpg
【写真:2009年福岡空港で】

[PR]
# by pressaviation | 2014-03-31 23:32 | 飛行機話 | Comments(0)
春到来!
それにしても今年の冬は寒かったですね
2月には関東甲信越地方で2週連続の大雪も。
山梨の甲府市では1894年の観測開始以来最高の積雪114センチを
記録したそうです。

陸路が遮断されたためコンビニ各社はヘリを使って空輸を実施
セブンイレブンは2/17〜2/20まで空輸を実施しました。
18日は4機のヘリを使って山梨、長野のセブンイレブンとイトーヨーカドーに
26,300食を空輸しています。
c0015444_05060759.jpg
【写真:セブン&アイ・ホールディングス】
報道されている写真を見ると、
どうも新日本ヘリコプター、アカギヘリコプターの機体が使われたようです、
しかもB204やAS332といったサイズ大きめの機体も。

ローソン、ファミリーマートも名古屋等から空輸を行ったようです。
c0015444_04542892.jpg
【写真:日本航空学園:読売の365,AS355はSDTとYBSの共同取材機】

通常トラック輸送の新聞も道路が寸断されたので届かず。
読売新聞は自社の一番大きな機体AS365を羽田から飛ばししています
日本新聞協会によると
山梨県では、読売が17日午後3時までに同日付朝刊9千部を空輸した。
写真部記者の取材に合わせ、取材用ヘリコプターで羽田空港から甲斐市に運んだ。」
・・・そうです。
c0015444_04580319.jpg
【写真:日本航空学園:読売「シリウス」JA01YP】

朝日新聞も一部ヘリでの空輸を行ったようです。
災害時の新聞空輸や、人員の空輸を考えると新聞社も365クラスの大き目の機体が
1機は必要ですね。新聞って意外と重量有るし・・・
電気もない被災地では紙媒体の力が発揮されますね、紙は他にもいろいろ使い道あるし。

あとこの大雪で活躍したのが山梨県甲斐市の日本航空学園山梨キャンパス。
高校野球も強いですがキャンパス内にある!850mの滑走路の一部を除雪して
自衛隊、物資輸送の民間ヘリ、報道ヘリを受け入れたそうです。
施設も素晴らしいですが、素早く除雪した生徒さん職員のみなさんも素晴らしい。

ヘリが着陸できなければ、昔ながらのパラシュートで新聞投下しないと
いけなかったかも・・・もう、年代物のこのパラシュートは開かないかもね。



[PR]
# by pressaviation | 2014-03-31 04:14 | 新聞 | Comments(0)
マレーシア航空MH370便が3月8日消息をたって以来、各国が航空機を
派遣して捜索活動が続いています。

マレーシア政府の要請を受けた日本も3月14日に航空自衛隊の
C130,2機が捜索を開始。
3月15日には海上自衛隊のP3C,2機も捜索に加わりました。
さらに14日から海上保安庁のガルフストリームVも捜索に加わっているそうで
組織をまたいて日本5機を派遣していることになります。

3月20日にはオーストラリア政府が衛星写真から
パースの南西約2500kmの海上で機体の破片のような物を発見したと
発表しました。
c0015444_02154412.jpg
【写真:esponse.jpから】
この情報を元にオーストラリア空軍、ニュージーランド空軍のP3C,
アメリカのP8などが該当海域を捜索しているそうです。
インドネシア付近で展開中だった海上自衛隊のP3C,2機も
オーストラリアに派遣されることが21日、発表されました。

なかなか素早い対応ですね。2006年以来、防衛交流などでなんどか
オーストラリアに派遣されている海自のP3C。フットワークが軽いです。

今回、捜索に日本から派遣されている機体ですが
海上自衛隊がP3C。
c0015444_02234892.jpg
【写真:P3Cずらり:那覇空港で】
航続距離は外部兵装ありで7000 km弱だそうですし、対戦哨戒機ですから
海の上で捜すのが仕事です。
合成開口レーダーやMAD(磁気探知機)は重宝しそうな装備です。

航空自衛隊はC130。
これは輸送機ですがね。航続距離は荷物あまり積まなきゃ約8000km
c0015444_02292501.jpg
【写真:航空自衛隊】
特に捜索用の装備は有りませんが、乗員の目が頼り。前も横も後ろも見やすいのが
長所と言えば長所でしょうか。

海保のガルフストリームV。
高級ビジネスジェットベースですが、これはもう10,000km超の足の長さ
海上捜索が仕事の機体ですから捜索用のレーダーも装備しています。
c0015444_02311110.jpg
【写真:海上保安庁】
海保も捜索に出したあたり、今までにない対応じゃないでしょうか。

捜索に活躍している日本勢ですが、海自の飛行艇のUS2を派遣することは
難しかったんでしょうか?
海上自衛隊のUS2。
c0015444_16304912.jpg
【写真:海上自衛隊】
航続距離は4700km。破片を発見したら着水してすぐ確認、なんて芸当も
出来ると思うんですけれど。。。
でも、今回衛星で見つかった破片らしき物が浮いている海域はパースから
2,260kmはなれていますから・・・
US2ではちょっと無理か。機内増槽タンクなんてないかな。

しかし、どこに行ったんだ777は
アメリカのTVドラマLOSTみたいなミステリーです。
c0015444_02330332.jpg



[PR]
# by pressaviation | 2014-03-22 02:35 | 飛行機話 | Comments(0)
アメリカABC系のシアトル地元局KOMO-TVの報道ヘリが
市街地に墜落パイロットとカメラマンが亡くなり、車3台が巻き添えとなり
1人が重傷を負いました。
c0015444_20204710.jpg
c0015444_23242457.jpg
【写真:KOMO-TV】
この、KOMO-TVはシアトルの観光名所のタワー、スペースニードルの
道を挟んですぐお隣、現場は炎と黒煙に包まれました。
局舎の屋上にはヘリポートがあって、事故機は離陸直後だったそうです。
c0015444_23244709.jpg
【写真:Seabec 3月17日撮影の事故機】
墜落した機体はAS350ですがこれはどうもKOMO-TVのレギュラー機材では
ないようです。会社のロゴが入った通常機材はBell407のようで
代替機で運航していたようです。
地方局なので局のビルはそんなに大きくないんですが、
立派なヘリポートがついています。給油施設もあるそうで、事故機は給油
直後だったようです。
c0015444_23234077.jpg
【写真:KOMO-TVのレギュラー機材Bell407】
日本ではタワーのすぐ横のヘリポートはまず許可されないでしょうね。。。

KOMO-TVはイチローがマリナーズにいたころは大プッシュしていて
ガラス張りの局舎にはイチローの特大写真が貼付けてありました。
c0015444_23314772.jpg
【写真:2006年撮影のKOMO-TV】
アメリカのTV局は日本と違って整備士は乗らず、パイロットと
カメラマン、ときにリポーターの3人搭乗がほとんど
機体もシングルエンジンのAS350や206や407が多いようです。
日本のように双発機だったら・・・
c0015444_23235690.jpg
【写真:KOMO-TV 同僚の事故をリポートするクルー】
ご冥福をお祈りいたします。
c0015444_23240861.jpg
【写真:Alex McBurney 格納庫のプラットフォームには花が手向けられていた】
c0015444_23534172.jpg
【写真:KOMNEWS.COM】

[PR]
# by pressaviation | 2014-03-19 23:12 | テレビ | Comments(0)
ビキニ環礁でアメリカが行った核実験から60年となるのを前に
2014年1月末、朝日新聞がマーシャル諸島共和国、ビキニ環礁等の
取材飛行をサイテーション560「あすか」で行い2月紙面で連載されました。

日本のマグロ漁船第五福竜丸などが死の灰を浴びたビキニ環礁での核実験。
60年を経てもきれいな珊瑚礁に残る不自然なクレーター、除染した土が
埋められコンクリートで蓋をされたクレーター跡など生々しい痕跡を
「あすか」が空撮しています。
東京から約4000kmはなれたマーシャル諸島を
日本の新聞社の飛行機が飛んだのは、1985年読売新聞が導入したばかりの
国産ジェット機MU300以来となります。

「あすか」は2006年アラスカ、2007年ツバル、
同じ年のネパール・ヒマラヤに続く海外取材飛行。
今では少なくなった海外取材飛行ですが、そんな中「あすか」の活躍は
群を抜いていますね。
c0015444_13380047.jpg
【写真:朝日サイテーション560V「あすか」赤いカバーが写真撮影用光学ガラス窓】
c0015444_13391020.jpg
【写真:コックピット後方の大型撮影窓は朝日のみの装備、ドア下部の窓は中日本航空の機体にも見られる】

動画は機体に二カ所ついている撮影用光学ガラス窓のうちドア下部の窓から
撮影されています。この窓、新聞社の固定翼では朝日にしか
装備されていません。バンク取らずに下方向を空撮するには重宝しますね。



[PR]
# by pressaviation | 2014-03-19 13:25 | 新聞 | Comments(0)
新聞のいいところ
興味がないようなジャンルでも、パラパラめくっていたら
ふと目に留まった記事が知識を広げてくれるところかな。

今日の読売の紙面を見ていると、日頃は気にもしない
俳句の欄「四季」が目に留まった。

「飛行士の卵整列山笑ふ」駿河岳水

作者は航空ジャーナリストで一冊全部ヒコーキの句集も出しているそうだ。

でも私の目がとまったのはその欄のイメージの写真

このパネル、サイテーションじゃん!!
c0015444_02130911.jpg
【写真:読売新聞3月13日朝刊】
エンジン、燃料系の計器がモニターディスプレイになっているから多分アンコール

CDUが一個、コーパイ席の計器盤にはまっている(珍しい)から
読売の560アンコール「みらい」でしょ・・・多分。。違う?

この写真ってわざわざ撮るのかな〜
写真部がストックしてるのかな〜〜?

あーもうちょっと大きな写真で見たい(笑)


[PR]
# by pressaviation | 2014-03-14 02:31 | 新聞 | Comments(0)

マレーシアのクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空MH370便が

3月8日3時40分(日本時間)頃、南シナ海上で消息を絶った。

機体はボーイング777-200ER(乗員乗客239人)9M-MRO

捜索に当たったベトナム空軍機が海上に油のようなものが

浮いているのを発見したが、機体は発見されていない。


墜落したとしたならば777発の巡航中の事故だ。

過去2回、ヒースローでのブリティシュエアウェイズは

着陸時のエンジン2発停止(死者なし)。

サンフランシスコでのアシアナ機も着陸の失敗。

(死亡3名、777初の死亡事故)


1995年の就航以来事故の少ない安全性の高い航空機だ。

c0015444_17384311.png

【画像:Flightradar24.com】

Flightradarでみてみると、離陸後20分ほどで

巡航高度35000ftに到達。

35000ftを470ktsで10分ちょっと飛行したところでレーダーから

なんの予兆もなく消えている。無線も出さず、スコークも変えず

スピードも高度も落としていない。

ただ変えたのは信号が切れる1分ほど前にHeading25から40に変更

している。このデータから「旋回して戻ろうとしていた」との

報道もありますが、キリよく25度から40度に変えているところを

みると、それは無いかなと思う。


35000ftでいきなり機体が破壊されたか・・・

c0015444_17394708.png

【画像:Flightradar24.com】

53歳の機長は飛行時間1万8365時間の超ベテランだった。


技術が進歩し、ジェット旅客機黎明期のコメットのような

突然の空中分解事故などほとんどない今、このタイプの事故は珍しい。

というか考えられない。。。

しかも、ボーイング777ではなおさらだ。


乗客の中の2人が盗まれたパスポートを使って搭乗していたことも

わかっている。テロの可能性も疑われている。

でなければ隕石が不運にも直撃したとか。。。不可解な事故だ。


参考:Flightradar24

http://www.flightradar24.com/data/flights/mh370#2d81a27



[PR]
# by pressaviation | 2014-03-10 17:51 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30