以前からウワサはありましたが・・・

福岡空港を定置場にしているヘリコプター28機を
福岡市東区雁の巣にヘリポートを新設し移転させる
方針だそうです。

滑走路1本の空港では国内最多の離発着となっている福岡空港
2本目の平行滑走路の工事開始を見据えてのことだろうと思います。
今でも、小型機は混雑時間帯は離着陸は遠慮してという要請が
あるようです。

福岡空港でヘリを運用しているのは、
西日本空輸、海上保安庁、福岡県警、福岡市消防局
朝日新聞、読売新聞、航空自衛隊かなぁ〜?

空自は動かないような気もしますけど、現在の格納庫は
2本目の滑走路建設で撤去ですかね?

西空、県警、消防はヘリのみの運用ですから問題ないでしょうが
海保は常駐の固定翼機がありますし、新聞2社もたまーに羽田から
ジェットが飛来します。昔のように西部本社に固定翼機を常駐させては
いないので、あまり問題はないような気もしますが、事務所が離れれば
運用上は面倒ですよね。

広さは5ヘクタール程度と報じられています。
国内のいろんなヘリポートをみてみると

神戸へリポート2.8ヘクタール
舞洲ヘリポート2.5ヘクタール
静岡へリポート3.57ヘクタール
東京ヘリポート14.7ヘクタール

東ヘリは別格として、広いな〜と思っていた
静岡ヘリポートでも3.57ヘクタール。
5ヘクタールということはけっこうな規模のヘリポートになりそうです。
西空さんの大きな格納庫2棟分の敷地を考えればこのくらいの
広さは必要なのでしょう。

場所ですが、福岡市東区の雁の巣というところ。
c0015444_428349.png

【写真:Google:昔ここに2本の滑走路を持つ雁の巣飛行場があった】
ココにはその昔、今の福岡空港よりももっとまえに国内有数の規模をほこった
福岡第一飛行場(雁の巣飛行場)がありました。
大陸へ飛ぶ国際線や、水上飛行機も
そばの海から離発着していました。平成14年までは跡地にできた
スポーツ公園脇に格納庫ものこっていましたね。
やっぱり昔の人が空港を作ったところは、立地がいいんでしょうね。
c0015444_4343748.png

【写真:旧雁の巣飛行場。ヘリヘリポートはこの跡地西側に建設予定】
今は福岡航空管制部やFUKUOKA VOR/TACがあります
おそらくこの西側にできるんじゃないでしょうか?
FUKUOKA VOR/TACの真上は南風の時福岡空港のRWY16に降りる
機体が2000fぐらいで通過します。
c0015444_434410.png

【写真:Googleから。新ヘリポート赤丸あたりかな〜?】
真下にヘリポートがあると、高度制限を設けるにしてもTCASの画面は
あんまり気持ちよくないんじゃないかなぁ?どうなんでしょう。

この雁の巣というところ海浜公園が近くにあって、夏はプールに行くクルマで
渋滞も起こります。
でも、この辺しか無いんでしょうね〜土地。都市高速からのランプからも
10分程度ですし。

混雑空港の福岡空港。過去にはいろいろヒヤリとすることもありました
ATC聞いていると管制官のかたがテンパっているときもあります。
ヘリのほうも福岡空港の東側で長いことホールドされていることも
日常茶飯事、
ヘリの新ヘリポート移転はしょうがないでしょうね。


〈追記6/19〉
5ヘクタール・・・と言うことは海水淡水化プラントの隣
旧福岡県警自動車訓練場?
ココだと、ほぼ更地だし広さは大体6.5ヘクタールぐらい・・・
福岡VORのとなり。どうでしょう?
c0015444_135402.png

【写真:GoogleMap:旧福岡県警自動車訓練場】



−2015/06/06付 西日本新聞朝刊からー
国土交通省大阪航空局は5日、福岡空港のヘリポートを福岡市東区奈多の国有地に移転させる方針を固めたことを明らかにした。施設の広さは約5ヘクタールで、2019年度末をめどに開設したい考え。今秋から周辺住民への説明などを始める。
 候補地は雁の巣レクリエーションセンターの西側で、大半が国所有の未利用地という。国の直轄事業で約15億円を投じ、ヘリパッドや駐機場、給油施設などを整備する。7月下旬にも有識者による技術検討委員会を立ち上げ、秋から環境影響評価(アセスメント)や住民説明会を始める方針。環境アセスに3年、工事に2年を見込んでいる。
 候補地は「民家の上を飛ばずに離着陸でき、都心部に近い」(大阪航空局)として絞り込んだ。東に約1キロの距離に住宅地があり、騒音に配慮してヘリは西側方面で離着陸させる方針。
 福岡空港には消防や県警などのヘリ28機が常駐し、年間発着回数は約7千回。現在、旅客機の発着増加に対応するため滑走路増設が計画されており、ヘリポート移転で旅客機の発着枠拡大や利便性向上が期待される。
[PR]
# by pressaviation | 2015-06-15 04:33 | 飛行機話 | Comments(2)

口永良部島噴火!!

鹿児島県屋久島町口永良部島新岳(626メートル)が
(2015年)5月29日午前9時59分頃、爆発的噴火、
島民ら137人が約12キロ離れた屋久島に船などで避難しました。

民放各局は福岡から取材ヘリを投入、鹿児島にもヘリを置いているはずの
NHKも福岡からヘリを遠征させているようです。
NHKはこういうときは複数機投入しますからね。
c0015444_41077.jpg

【写真:P.A:ANN系KBC取材ヘリAS365】
ANNはKBCの365、NNNのFBS、FNNのTNCはBK117-C2
JNNのRKBは427なのでちょっと足の長さが短いですが
頑張って遠征しているようです。
c0015444_4105827.jpg

【写真:P.A:JNN系列RKB取材ヘリB427】
新聞は朝日がサイテーション560「あすか」と福岡からヘリを投入
毎日も共同通信と共用のサイテーション525「希望」と北九州から
EC135おそらく「オオルリ」を、
読売は福岡からヘリEC135を遠征させてます
読売のサイテーションは飛んでないようです。

中日は共同通信のサイテーションからの写真を紙面で使用
リアジェットは飛ばしてないようです。
6/13追記:当日からリアジェット飛んでいたようです。

新聞テレビ各社はお昼頃までには現場に到着しているようです。
NHKはかなり距離をとったところから、
港に駆けつけたフェリーの接岸の様子を生中継、画面の中に毎日のヘリが
映り込んだりしていました。
毎日機は昔、火山弾に206ジェットレンジャーが直撃された事があるから
気をつけて・・・

確認した中では日テレ系だけですが、国交省のヘリの映像を生で流していました
福岡の系列局が生で配信を受けて日テレに送っているんでしょうが、
実はこの国交省九州地方整備局のヘリ「はるかぜ」=412EPは
今年度、国交省ヘリとして初めて衛星伝送システム、ヘリサットを装備
ヘリからのSNG衛星にアップリンクできるんです。
マイクロ基地から遠くはなれた口永良部島でもライブで伝送が出来ます
早速、威力を発揮しました。
c0015444_4111166.jpg

【写真:P.A:国交省 九州地方整備局B412EP写真はヘリサット装備前撮影】
ヘリサットはHD画質で伝送できるはずですが、装備されている防振カメラは
SDのようです。

全島避難はかなりスムーズにすすんだようですが、早く噴火が終息するように
お祈りいたします。
[PR]
# by pressaviation | 2015-05-30 03:52 | 新聞 | Comments(0)

Smoke On! @Chiba

5月はヒコーキイベント盛りだくさんでしたね
ゴールデンウイークはHONDA JET ジャパンツアー
久々開催、岩国フレンドシップデーは
ブライトリングのウイングウォーカーが参加。

月末には元国交省のYS11を買い取ったエアロラボが根性の再生、フライト!
Nナンバーにせざるを得ないのが日本の航空行政の残念なところ
羽田でのフライトでもCABともめたらしいです(残念)

中でも注目のイベントが、日本初開催 レッドブルエアレース!
千葉で行われた大会、CABとの交渉も大変だったと思います
コースは直線の海岸に面した場所だったからかもしれませんが
幅の狭いナローコースでした。
c0015444_3112968.jpg

【写真:RedBull AirRace HPより/千葉大会コース】
2カ所あるターンもループではなく、ステープル気味のターン
開幕戦アブダビとはちょっと違うレイアウト。まあ見やすかったかもしれませんが

このイベントが出来たのはまあCABも頑張ったかな〜
千葉県は全面協力、消防ヘリドーファンも展示飛行させてましたね
出来ればドーファンでレースのパイロンコースを飛んだら
受けたでしょうけどね、来年に期待!

去年まで中継はJ SPORTSでしたが今年からまさかのNHK-BS
日本人パイロットの室屋さんも特集番組を組んで取り上げてました。
新型機も導入して、千葉のコースレコードをたたき出すなど
好調でしたけど、オーバーGでDNF
室屋さんは残念だったと思うんですが、2007年だっけな〜
横浜で室屋さんがわずか2本のパイロンをつかって
デモンストレーションした頃を思うと、感慨もひとしおだったと思います。
c0015444_395070.png

室屋さんの新型機EDGE 540 V3にはなんとADS-Bが搭載されていて
フライトレーダー24でその奇跡が見れるんですね!!
これは楽しい!
応援にも熱がはいります。
c0015444_310880.jpg

c0015444_3101146.jpg

TV中継はどうするのかな〜と思いましたが
シリーズ通してドイツの放送局が中継技術、映像制作しているようで
エアレース名物のRedBullカラーの空撮ヘリBO105もDレジ付きでやってきました
どんだけ空輸するんでしょうね
中継機材も入れたらF1以上かもね。
c0015444_310359.png

千葉大会のHPには朝日新聞の名前もあったけれど後援には
ついてなかったな〜
朝日の機体でもいいし、読売のベルコウでもいいから
会場にとんで来てほしかったな〜

NHKの実況、辻さんはどうなんかなぁ〜

今シーズンの室屋選手は期待大です!!
[PR]
# by pressaviation | 2015-05-20 01:51 | 飛行機話 | Comments(0)
(2015年)4月28日午後2時55分ごろ
高知県足摺岬の北東約35キロの太平洋上で訓練をしていた
海上自衛隊岩国航空基地所属の救難飛行艇US-2が離水に失敗、
機体を破損する事故がありました。
乗員は19人は全員救命ボートで脱出。
近くを航行中の民間船に救助されましたが、4人が打撲などの軽傷負。
c0015444_511760.png

【写真:NNN/高知県足摺岬の北東約35キロ 28日午後6時半頃】
US-2の事故はこれが初めて。海から飛び立とうとしたところ
4基のうち1基のエンジンが脱落し、フロートも壊れたようです。
事故は高波を受けたためとみられ、沈没はしていないものの、海保、NNNの
取材機の画像をみると機首部分を海中に突っ込んだ形で全損に近いようです。
c0015444_5132828.png

【写真:NNN/機首は水没、事故機はUS-2最新の5号機】
US-2は1機約130億円で、US-1から順次入れ替え、海自は5機を保有。
事故機の登録番号をみると、一番新しい5号機(9905)のようです・・・
エンジンが脱落と報じられていますが、どうも離水時に波で右フロートと
エンジン一基が波で脱落したようです。
といっても、唯一事故当日(午後6時過ぎですが)空撮したNNNの取材ヘリの
映像を見ると、現場海域はほぼ凪ぎ。

US-2は波高3mでも着水できる。まして離水は着水よりは簡単なはずですが・・・
事故原因の究明が待たれます。
c0015444_513386.png

【写真:NNN/5月3日の岩国基地フレンドシップデーに影響なければいいのですが】
事故が起こったのは午後3時頃ですが、当日空撮を実施したのは
テレビ、新聞含めNNNだけだったようです。(確認不足であれば教えて下さい)
日テレ系のニュースを見ると暗くなり始めている6時30分頃、
現場に到着しているようです。
かなり暗くなっているようで、事故機の尾翼を照らすーチライトの光も見えます。
右旋回せず、ホバって撮影しているところを見ると、他の報道ヘリは
いないようで単独での撮影だったようです。
ニュースの最後のクレジットを見ると、「福岡放送 高知放送」とあるので
機体は福岡のFBS福岡放送のBK117-C2(同系列の広島テレビのEC135より
FBSのBKの方が足が長いからでしょうか)で高知放送のマイクロ基地に
生伝送もしくは収録後伝送か素材を持ち込んだのでしょう(?)
c0015444_51799.png

【写真:NNN/福岡放送BK117-C2での取材撮影だったと思われる】

翌29日の読売新聞朝刊も「高知放送提供」のクレジットで
空撮動画からのキャプチャーした画像を掲載していました。

新聞各社も、当日はヘリ飛ばさなかったようですね
日没時間、距離を考えると各社足踏みしたくなる時間だったのかな。

FBSのBK117-C2の航空電子製LX-3に納められているカメラは確か
SonyのHDC-1600(?)このカメラ低照度での撮影用蓄積モードがあるので
かなり暗くても撮影できます。
(CXのBell430搭載の赤外線カメラ!!にはかなわないでしょうが)
c0015444_5211667.png

【写真:川崎重工業/FBS取材ヘリBK117-C2(JA05CF)】
インドに輸出する話もあるUS-2の事故、死者が出るような惨事には
ならなかったのが不幸中の幸いでした。
事故原因はまだわかりませんが、フライバイワイヤ、FADECなどなど
ハイテク装備でも事故と隣り合わせ、大変な業務でした。
一機130億円もする高価な機体ですが、機長の3等海佐
凹まず頑張って欲しいものです。
c0015444_5192412.png

【写真:ANN/テレ朝系は翌29日に空撮】
[PR]
# by pressaviation | 2015-04-30 05:09 | 飛行機話 | Comments(0)
ホンダが開発したビジネスジェット、HONDA JETが
(2015年)4月23日開発拠点のアメリカから日本に初飛来。
Uストやニコ動では羽田到着、式典の様子が生中継されました。
c0015444_6293620.png

やって来たのはN420HM。プロトタイプ3号機(2号機は地上試験用)
赤と白の日の丸カラーだからかな?初号機は青と白。
GWは日本各地を回るお披露目イベントを開催。私、応募し損ないました><

ホンダジェットの話題は過去にもこのブログで取り上げていたので
リンクを貼っておこう。
http://pressair.exblog.jp/6183700/
http://pressair.exblog.jp/16601448/
最近、ホンダジェット で検索してやってくるかたが多いようです・・・
関心あるんですね〜

このホンダジェット、試作機のレジは全部N420・・
なんで420なのかず〜っと不思議だったんですが
巡航速度なのね〜!!VLJの中では速い
最大巡航速度: 420kt(高度30,000 ft 778 km/h)、マッハ 0.72 
スペック眺めるまで気がつかなかった・・・

航続距離は短めな2000キロ程度なので
今回はアラスカ〜サハリン〜仙台経由で羽田にやってきました。
c0015444_6353535.png


むかしむかし、昭和6年(1931年)8月に同じく北方から飛んで来た
チャールズ・リンドバーグ夫妻は根室の港におりました(水上機だったので)
この時は朝日新聞の2機と北海タイムス社の飛行機が出迎えたそうです。

ホンダジェットも出迎えて、日本の空を飛ぶ様子をAir to Airで空撮してあげれば
よかったのに〜
朝日も読売も毎日も中日もジェット機持っているんだから・・・

空撮で出迎えたのはテレビ朝日のヘリが羽田着陸を
すっごい離れたところ(当たり前だけど)で撮影してました。
c0015444_6123826.png

【画像:テレビ朝日/テレ朝取材ヘリからN420MHの羽田到着を狙う】
カメラマン、エクステンダー入れてドン寄りでの撮影。手に汗かいたかなぁ?
でも、スムーズなPAN&ズームアウトでした。
テレ朝、発想は良かったです。でも出来れば朝日新聞の
サイテーションを使ってほしかったなぁ。

さて、このホンダジェット。日本での発売はまだですが
どこか新聞社で買うところはあるかな〜
あと、1000キロほど航続距離が長いと使いやすいんでしょうけれど。

ホンダジェットスペック
主要目
乗員: パイロット1名または2名
乗客: 5名または6名(エアタクシー用)
座席数: 7-8席
全長: 12.71 m (41.70 ft)
全幅: 12.15 m (39.87 ft)
全高: 4.03 m (13.21 ft)
最大離陸重量: 4,173 kg
動力
エンジン: 本田技研工業製 HF120 × 2
最大離陸推力: 8,363 N (853 kgf) × 2
巡航推力: 1,873 N (191 kgf) × 2
性能
最大巡航速度: 778 km/h(高度30,000 ft 420kt TAS)、マッハ 0.72 
最大有視界航行距離: 2,593 km (1,400 nm)
最大計器飛行航行距離: 2,185 km (1,180 nm)
燃料消費率: 3.3km/kg
最大運用高度: 13,106m (FL430)
離陸距離: 807 m (3,120 ft)
着陸距離: 694 m (2,500 ft)
最大上昇率: 1,216 m/min (3,990 ft/min)
[PR]
# by pressaviation | 2015-04-28 22:15 | 飛行機話 | Comments(0)
 2015年3月20日毎日新聞の記事によると
去年、2014年10月、広島県と愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」での
サイクリング大会で毎日新聞の取材ヘリがおこしたダウンウォッシュで
参加者2人が重軽傷を負った事故で
松山地検は3月20日、業務上過失傷害と航空法違反の容疑で
書類送検されていた毎日新聞のパイロットを
起訴猶予(不起訴処分)としたそうです。
c0015444_1437679.jpg

【写真:毎日新聞大阪ベースのEC135「きぼう」=JA30MP】
以下毎日新聞の記事から

 事故は昨年10月26日午前9時5分ごろ、
愛媛県今治市の来島(くるしま)海峡大橋で発生。
ヘリが航空法の定める最低安全高度(橋から150メートル)を下回る
約30メートルでホバリングしたため、車道上の滑り止め用マット
(重さ約13キロ)が飛んで自転車で走行中の会社員の男性(54)と
女性(46)=ともに埼玉県=に当たった。
2人は転倒し、男性は右手指の靱帯(じんたい)を
損傷する重傷、女性は軽傷を負った。

 愛媛県警伯方(はかた)署が先月4日に両容疑で書類送検していた。

 毎日新聞社長室広報担当の話 検察庁の判断を重く受け止め、
今後も社員教育を徹底するとともに事故の再発防止に向け
安全対策を講じていきます。
負傷されたお二人をはじめ、大会の参加者、関係者の皆様にご迷惑を
お掛けしたことを改めておわびします。
(引用終わり)

この毎日新聞の記事からはいまいち飛行状況が見えませんが
以前書いたブログの内容でいいのでしょうか?

松山地検は
「被害者の処罰意思、(毎日新聞の)補償状況、再発防止策等を鑑みた」と
しています。
おそらく、起訴されても100%ヘリのダウンウォッシュが原因というのは
証明できないでしょうが、最低高度違反などは撮影した写真や、
関係者などの話から明らかだったのでしょう。

ただでさえ風に弱い自転車、それに限った話ではありませんが
空撮では十分な配慮必要ということですね。
[PR]
# by pressaviation | 2015-04-08 23:36 | 新聞 | Comments(0)
朝日新聞がアグスタウェストランドに発注している
AW169の登録番号「JA04AP」が予約されました。
今年2015年9月末の登録を予定。

アグスタのHPによるとAW109SP「ゆめどり」同様
ENG防振カメラが付くそうですが、伝送機材はどうかな?
c0015444_62527.png

【写真:http://heliweb.forumcommunity.net】
「ゆめどり」にはシネフレックスのジャイロにXDCAMコーダーが
装備されていますが、
AW169も日本で組み立て後防振カメラが装備されるんでしょうね
「ゆめどり」を買った時は円高でシネフレックス分ぐらい捻出できたでしょうが
したが、今の為替レート・・・シネフレックスつけるかなぁ
シネフレックスに比べるとかなり安い航空電子のLX-3になるか??
[PR]
# by pressaviation | 2015-03-31 05:45 | 新聞 | Comments(0)
このところ忙しく、ブログのアップもできませんでした・・・

残念なヘリの事故がありました。
機体は白いボディーにテーイルがオレンジOH-6DA
海自鹿屋航空基地の訓練機。ヘリパイロットを目指す
海上自衛官が最初に乗るヘリコプターです。

2月12日
機長で39歳の3等海佐、同乗者の40代3等海佐、
訓練生で20代の2等海曹3人が乗るOH-6は
鹿児島県伊佐市上空で位置通報、これを最後に消息を
断ち、翌13日、えびの市の山中で墜落しているのが発見されました。
c0015444_4401885.jpg

【写真:海上自衛隊/OH-6DA 事故機】
近年事故をほとんどおこしていない鹿屋基地所属機の事故、
朝日の記事によると
ーー
同機は12日午前9時19分、鹿屋基地を離陸。鹿児島湾を経て
鹿児島県の薩摩半島を北上、同県出水市付近で折り返して
午前11時半ごろ基地に戻る予定だった。
午前11時前後に同機と鹿児島空港の管制官との間で
「天気が悪いので迂回(うかい)して鹿屋へ帰る。(宮崎県の)えびの、
小林、都城を経由する」とのやりとりがあったという。
その後、午前11時5分ごろの交信を最後に連絡が途絶えた。
同機が積んでいる燃料では午後0時20分ごろまでしか飛べないという。

 また、航空自衛隊からは「午前11時7分、
訓練用ヘリとみられる機影がえびの市内竪(うちたて)付近で消えた」との
連絡が同司令部にあったという。

ーー
事故現場付近を下から見ると平地から急に山々がそびえ立つ感じがするところ
付近を通る国道221号線はループ橋が設置されている。
航空図を見ると付近の山は3000fから4600fぐらい、
VFRで目標にするのはえびの市にある海自の潜水艦向けの超長波送信所の
高いアンテナ群でしょうか。

鹿屋の訓練機はOH-6DAと後継機として導入が進められているTH135。
おそらく訓練生はOH-6とTH135組に分かれて訓練が行われているはず
2種類の機体を交互に一人の訓練生が乗る事は無いはずです。

OH-6は単発タービンのシンプルな機体、訓練機には最適な機体として
各国で使用されています。
最新のTH135は民間機EC135と同じ機体、双発タービン機で
海自の仕様では桜島の火山灰対策でサンドフィルター
さらにウエザーレーダーも装備されています。
ただ、このTH135、鹿屋ではどうも稼働率が低いようです。
c0015444_4461452.jpg

【写真:海上自衛隊/TH135】
事故の日、飛んでいたのがOH-6ではなくウエザーレーダー装備の
TH135だったら、雲にまかれても山を認識できたのではないでしょうか・・・

殉職された3人のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
# by pressaviation | 2015-02-16 04:46 | 飛行機話 | Comments(0)
民事再生法の適用を申請して経営破綻してしまったスカイマーク
この会社はど〜も好きになれませんが、従業員の方々はたいへんでしょうね
頑張って下さい。

ミニスカなど鳴り物入りで導入したA330も1月末で運航停止だそうです
スカイマークのA330には一度も乗る事はありませんでしたが
空港でスマートな機体が見られなくなるのは残念です、
担当パイロット、転換訓練中のパイロットさんも多かったでしょう
しばらく地上勤務でしょうか・・・

写真は2014年秋のFUKで
c0015444_345074.jpg

【写真:P.A./@FUK】
[PR]
# by pressaviation | 2015-02-02 03:37 | 飛行機話 | Comments(0)

「あすか」FUKでみっけ!

久しぶりにFUKのお気に入りの場所でのんびり。北風なんで34。
2本目の滑走路建設に向けターミナル周辺では工事が始まってます。東側のエプロン、誘導路も工事していて
国内線の一部は一度滑走路を横断して西側をタキシングしています。
ATC聞いていると「002A…」のコールサイン!

おー朝日のサイテーション来てるんだ!
そういえば前の日、街中を旋回して南から北へ飛んで行く
サイテーション560を見たけど、朝日さんだったのね〜
天神の上を南から北に飛ぶ機体なんて珍しいし
ぐるっと旋回してらからね、VFR でそんな飛び方するのは新聞社の機体だろうなーって思ったけど…やっぱり^_^;

トラフィックは相変わらずひっきりなしで
002Aもナンバー3。
こんな時に限ってカメラ持ってないし…
しょうがないので、着陸機の777を絡めて002A「あすか」をiPhoneで撮ってみました。
c0015444_05462719.jpg
【写真:777と朝日サイテーション560あすか@FUK】
こんな時に限ってドンピシャのタイミングで撮れちゃいます(ー ー;)

しかし、この狭い空港に平行滑走路、平行誘導路作れるのかね〜
昔は蓆田飛行機という名前で呼ばれていた福岡空港、
出来た頃は横風滑走路含めて3本あった!!!
戦後すぐのところの写真と今の写真を重ねてみると
今の使ってる滑走路の位置は同じ、その西側、
新滑走路予定地の誘導路が昔の並行滑走路だったんですね。
c0015444_05492224.jpg
【写真:今のFUKの写真と戦後すぐの写真を重ねてみると…】
国内線第3ターミナル周辺の敷地が東に張り出しているもは横風用滑走路の名残なんですね〜

大きな777の後に離陸していった002A、なかなか元気なエンジン音を残して
ジェット後流にも負けず元気に帰って行きました〜



[PR]
# by pressaviation | 2015-01-23 05:17 | 新聞 | Comments(0)

KKJ - 小牧便就航!FDA

北九州空港に久々の国内新路線!


(2015年)3月29日からフジドリームエアラインズが

北九州ー名古屋小牧便を飛ばしまーす。

朝1便、夜1便 毎日2往復。

開港当初はJ-AIRが3往復だったかな?CRJで飛ばしてましたけど、JALグループが大変な時で

1年で運休。

トヨタ自動車関係の人なんかが出張で結構使っていたとも…


とにかく頑張って欲しいものです。

FDAで暇つぶしにひつまぶし食べに行きますよ〜(笑)

c0015444_07265719.jpg



[PR]
# by pressaviation | 2015-01-16 07:16 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(2)

2015年もよろしくです…

あっという間に1月も半分過ぎました〜
今年も、マニアックなほーどー取材機のブログよろしくお願いします。

元旦、日テレの初日の出中継はJA01AXでフライトでしたね。
キャビンに3列設置できるヘリだと
最後列右側にアナウンサーが座れます。
これ、結構大事な事ですよね、右旋回のヘリ、右側に座らないと自分の目で見てしゃべれないですから。
モニター通してだとスタジオでしゃべっているのと一緒ですからね^_^;

c0015444_2049536.jpg

【写真:NTV/JA01AX】
JA01AX そろそろ後継機選定の時期でしょうか。
朝日航洋運航機種で430の代わり…
NHKや関テレがAW139と大型化しているから
S76あたりに戻るかなぁ〜?
最新D型とかに…⁇
[PR]
# by pressaviation | 2015-01-15 20:33 | テレビ | Comments(0)

メリークリスマス

JEPPESEN チャートが洒落てますねぇ
c0015444_15494395.jpg
北米防空司令部が毎年サンタを追跡しているのは
有名ですが、フライトレーダー24でも捉えてるとは^_^

サンタもADS-B装備なんですね
c0015444_15520224.jpg


[PR]
# by pressaviation | 2014-12-25 15:46 | そのほか | Comments(0)
ヒコーキ好きは当然ヒコーキの写真を撮るのが好きなので
私も昔から望遠レンズを空港で振り回しています。
学生の頃はカメラ雑誌買って知識を吸収、「月刊カメラマン」と
「CAPA」を読んでたな〜

で、最近欲しいカメラが有るのでリサーチついでに本屋で立ち読み
久しぶりに読んだ「CAPA」にその記事は有りました!

「報道カメラマンの現場」という連載。

カメラ雑誌なのでカメラマンがどの様に取材しているかと言う
連載なんですが、今、発売の2014年12月号に
読売新聞のカメラマンと航空部が取り上げられています。
c0015444_15460037.jpg
【写真:CAPA 2014年12月号/読売羽田格納庫登場〜】
噴火を続ける西之島をサイテーション560「みらい」で空撮した
写真もふんだんに使われています。
羽田の読売格納庫を取材していますが、この時は560とAS365N3の
2機があった様です。
だいたい、もう一機BO105なんかが常駐して東京はヘリ2機態勢ですが
耐空検査だったんでしょうか?

ヒコーキの事、航空部の事はまぁさらーっとした内容で、
ライターさんはあんまり飛行機には詳しくないようです。
(皆んなが興味あるわけじゃないもんね)

カメラマンは空撮では16mm〜のズームレンズに
500mmの望遠まで機内に持ち込んで撮影しているそうです。
手振れ補正があるとはいえ500mmF4の長玉を機内で
使うのは大変でしょうね。
でも、Canonの200-400のズームレンズ、1.4倍のエクステンダー
内蔵なのは羨ましいな〜。
そう、私はNikon派なのです…。Nikonさん、テレコンないぞう400mm
作って〜!

記事の中で「…他紙にない秘密兵器…」として取り上げられているのが
飛行中開閉出来る撮影窓。
1万フィート以下、180ノット以下に制限して使っていると。
c0015444_16144635.jpg
【写真:読売機「みらい」の開閉式撮影窓。左の切込み部】
この開閉式撮影窓。今でこそ「みらい」にしかついていない装備ですが
朝日の「はやて」や産経の「オーロラ」にも付いていた装備。
セスナのサイテーションには特注で朝日が最初に導入した
サイテーション500にも付いていました。
c0015444_17590363.jpg
【写真:新聞社初のジェット機 朝日「はやて」】
c0015444_18000660.jpg
【写真:開閉式撮影窓。この機体は横浜新聞博物館で展示中】

朝日新聞の560「あすか」は開閉窓の代わりに、望遠レンズも振りやすい
大型光学ガラスが入った撮影窓が同じ位置に取り付けられています。
でも、この大型撮影窓も与圧の関係からか、使用高度には制限があったように
思います…。
c0015444_03352215.png
【写真:朝日新聞デジタル:奥の望遠レンズ構えている窓が大型光学ガラス撮影窓:これは開閉しない】
今では読売タイプの開閉窓。FAAが許可しなくなったと言う話も(?)
聞きます。
ちなみに毎日と共同通信が共同で運用しているサイテーションCJ2
には構造上取り付けられません。
中日新聞のリアジェットも開閉式窓は装備されてません。
補強したりFAAの審査通したりと何かと大変なので、開閉式に
しなかったんじゃないでしょうか。

飛行中も窓が開けれるジェット機は読売の「みらい」が
最後にになるんじゃないかなぁ〜



[PR]
# by pressaviation | 2014-12-15 15:40 | 新聞
注目を集めた小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載した
H2Aロケット26号機が(2014年)12月3日午後1時22分、
種子島宇宙センターから打ち上げられました。

報道各社報道には力が入っていました、新聞は
夕刊を気にしない時間での打ち上げだったので
じっくり取材できたようです。
天候不良で2度打ち上げが延期になっていたので各社準備万端で
臨んだようです。
c0015444_03111898.jpg
【写真:左から毎日、読売、朝日】

新聞では
読売がサイテーション560「みらい」を羽田から投入。
読売新聞のスチールカメラとビデオカメラ、
NNN(鹿児島読売テレビのカメラ?それとも日テレ?)ニュース用の
ビデオカメラが乗っていたようです。
c0015444_03162271.png
【写真:NNN:読売機「みらい」から。ちょっと遠いかな〜】
c0015444_03173319.png
【写真:読売プレミアム:読売機「みらい」から】

(NNNのニュースを見ると1カット、高度500m付近にまばらにある
雲の下からの空撮もあったので福岡・FBSのC-2も飛ばしたのでしょうか?)
c0015444_03194262.png
【写真:日テレ系はヘリも飛ばしてる!?福岡からかな〜?】

毎日新聞はサイテーション525CJ2「希望」を投入するかと思いましたが
EC135での空撮だったようです。でも、なかなか迫力のあるリフトオフ後の
写真を一面に掲載しています。

すごい体制で臨んだのが朝日新聞。
期待はサイテーション560「あすか」
「あすか」独特の装備、
コックピット後方の大型撮影用光学ガラス窓から
200mmと500mmレンズを使いスチール撮影。
ドア下部のもう一つの撮影用光学ガラス窓から
ビデオとスチールを撮影(多分このスチールは写真部じゃない…)
さらに、この航空取材の裏側を撮影しているデジタル朝日新聞の
ビデオカメラが機内に一つ。
c0015444_03352215.png
【写真:朝日新聞デジタル:秀逸。ココまで航空取材の様子を見せたのは見た事無い・笑】
これだけ見ても、気合の入りかたがわかりますが
デジタル朝日新聞のサイトでは打ち上げの生中継を
リポート付きで、打ち上げを地上数カ所、「あすか」からの空撮を
繋いだハイライト動画もアップしてます!さすが、「科学の朝日」
c0015444_03213031.png
【写真:朝日新聞デジタル:近い…動画からです】
いよいよ新聞社も動画で生中継する時代になったか…
(中継、編集ののクオリティーはまだまだですが・笑)

さらにサイトにはこの日の空撮をどう行ったか
コース図や「あすか」の紹介などの動画が満載のページが登場。
興味深いですな〜

動画を見る限り読売機「みらい」は発射場北側、飛行制限空域外の
高度およそ8000fあたりで空撮。VFR限界高度付近ですね。
朝日機「あすか」は発射状南西の飛行制限空域外、高度5500f付近で
撮影を行ったようです。この辺の朝日と読売の調整はやるのかな〜?
発射場から海側に広がる飛行制限空域の上限高度は59,000f
さすがにサイテーションもココまでは上がれない。
まぁIFRじゃ撮影は難しいでしょうしね。

ビデオを見るとH2Aが上昇するのを追って「みらい」も「あすか」も
左翼を上げて撮影窓を上方に向けています。が、朝日のビデオの最後のカット
バンクは70度越えてるんじゃないかな?!
c0015444_03145272.png
【写真:朝日新聞デジタル:すごいバンク!!】
はやぶさ2が戻ってくるのは2020年
その時はどんな取材合戦が繰り広げられるのかな?



[PR]
# by pressaviation | 2014-12-05 02:36 | 新聞 | Comments(0)
報道によると(2014年)10月26日愛媛と広島を結ぶ
「しまなみ街道」で、開催された国際サイクリング大会で、
橋の連結部を覆うマットがめくれ上がり、自転車に乗っていて転倒した
男女2人がけが、その際、現場付近では、毎日新聞の取材ヘリ
EC135「きぼう」=JA30MPが高度を下げて飛行中で、
警察が関連を調べているそうです。
c0015444_17341623.jpg
【写真:毎日新聞大阪ベースのEC135「きぼう」=JA30MP】

事故が起きたのは26日午前9時10分ごろ、しまなみ海道の来島海峡大橋で
橋の連結部を覆うマットがめくれ、それに当たって転倒した2名が怪我。
c0015444_17433560.png
【写真:FNN:事故を伝えるニュースから】
毎日機は取材中パイロットが転倒する自転車がいる事を把握、本社に通報後
毎日新聞側から運営サイドに申し入れがあったそうです。

このへんの対応は素早かった。

めくれ上がったマットは重さ13kgで縦1.8m横1.1mで
橋の連結部に磁石ではりつけられていて、当日は強い風などは吹いていなかった
そうです。
c0015444_17360079.png
【写真:FNNから:めくれ上がったマット】
FNNのニュースによると、マット裏側は両端に磁石が貼られて密着出来るように
なっていたそうですが、テープ等では固定されていないよう・・・
c0015444_17380369.png
【写真:FNN:めくれ上がったまっとは磁石のテープが橋に貼られ連結部の金属に密着】
Googleストリートビューによると橋の連結部は下から風が吹けあげそうな構造に一部なっているようです。
c0015444_17372657.png
c0015444_17372013.png
【写真:Google:来島大橋車道ストリートビューより】

当時毎日機は付近の小型機を避けるため一般的な最低高度150mから
ちょい低い高度120m付近を飛行していたそうです。
付近の小型機というのも、TVか新聞の取材機でしょう。

毎日機の橋からの距離がわかりませんが
ヘリのダウンウォッシュが影響するとも
しないともこれまた断定できないでしょう。
ただ、ものが吹き飛んでしまって側に巨大な扇風機があるとやはり
疑いたくはなります。特に自転車は風に弱く不安定ですし、注意が必要でした。
高度120mと言う事で航空法違反の疑いうんぬん言っているところも
ありますが、またこれもすこし話が違うような気がします。
橋の路面からどれだけ距離をとっていたか、不安を与えない距離だったか
怪我をされたかたの対応をきちんとしつつ、考えないといけないかな。

たまには訓練で、パイロット、カメラマンが地上で
自社のヘリの風影響、音の大きさを体感する事も必要なんじゃないでしょうか。
新聞航空部でそういう事をやっているのは聞いた事無いですし。

ヘリは低いところを飛べる便利な道具です、低いところを飛んで役に立つもの
最低高度やなんやかんやで本来の能力がいかせなくなるような事象は
業界挙げてなくすようにしないといけませんね。

あと、次回のこのようなイベントでは、
橋脚の連結部は下から風も吹き上げるのでやはり薄い磁石で一部固定するだけではなく
テープでの固定も必要でしょうね、ヘリがいなくても
海の上の橋は上下に風が抜けますから。

楽しみにされていたであろうせっかくのイベントで怪我をされたかたには、
お見舞い申し上げます。
c0015444_17433525.png
【写真:FNNニュース】





【毎日新聞10月27日の記事:毎日新聞サイトより】

サイクリング大会:転倒でけが人 本社ヘリとの関連調査


 愛媛、広島両県を結ぶ「しまなみ海道」で26日、国内最大級の国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ」(両県など主催)が開催され、約7300人が参加した。大会本部によると、午前9時15分ごろ、54歳の男性と45歳女性の2人が、来島(くるしま)海峡大橋を走行中、めくれ上がったマットに当たって転倒した。男性は転倒した際、右手靱帯(じんたい)を切るけがをし、女性はひじなどに擦り傷を負った。 マットは橋の連結部分に滑り止めとして敷いてあったもので、重さ十数キロ。当時、近くを軽飛行機と毎日新聞の取材ヘリが飛行中で、ヘリは軽飛行機を避けるため400フィート(約120メートル)に高度を下げていた。ヘリの気流でマットがめくれ上がった可能性もあり、愛媛県警が関連を調べている。

 大会は今治(いまばり)−因島(いんのしま)北IC間46キロの高速道本線を通行止めにして開催され、32の国と地域から参加者があった。

 毎日新聞社長室広報担当の話 本社ヘリコプターからの気流で事故を招いた可能性があり、負傷された方に申し訳なく思っております。事故原因の調査や捜査には全面的に協力します。


[PR]
# by pressaviation | 2014-10-28 17:32 | 新聞 | Comments(0)
子供の頃、新聞社のパイロットになりたかった(変わり種)私ですが
夢破れてまぁパイロットにはなれず・・・
しかしおじさんになって密かに持ってる夢がライセンスを取って
引退している頃には単発自家用機のオーナーになる事。

とはいっても本当はエンジン一つはあんまり好きじゃないのです
旅客機だってETOPSはきらいです。
今のエンジンは止まる事ないといっても、やっぱりね〜
単発より双発のほうがいい。3発あると尚更良い…。
でも、個人で双発機なんて
絶対無理なのもわかってる訳ですよ〜私のか稼ぎでは。。。

そんな私にぴったりの単発小型機がシーラス!
4人乗りの単発小型機。
c0015444_06291286.jpg
【写真:netから/かっこいい〜】
グラスコックピットに、スロットルはセンターペデスラルからはえている!
セスナ172のスロットルみたいにチャッチくない!
操縦桿は無くエアバスのサイドスティックを安ーくしたみたいなやつで
操縦します。(これはあんまり好きくない・・・)
c0015444_06291701.jpg
【写真:netから/グラスコックピット=好き/スロットル=レバー式で好き/サイドスティック的な操縦桿=あんまり好きくない…】
しかーし、この機体エンジンが止まってもパラシュートでふんわり降りれるのです!
素敵じゃないですか。
以前海外で撮られた動画をみるとかなりふんわり降りていきます。

【画像:YouTubeから】

でも、このパラシュート。台風みたいな風が強い時はやはり大変なようです。
台風19号が接近中の(2014年)9月12日。
鹿児島でこのシーラスがパラシュート降下したようです。
おそらく日本初じゃないかな飛行機がパラシュート降下したのは・・・

この機体Nナンバー。なんとサイパン国際空港から韓国、金浦空港への
フェリーフライト中だったようです。
c0015444_06331848.png
【画像:flightaware.com】
なんと先月カリフォルニアのマーセド?を出て、ホノルルを経て
キリバスのボンリキ空港〜サイパンへたどり着いています。
で、12日に金浦空港へ、向けて離陸…
台風が近くにいるってのになにやってるんだか?
しかも沖縄とか、鹿児島とか、小笠原沿いに北上して日本のどっかで給油するとか
すればいいのに、フライトプランでは一気に金浦空港まで飛ぶ計画だったようですね。
c0015444_06331574.png
【画像:flightaware.com】
直線距離で1,937nm。この単発シーラスSR20(N176CD)の航続距離は
625nm。飛行時間は10時間13分とリンドバーグもビックリ!!

機内にタンクやら、手動ポンプやらいろいろ入れてたんでしょうけれど
残念、鹿児島県指宿上空でパラシュートのお世話になる事に。
事故は12日午後2時過ぎ。当時の指宿市周辺は台風19号が
接近中で、最大瞬間風速20メートル、暴風警報が出ていたそうです
さすがにパラシュート開いてもふんわりとはいかなかったようです。
地元局のニュースによるとしっかりパラシュートが映っています
よく見ると、前席右側に増設タンクらしき物もみえますね。


フェリーフライト専門のパイロットいるそうですが、いや〜今でも
こんな冒険飛行する人がいるんですね。
保険きくのかな〜こんな事故。

でも、台風接近中の悪天候でもシーラスのパラシュートは
十分機能する事はわかった。やっぱりシングルエンジン機買うなら
パラシュート付きにしよう!いつになるかわかりませんが。



[PR]
# by pressaviation | 2014-10-14 06:44 | 飛行機話 | Comments(0)

さよならJEX

JEX(JAL EXPRESS)が9月30日で1997年から続くその歴史に
幕を下ろしました。
10月1日からはJALに統合されます。

設立当初からしばらくは737ー400に機材を統合、赤ジャケ、短めのスカート
CAさんの事はスカイキャストとよんでいました。
同じ737一機種で運航しているアメリカのサウスウェスト航空をお手本にしたとか
言われていなかったっけ?

CAさんは若くてかわいい子が多かったような気がしたなぁ
そりゃもう乗るのが楽しみでした(笑)
コストダウンを目指して作られた会社だから大変だったでしょうけど。

鶴丸、日本航空とは一線を画すカラーリングと社風だったと思います
そんなJEXもJALとJASが統合されると、737に加えJASのMD81なんかも
飛ばした時期がありました。

制服もスカート丈が伸び(残念)JALの制服に統合され(残念その2)
赤にグレーのラインがはいった大胆なカラーリングもアークになっちゃった…
徐々に個性が失われていったかな〜

以前は大阪が本社だった事もあって、機内で子供に飴をすすめるとき
「ボク〜、あめちゃん食べる?」とCAさんが言っていたのを聞いて
関西っぽ〜いと一人笑ったことがありました。

そうそう、日本初の女性機長もJEXから誕生しましたね
737−400はJTAに移管され、新世代機737-800をそろえましたが
カラーリングはJALと一緒。JAL EXPRESSの文字は入っていたけれど
利用客は意識しなかっただろうね

若くて元気があって好きな航空会社だったけどな〜
最後の日は「JEXさよなら会」があったんだそうだ。

JALでもみなさん頑張って!
c0015444_03413641.jpg
【写真:P.A/JEX初代のカラーリング737-400@FUK】
c0015444_12181342.jpg
【写真:毎日新聞/羽田から仙台へ向かうJAL機】
震災後、仙台空港からのJAL便一番機もJEXでしたね。


[PR]
# by pressaviation | 2014-09-30 23:20 | 飛行機話 | Comments(0)

御嶽山突然の噴火

長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067m)が9月27日突然噴火
週末を楽しんでいた登山客が巻き込まれ死傷者が出ています。

噴火したのは27日11時53分。突然の噴火で山頂付近の登山客は
灰や火山弾を浴びることになりました。
陸上自衛隊を中心にヘリ等での救出活動が続いているようです
山小屋等に避難、孤立したかたは救出もすすんでるようですが
行方不明者の捜索は難航しているようです。

新聞・テレビ各社は直後から取材飛行を開始
紙面で確認できたものでは毎日新聞がサイテーション525「希望」
(「希望」はこの日羽田空港の空の日イベントで展示中だったはず、急遽展示を
取りやめてたかな)
中日新聞はEC135「おおづる」、朝日新聞はアグスタ109SP「ゆめどり」
読売もヘリで空撮をおこなっています。
c0015444_03262761.png
【写真:中日新聞Web】

ネットにアップされている動画を見ると22倍レンズながら
×2倍のエクステンダーを入れて撮影した動画は安定して鮮明です。
撮影は通常の1/30で撮影されているようですが、高速シャッターを
入れれば静止画で切り取っても十分使える画質が得られると思います。
やはり、これからの新聞社のヘリにも防振TVカメラ入れるところが
増えそうな気がしますが・・・
c0015444_03282181.png
【写真:朝日新聞Web/エクステンダー入り?引き一杯?/22倍×2倍エクステンダー付き】
c0015444_03293186.png
【写真:朝日新聞Web/最大ズーム?(エクステンダー入り?)シャッターは入っていないようです…】


3000m級の山での救助活動、ヘリは陸自のUH60があたっているようです
増槽付きUH60はさすがの活躍ぶりです。NHKがとらえた画像を見ると
稜線に着陸しているように見えますが、尾輪をみると全ての重さは
かかっていないようです。主脚だけちょっと接地させてコレクティブレバーは
ちょい引いているかんじでしょうか?さすがです。
c0015444_03293686.png
【写真:NHKより/NHKのカメラは46倍×2エクステンダー付き/凄い寄れてます】


一刻も早い救助、終息をお祈りしております。


[PR]
# by pressaviation | 2014-09-29 03:26 | 新聞 | Comments(0)
日本の航空界を黎明期から支えてきた日本の新聞航空部
近年は予算削減の流れの中、航空取材体制も縮小の一途であります。

産経新聞は早くに自社パイロットによる航空機の運用を止め、固定翼も
サイテーション501の退役をもって運用終了。
昔から羽田を使ってる実績から今でも格納庫を置いているものの
中にはEC155とEC135のみで
運航は東邦航空さん。。

朝日新聞は報道専門の使用事業に乗り出し
毎日新聞は共同通信と、サイテーションCJ2とEC135を共同運用中
(大阪では産経新聞と共同通信がEC135を共同運用)
読売新聞はサイテーション560を日テレと共同所有し運航している。

今ある機体はまだ予算がある頃に購入した機体がほとんどですが
そろそろ更新する機体を考えないといけない頃ではないでしょうか?

新聞社の機体で唯一旧レジ、1988年登録の朝日新聞AS355(JA9681)は
なんと、日本初登場AW169に2016年バトンタッチ予定。
【写真:アグスタウエストランド/AW169】
既に運用中のAW109SPに続いて防振ENGも載る予定だ。
機体が4.5t級と大きいのでついでにテレビ朝日の中継機材が載ったりして?
この辺が注目かな?テレ朝との共同運用というか、東邦航空に代わっての
ヘリ契約・・・もしそうだったら東邦航空さんは戦々恐々だね?

新聞とテレビのカメラマンが一緒に乗る機会も各社増えるのかな?
毎日新聞とTBSは資本関係がそれほど強くないので、なさそうですけれど・・・

テレビ局の取材ヘリは機材も重いし、防振カメラもいるし、中継アンテナも
付けるの面倒です。でも、ヘリサットとか出来るとマイクロ基地局も気にせずに
中継できるようになるので、可能性はありますね。
でも、そうなると最低でもAW169かAS365級じゃないとちょっとつらいか。

読売新聞古参はBO105。
c0015444_04513777.jpg

【写真:頂き物/JA134Y 宙返りも出来るぞ!Super5】
まぁEC135を2機運用してAS365も持っているから
次も、135なのかなぁ〜
双発からシングルエンジンにスペックダウンする事は無いだろうけれど
パーツが高いエアバスヘリコにするか
日本法人を立ち上げたものの今ひとつアピールが足りないような
気がするベルのN類429にするか・・・?
c0015444_05431464.jpg
【写真:Bell/引き込み脚バージョンもなかなかいい】

ドクヘリ先行気味のBell429、音も静かだし報道でも使えるよね?
アグスタは…朝日の真似はしないと思うから無い??
BO105(JA134Y)の後継はB429かEC135ってところでしょう。

意外ですが読売新聞はBell47(古ーい)以来ベル機を飛ばしてません
朝日、毎日がベル206を使っていた頃読売はヒューズ500でした
【写真:P.A./JA9124 Bell 206B】
c0015444_06511682.jpg
【写真:川重】
朝日、毎日がAS355、350を使っていた頃、読売はBO105でしたしね。

読売も中継機材は積まないにしても、防振カメラは積んだらどうかな?
最近は騒音も厳しいし、災害現場じゃ低い高度は飛びにくいでしょうから。
HDビデオ動画にシャッター入れて切り取っても
新聞2段ぐらいの静止画にはなるけれど
いっその事4Kのデジタルスチルカメラをジンバルに入れちゃうかです。
レンズ何ミリが入るんだろう?
c0015444_05471612.jpg
【写真:netから/これはシネマEOSのEFレンズ30-300mm】
300mmじゃちょっと短いかな?
でも、コントロールパネルをみると、
動画のフレーム数、シャッタースピード、感度、ホワイトバランス
オーディオ設定なんかも出来るようです。
c0015444_05500137.jpg
【写真:netから/右側が防振ジンバル、左がカメラ設定のリモート】
これで動画もスチールもブレずに撮れます
もっと寄りたければ、クロップで切り取ることも出来ますね。
どうでしょう?朝日さんか読売さんこのシステム。

さて、忘れてはいけない中日新聞さん
ヘリは117C-2にEC135と充実のラインナップ。
c0015444_06535633.jpg
【写真:P.A./JA02CP おおづる】
1998年登録のリアジェット31が同社の最古参
導入後インマルサットの衛星電話を付けたり改修してるし
サイテーションより大きい特注撮影窓も使いやすそう
東京オリンピックまでに買い換えるか?

読売新聞&日本テレビ運用のC560アンコール、日本テレビ的には
防振カメラが欲しいでしょうね。ぶれぶれの手持ちカメラじゃつらいし。
c0015444_06541133.png
【写真:日本テレビ】
でも、Jet機にシネフレックスとか付いた機体は見た事ないし、
固定翼に防振レンズ付きは双発プロペラのこれはしか見た事無い。
c0015444_05033020.jpg
【写真:altair.com.pl/Diamond DA42の機首に…スピード制限は無いのかなぁ】
空自のU125には機首のレドームに格納式の赤外線暗視装置を
付けれるけれど

ジェットに防振カメラ付けるにはどうすりゃいいんでしょうね?

トップガンの空撮や、ボーイングのAir to Airの撮影している
c0015444_05141636.png
【写真:netから/Clay Lacy’s Astrovision camera systems
ペリスコープだからAir to Groundはちょっと無理だよね?

機体も560アンコールじゃちょっと小さい?
XLSか最新LATITUDEぐらいないとね。
c0015444_05163611.png

【写真:Cessna/560より太い胴体最新機 LATITUDE】
でも、おすすめは今月スイスでロールアウトした
ピラタスのジェット機!PC-24

キャビン6〜8席、巡航速度787km、最大離陸重量8,050kg
最大航続距離3,610km(4人)
890万ドル(9億円ぐらい)
c0015444_05183755.jpg
【写真:PILATAS/2014年8月1日ロールアウト 頑丈そう】

広ーい後部のカーゴルームに防振カメラ席作ったりして
なんか丈夫そうでカッコいいんだけれど、どうかな?

あと、AW609はどうだろう?
航続距離1,390km
最大速度509km/h
IFRでかっとんで現場所空ではVFR、ヘリモードで右旋回でヘリの輪に入って
取材。固定翼機は高い高度から左旋回だからねー
c0015444_06151378.jpg
【写真:アグスタウェストランド/AW609】
問題は嫌われているのが、オスプレイなのか、パワードリフト機なのか
(このパワードリフトって名前なんとかならないですかね)

昭和7年、朝日新聞はオートジャイロを導入した新し物好き。
ヒコーキにオートジャイロ、ヘリコプターそしてパワードリフト機
どこか導入しようと思っているところはあるかな?
アグスタ好きの朝日さんどう?広いエリアをカバーしなきゃいけない中日さんとか?



[PR]
# by pressaviation | 2014-08-26 02:50 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31