<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

スターフライヤーが自社格納庫を北九州空港南側に建設する事を
発表しました。
空港ビル会社が建設して貸すという話もあったと思いますが
自社での建設となりました。
敷地面積は約8,400m²結構広いですね〜
と言う事は。。。 格納庫自体は当初約5000m²を予定していましたが
ちょっと大きくなるんでしょうか?
c0015444_137238.jpg

【写真:北九州空港南側を望む。建設予定地は共立航空格納庫の向こう側かな】
既にA320のフルフライトシミュレーターも購入しているので、訓練施設なども
設置されるんでしょうね。

心配なのが敷地が空港南側ということ
ただでも飛行機を見る場所が少ない北九州空港、
空港南側、毎日新聞、佐賀航空などの格納庫が並ぶ先にある
私のお気に入りのスポットが無くならないといいのですが
c0015444_1395022.jpg

【写真:ここの土手の上はなかなかいい感じで写真が撮れます。。フェンス邪魔ですが】

でも空港島が賑やかになるのはいい事です。

航空博物館併設・・・とはならないかぁ〜、私の希望でしたが。。。


ーー
【スターフライヤー・プレスリリース】
平成24年8月22日

格納庫の建設に関するお知らせ
当社は、平成24年8月22日開催の取締役会において、下記のとおり格納庫の建設を決議しましたのでお 知らせいたします。

1.格納庫建設の理由 格納庫の建設については、「中期経営戦略の策定に関するお知らせ」(平成24年5月11日公表)にあり
ます中期経営戦略(2012~2014年度)においても計画しておりましたが、この度、運航品質ならびに 整備品質の向上を図るとともに、事業規模拡大のための各種要件を総合的に検討した結果、その建設 を決定いたしました。
2.格納庫建設の概要
(1)所在地 : 福岡県北九州市小倉南区および福岡県京都郡苅田町(北九州空港南側を予定)
(2)敷地面積 : 約8,400m² (3)総投資額 :約13億円(資金調達方法は自己資金および借入金等) (4)供用開始 :平成25年11月(予定)

3.今後の見通し
当該格納庫の建設に伴う当期業績に与える影響は軽微であります。 今後、業績に重大な影響を与えることが判明した場合には速やかにお知らせいたします。
以上

[PR]
by pressaviation | 2012-08-29 13:14 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(2)

Neil Armstrong: 1930-2012

RIP,Neil.
c0015444_1412027.jpg

【写真:NASA】
c0015444_141216.jpg

【写真:NASA】
[PR]
by pressaviation | 2012-08-25 23:35 | そのほか | Comments(0)
報道によると福岡市の大濠公園で1日夜あった
西日本大濠花火大会を取材していた
朝日新聞社(福岡ベース)のヘリコプターに、
地上からレーザー光線が照射されたそうです。
花火大会の主催者によると、レーザー照射の演出は
していないそうなので、市販のレーザーポインターでしょうか。

朝日新聞社は1日、重大事故につながるおそれもある
悪質ないたずらだとみて、国土交通省大阪航空局福岡空港事務所に
報告したそうです。
c0015444_17524435.jpg

【写真:レーザー光線を受けたのがこの機体かどうか分かりませんが、通常西部はAS355】
朝日の紙面によると〜
「照射は花火打ち上げが始まった午後8時ごろから。
大濠公園周辺を旋回中の本社ヘリの
男性操縦士(51)が、公園北部の大手門や西部の鳥飼付近の2カ所から緑色のレーザー光線
が照射されているのを確認した。操縦士は手や書類で遮ったが、計3回、目に入った。

国交省によると、レーザー光線が操縦士の目に入るなど運航に危険が生じる行為があった
場合は航空法に基づき報告義務がある。警察の捜査の対象になる場合もあり、威力業務妨害
や軽犯罪法違反容疑にあたる可能性も出てくるという。 」[朝日新聞]2012年8月3日


打ち上げ花火の空撮はかなり離れた距離から行うはずですが
レーザーポインターの到達距離は想像以上に長いんでしょうね。
[PR]
by pressaviation | 2012-08-20 21:50 | 新聞 | Comments(0)
8月15日 香港の活動家が乗船した「啓豊二號」が
沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に上陸。
同船には香港のテレビ局のリポーター、カメラマンも乗船
ネットを通じて生中継を行っていた。
リポーター、カメラマンも出入国管理法違反(不法入国)で現行犯逮捕された。

▼▽

テレビはANN系の琉球朝日放送とJNN系列の琉球放送が
ヘリで空撮。上陸の様子を伝えています。

両社とも防振カメラ付きの専用ヘリは契約していないので
チャーターしたヘリからENGカメラを担いだ状態で撮影したようです。
手ぶれを抑えるのにカメラマンは大変だったでしょう。

両局とも映像は秀逸で、上陸前海保が強行接舷している様子
巡視船が抑制した阻止行動をとっている様子、先に上陸し
待ち構えている警察、入管職員などをとらえています。
上陸前後の一部始終がよくわかる映像です。

沖縄では最後発の琉球朝日放送。実は琉球放送の資本も入っていて
この二つの局は同じ社屋に入居しています、
琉球朝日は報道などを除く業務を琉球放送に委託している、珍しい形態の放送局。

映像をみると撮影は別々に行っているようですが、どちらかの局が
ヘリで空撮をしようとする情報はつかんでいたのかもしれません。

午後2時21分頃、接続水域に進入した香港の船は
午後3時51分頃,日本の領海に入り
午後5時頃には尖閣諸島・魚釣島沖に達し、海保は強行接舷などを
試みています。海保の船は機関砲も装備していますが
映像を見ると、砲は船首を向いたままで威嚇にもつかわれていない
抑制が利いている、阻止行動です。

午後5時35分頃、浅瀬に乗り上げ活動家達は上陸し、
その後警察に逮捕されています。
c0015444_21363962.jpg

【写真:16日朝刊各紙・朝日は琉球朝日放送、毎日はTBS(琉球放送撮影)から】
上陸するちょっと前に、読売新聞のサイテーションが上空に到着
機体は羽田の560「みらい」ではなく、大阪の525CJ1「てんくう」だったようです。
新聞社では唯一現場で空撮を行っています。

航続距離約2500kmのCJ1だとおそらく伊丹を離陸後那覇か石垣で給油
その後尖閣上空へ向かったのかな
現場到着は上陸ギリギリのタイミングだったようです
午後5時35分上陸を始めた活動家を撮影した写真が16日の紙面に掲載されています。

その後も現場空域にとどまり午後6時46分
岸から離れた香港船を海保が本気の停船措置で停められている様子も撮影している。

この読売の写真は世界にも配信され、中国紙も掲載しているようです。
c0015444_21195895.jpg

【写真:事件を伝える中国の新聞】
読売新聞は日本テレビと羽田配備のサイテーション560「みらい」(JA560Y)を
共同所有
していますが、今回は大阪の「てんくう」(JA525Y)がつかわれた為
NNNのカメラマンは同乗していなかったようです。
日本テレビは読売新聞が撮影した動画の提供を受け16日のニュースで使用しています。
ちなみに、沖縄には日本テレビ系の局は無く、日テレは支局を置いています。

JA560Yは検査中かな??それとも、羽田からだと間に合わない
タイミングだったのでしょうか。いずれにしろ今回は読売の圧勝でした。
(ジェットを2機保有し余裕のある機材運用のなせる技でしょうか)

先日命名式を終えた毎日新聞と共同通信の新鋭ジェット、
サイテーション525CJ2「希望」(JA516J)

翌16日も飛んでいないようです。実戦配備はまだなのかな?

朝日新聞も15日は空撮は無し。16日にサイテーション560「あすか」(JA002A)
飛ばして同日の夕刊に曳航される香港船を空撮。

NHKは放送局で唯一那覇に防振カメラ付きのヘリEC135を置いていますが
15日の空撮は行っていません
中日新聞もリアジェットでの撮影は行わなかったようです。

今回は海上保安庁適用の写真を使っている新聞、テレビ局もありますが
上陸時の海保提供の写真は無いようです。

普通の人が行く事が出来ない海の上の出来事、航空取材が威力を発揮した出来事でした、
この映像が見る事が出来なかった場合の事を考えるとちょっと恐いですね。

固定翼の運用を止めた産經新聞の系列フジテレビも読売の空撮写真を
16日のFNNニュースで使用しています。
コスト削減のご時世、固定翼はいらない、ヘリだけでいいと考える報道機関の人も
いるようですがそうでもないですね。
c0015444_21213320.png

【写真:産経の号外・海保提供の写真を使用している】
[PR]
by pressaviation | 2012-08-16 13:14 | 新聞 | Comments(0)
ロンドンオリンピックでの日本のメダルラッシュで
かなり盛り上がっていますが

今年も夏の甲子園が8日始まりました。

今年も恒例、朝日新聞のヘリからの始球式ボールの投下が
行われました。
朝日新聞のサイトに動画がアップされています。
なかなか難しそうですね!


【動画:朝日新聞】

投下したのは新鋭のAW109SPではなく大阪伊丹配備の
MD902「あさどり」=JA01APでした。

伊丹空港を離陸した「あさどり」。
ボールを投下するのは航空センターの整備士さんのようです
なかなかコツがいるようですね。

セカンドベース後方に広げられた朝日の社旗めがけて投下!
今年はかなり来近距離に落ちたようです、
大役を果たした整備士さんもドヤ顔で拍手!!(笑)

お見事でした!

この高さから投下するのは難しいでしょうね〜

ところでこの様子がのっている朝日新聞デジタル
いろんな動画が配信されています。取材ヘリにもHDカメラが
搭載されるくらい朝日は動画に力を入れています。
この始球式ボール投下の動画の撮影、編集もレベルアップしています。

いままでは、スチールカメラマンが撮りましたという動画で
編集も・・・でしたが、専門の人を入れたんですかね〜
最近撮影も編集もうまいです^ ^;
[PR]
by pressaviation | 2012-08-10 20:56 | 新聞 | Comments(2)
毎日新聞の紙面によると、8月9日毎日新聞と共同通信が合同で運用する
固定翼取材機サイテーションCJ2+の命名式が行われました。
c0015444_1336120.jpg

【写真:毎日新聞】
羽田空港の毎日新聞格納庫で行われた命名式では
毎日新聞、共同通信関係者。公募だった名前の命名者の代表が
機体をお披露目。

機体は白いボディーにブルーとシルバーのライン
エンジンナセルに毎日新聞と共同通信のロゴ
コックピット横には「希望」と書かれています。

【映像:共同通信】
この機体は2008年に輸入代理店の日本エアロスペースが登録していたもの
解放窓は無いけれど、ドアの窓は写真撮影用の歪みの無い光学窓を
新しく装備しています。


2012年8月10日毎日新聞記事
合同航空取材:小型ジェット「希望」の命名式…毎日・共同
c0015444_2046374.jpg

【写真:毎日新聞】
 毎日新聞社と共同通信社の合同航空取材用に導入した小型ジェット機「希望」の安全祈願祭と命名式が9日、羽田空港(東京都大田区)の毎日新聞20+件格納庫で行われた。関係者や招待客ら約80人が参列し、命名者代表の千葉県市川市、大学2年、佐藤広明さん(19)らが綱を引いて除幕し、大きな拍手が湧いた。

 佐藤さんは福島県いわき市出身。実家の被害は小さかったが、近所でも海沿いの町は大きく破壊された。命名の理由について「震災で日本は暗く元気がないが、希望を見失わないでという願いを込めた」と話した。

 また毎日新聞社の朝比奈豊社長が「人々に希望を与え、力づけるニュースを数多く届けられるよう活躍を」、共同通信社の石川聡社長は「尖閣諸島などでの取材に威力を発揮することを期待したい」とあいさつした。

 希望は日本全土と近海をカバーできる。合同航空取材は10年10月にヘリコプターを使って始まったが、取材範囲は東日本が中心だった。

c0015444_17125429.jpg

[PR]
by pressaviation | 2012-08-10 20:46 | 新聞 | Comments(0)
朝日新聞、取材航空機の「航空機使用事業」開始
朝日新聞社は航空取材のためにジェット機やヘリコプターを運航する事業を、
2012年3月1日から始めた
新聞社もコスト削減の嵐が吹き荒れているなかで
有料の共同運航による経費削減が狙いだ。

東京本社の航空センターが窓口となり、他の報道機関から、
事件・事故や企画取材のための飛行依頼を受け付ける。
c0015444_14515672.jpg

【写真:朝日新聞MD902「はやどり」とC560「あすか」(右)】
朝日新聞の取材に同乗する場合は、
1時間当たりジェット機サイテーションが35万円程度、
ヘリは機体により20~30万円とする見込み。

朝日新聞の取材とは別にチャーターする場合は利用は、
サイテーションが1時間47万円、
ヘリが25~40万円。

「自社の取材を優先しつつ、共同運航で経費を抑える方法を考えた」
だそうだ。

いままで報道機関の取材機は自家用機との位置付けで
営業利用する場合は国土交通省の事業許可が必要になる。
朝日は2010年12月27日、有料運航が可能な「航空機使用事業」の
許可を受け、2011年2月10日には運航・整備基準に関する国交省の検査に合格。

日本航空界の黎明期、朝日新聞が作った航空会社「東西定期航空会」以来の
航空機使用事業かな?

取材機の運用をめぐっては2010年10月、毎日が共同通信と
東北、関東・甲信越、静岡でヘリの共同運航を開始、
産経も共同通信と提携し、近畿、中国、四国で合同の航空取材を開始している。

朝日も読売東京、中日と2010年10月から、故障などで取材機が使用できない時の
航空写真の相互提供と、整備工具類の相互貸借を開始してる。
[PR]
by pressaviation | 2012-08-07 19:26 | 新聞 | Comments(0)
JA516J Cessna525  CJ1+  格納庫=羽田 登録11年12月19日
 
■2008年3月21日   新規登録日本エアロスペース 岡南飛行場
■2011年12月19日  移転登録 東京センチュリーリース東京国際空港
           慣熟訓練、写真撮影用光学ガラス窓改修
■2012年8月10日   羽田格納庫で命名式
■2012年9月12日 国有翌日の尖閣諸島を空撮・共同通信と共同取材
 12日には領海内に進入した中国監視船を撮影
■2013年11月21日 西之島の南南東500m付近で20日、40年ぶりの海底噴火、新島出現を空撮
毎日はTBSに動画提供、共同通信はフジテレビに動画配信。

■2015年5月28日 口永良部島噴火 取材
■2016年4月熊本地震発生直後 北九州空港を拠点に取材活動
(同年3月に混雑空港に指定された福岡空港の使用を避ける)
■2016年12月3日 ロシアのプーチン大統領来日を前に北方領土を空撮
 (赤外線スチルカメラ、ビデオカメラでも撮影)
c0015444_1336120.jpg
【写真:毎日新聞】

Performance
Citation CJ2+
Maximum Cruise Speed
418 ktas
Maximum Range 1
1,613 nm
Takeoff Distance (S.L., ISA, MTOW) 2
3,360 ft
Landing Distance (S.L., ISA, MLW)
2,980 ft
Maximum Operating Altitude
45,000 ft
Maximum Climb Rate (Sea Level)
4,120 fpm
MMO
Mach 0.737


Avionics & Powerplant
Citation CJ2+
AvionicsCollins Pro Line 21
Powerplant
ManufacturerWilliams International
Model(2) FJ44-3A-24
Power Output
2,490 lb
Time Between Overhaul4,000 hr

Weights
Maximum Ramp Weight12,625 lb
Maximum Takeoff Weight12,500 lb
Maximum Landing Weight11,525 lb
Maximum Zero Fuel Weight9,700 lb
Usable Fuel Capacity

Weight3,930 lb
Volume587 gal
Typically-Equipped Empty Weight 7,980 lb
Useful Load4,645 lb
Maximum Payload1,720 lb
Full Fuel Payload 715 lb
Baggage Capacity
Weight1,000 lb
Volume 65 cu ft

Dimensions
Exterior
Length47 ft 8 in
Height14 ft
Wingspan49 ft 10 in
Wing Area264 sq ft
Cabin
Length 13 ft 7 in
Maximum Height 57 in
Maximum Width58 in
Seating Capacity8 - 9
Single Pilot CertifiedYes

Pricing / Operating Cost
Typically-Equipped Price Please contact a Cessna sales representative for current pricing and availability.
Estimated Direct Operating Costs 3
Cost per Nautical Mile $3.36
Cost per Hour $1,258.67





[PR]
by pressaviation | 2012-08-04 13:36 | 毎日新聞所有機 | Comments(0)
毎日新聞と共同通信社が導入する取材機サイテーションCJ2+の
試験飛行の様子が配信されました。

新聞社と通信社が共同で運用する初めてのジェット機は
セスナ社の代理店、日本エアロスペースが所有2008年3月に登録していた
サイテーション525CJ2+岡南飛行場を定置場にしていました。
比較的新しいこの機体をリースで毎日新聞と共同通信が共同運用
運航は毎日新聞航空部。

当初6月の運用開始がアナウンスされていましたがちょっと遅れたようですね
訓練飛行は国内でも行われていたようですが、
発表された写真を見ると機体のストライプは以前のままですが
左翼とエンジンナセルに「毎日新聞 Kyodo News」のロゴが並んで書かれています。

毎日のヘリEC135は赤青白の大胆なカラーリングですが、
サイテーションは新造機ではないこともあってか
以前からの渋めの細い曲線が機首から垂直尾翼まで入っています。

もともと純粋にビジネスジェットとして使われていたJA516Jですが
報道取材機として改修もされたようでドアについている窓が
写真撮影用の歪みの無い光学ガラスに変えられています。
読売のサイテーション560にあるような開閉式の撮影窓はCJ2には
スペース上装備できないのでついていないようです。

報道によると名前は「希望」に決まっているようですが・・・
あれ?毎日新聞がもっているヘリEC135の名前も「きぼう」
じゃなかったっけ??「希望」と「きぼう」・・・ちょっとややこしいゾ


=毎日新聞記事=
航空取材機:「希望」が都心を試験飛行 
毎日新聞 2012年08月03日
c0015444_1374452.jpg

【東京上空を飛ぶ毎日新聞社と共同通信社の合同航空取材小型ジェット機「希望」=東京都台東区で2012年8月3日午後4時37分、本社ヘリから山本晋撮影】

 毎日新聞社と共同通信社の合同航空取材機として新たに加わる小型ジェット機「希望」が3日、東京都心で試験飛行を行った。

 希望は米国セスナ社製双発機「サイテーションCJ2+」で、巡航速度774キロ、航続距離3000キロ、9人乗り。日本全土と近海をカバーでき、低速で安定飛行が可能だ。

 午後3時50分ごろ、大田区の羽田空港を離陸し、真っ白な機体に真夏の陽光を反射させながら新宿副都心や東京スカイツリー、東京ドームなどの上を飛行。時折、高度を変えたり急角度で旋回し、性能を確認した。


=共同通信配信記事=
共同・毎日合同取材機が試験飛行 小型ジェット「希望」
c0015444_139594.jpg

【東京上空を飛ぶ共同通信社と毎日新聞社の合同航空取材小型ジェット機「希望」。左奥は東京スカイツリー=3日午後、共同通信社ヘリから】

 共同通信社と毎日新聞社の合同航空取材機として新たに加わる小型ジェット機「希望」の試験飛行が3日、東京都心の上空で行われた。

 「希望」は米国セスナ社製双発機「サイテーションCJ2+」で、巡航速度774キロ、航続距離3千キロ、9人乗り。日本全土と近海をカバーできる。低速でも安定飛行できるのが特徴だ。

 快晴に恵まれたこの日午後3時50分ごろ、「希望」は大田区の羽田空港を離陸。真っ白な機体は真夏の陽光を反射させながら、新宿副都心、代々木公園、東京スカイツリー、東京ドームなどの上を飛行し、時折、高度を変えたり、トンビのように急旋回したりして、性能を確認した。



ちなみに以前のJA516J
c0015444_2192818.jpg

【写真:共同通信 サイテーション525 CJ2+ JA516J】
[PR]
by pressaviation | 2012-08-04 13:11 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31