<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LCCの就航が相次いでいます。
ピーチはもう乗りました、ジェットスター・ジャパン
エア・アジアジャパンも乗ってみたいと思う。

安い運賃は大歓迎!

でも、せっかく空を飛ぶのに目の前のシートポケットに
「機内での苦情は一切受け付けません」
「客室乗務員に丁寧な言葉遣いを義務付けておりません」

サービスの簡略化に理解を求めるような
文書が入っていたらどう思うかな?
c0015444_2331439.jpg
【写真:私はもう乗る事は無いスカイマーク機】

スカイマークは
5月中旬から機内に備え付け始めた「サービスコンセプト」
なる文書でこれらを明示。
コストカット→サービス簡素化→客の苦情増加
これに先手を打ったんでしょう。

お客は文句を言うものだと思っているのかね〜
性悪説に基づいた様な考えはお客を馬鹿にしていないかい?

荷物の収納を「乗務員は援助しない」
乗務員の私語を事実上容認、服装やヘアスタイルについても
会社支給のポロシャツなどを着用する以外は「自由」

苦情については、同社のお客さま相談センターか
「消費生活センター」にと呼び掛けているそうだ。

私の会社も、制服は有りませんがそれなりの格好で
出勤、仕事していますよ。必要な時はネクタイも締めますよ

サービス業ではないですが、電話で苦情が有れば対応しますよ
なぜなら会社の看板背負って仕事していると思っているので。。

公務員でも、サービスが求められる昨今、
なんでしょうねこの対応は。

出張が多い人は、バス・電車と同じような扱いの飛行機
でも、空を飛ぶという人の能力を超えた「空の旅」は
もっと楽しくていいんじゃないでしょうか。

飛ぶという事はやはりどこか「非日常」であって欲しいし
それくらいの余裕を持って出張、旅行はしたいものです。

荷物のように運ばれるのはごめんですね
導入すると言われているA380には、コンテナにまとめられて
搭載されるんでしょうか?

まぁ、それもでもいいと思う人は乗ればいいと思うんですが
航空業界をおとしめる「愚行」だと思います。

ホント目を疑うようなニュースでした。残念だよスカイマーク・・・

c0015444_21435541.jpg

[PR]
by pressaviation | 2012-05-31 23:09 | 飛行機話 | Comments(2)
5月21日、国内で25年ぶりとなる金環日食。
新聞各紙は、地上からの写真を多数掲載していましたが、
曇りの場合に備えて取材機からの撮影も準備していました。

読売新聞は曇りだった九州南部上空に飛び撮影を行っています。
紙面によると
金環日食を雲の上から観測取材するため、
サイテーション525「てんくう」(中田浩司機長)を
事前に伊丹から、北九州空港に移動させて準備。
(伊丹空港は早朝の離陸ができないからかな〜?)
午前6時過ぎ、北九州空港を飛び立った「てんくう」は
月が太陽の真ん中を通過する鹿児島上空を取材空域に選び、
高度8000メートルで約20分間直線飛行。
外気温は氷点下30度。厚い雲に遮られて桜島は見えなかったそうだ。

紙面から続けよう・・・
機体左側に欠け始めた太陽を視野に入れながら、(撮影用光学ガラス窓は機体左側のみ)
太陽光を減光するフィルターを付けた400ミリレンズのカメラを構える。
c0015444_12411784.jpg

【写真:読売新聞】
午前7時18分頃、月の縁が太陽と重なって接線から数珠状に光が漏れ出してくる。
金環日食の始めと終わりに見られる「ベイリービーズ現象」だ。

 粒状の光が円形につながり、一回り小さな月が太陽の真ん中にすっぽりと入り込んだのは
7時20分。雲海の上に完成した黄金色のリングに思わず息をのんだ。
再びベイリービーズが出現するまで太陽と月の織りなす神秘のショーは5分近く続いた。

c0015444_1243210.jpg

【写真:読売新聞】
前回の皆既日食ではサイテーション560「みらい」を飛ばした
読売
ですが、今回は大阪ベースの「てんくう」
名前がいいからかな〜?
c0015444_227474.jpg

【写真:大阪空港:C525 CJ1 ご提供ありがとうございました】
560は撮影用光学ガラス窓の他に、開放出来る撮影窓が装備されいますが、
525には光学ガラス窓のみ。でも、低空,低速でしかあけられない窓は
高高度の日食撮影には使えないので、「てんくう」でも問題なかったんでしょうね。

「てんくう」で「天空」のショー撮影。なかなかGOODでした。

ちなみに、私。観れませんでした。。。
[PR]
by pressaviation | 2012-05-22 08:19 | 新聞 | Comments(0)
東日本大震災の津波で大破してしまった宮城県防災ヘリコプター
BK117-C2のかわりに、総務省消防庁からの無償貸与で
来年3月に再配備されるヘリが、宮城県庁屋上のヘリポートに
着陸できないそうだ。

「サイズが大きく、ヘリポートの面積が足りないほか、
庁舎の耐久性を超える恐れがある」そうだ。

総務省が貸与を考えているのはAS365N3+(の新品)
BK117→AS365・・・確かにサイズ若干あっぷするけど
c0015444_1324163.jpg

【写真:東京ヘリポート:AS365N3】
AS365のサイズは全長13.73m
被災したC-2防災ヘリより70センチ増、
重さも4.3tと500Kg増。
航空法の基準だと、ヘリポートが1辺で70センチ不足
耐久力は4トンで、300キロ超過なんだそうだ。

どんだけギリギリのスペックで作っているんでしょうね
防災ヘリでAS365を運用している県は多いし
災害の際は他県のヘリもヘリポート使うでしょ。

まぁ県庁のヘリポートをそんなに使う事もないか?
病院とかだと問題も大きくなるんでしょうけど
でも、せっかくヘリポート作るならもっと余裕を持って
つくらないと税金がもったいないです。

総務省にしてみれば、C-2よりも大きくて新品の365なんだから
「文句無いでしょー」的な感じなんでしょうけど。。
消防庁はC-2は運用してないですしねこれはしょうがない
c0015444_1926887.jpg

【写真:東京ヘリポート:AS365N3】
宮城の防災ヘリは運航は東北エアサービスが
ずーっと契約している。365は運用していないから
要員も総務省が派遣するのかな?

【訂正】東北エアサービスは365運用していました。ご指摘ありがとうございます。

もう一つ別のお話ですが
産経新聞によると
第10管区海上保安本部鹿児島航空基地の
ヘリコプター2機が4~5月、空港事務所へ申請せずに
低空飛行訓練や発煙筒投下をしていたそうだ。

10管は「奄美大島沖での漁船転覆事故などの海難対策に追われ、
申請を失念した。法令を順守すべき機関が、
法令違反をしてしまったことは遺憾」と。。。

海保のヘリも警察、消防のヘリも民間機扱い
航空局は国交省の内局。海保は同じ国交省の外局。

なんとも、めんどくさい話です。

そもそもヘリコプターは低いところを飛んでなんぼの乗り物
だと思うんですが、アメリカと違って
日本では低空飛行はそのつど申請、許可が必要なんだそうです。。。
なんだかねぇ〜世知辛い・・・
[PR]
by pressaviation | 2012-05-17 13:42 | 飛行機話 | Comments(2)
第2次世界大戦中の1942年6月28日に
エジプトのサハラ砂漠に墜落した英国空軍の戦闘機
カーチス P-40 キティホークの残骸が発見されたそうだ
c0015444_3104573.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com】

写真を見るとカラカラの砂漠だけあってほとんど腐食もなく
70年歳月を感じさせないほど原型をとどめている
レストアしたら飛ばせるくらいじゃないかなぁ
c0015444_3114894.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:プロペラもきれいです】

CNNなどによると
発見したのはポーランドの石油会社の社員で
保存状態は極めて良く機体、コックピット内も
きれいに残っている、専門家らは「まさに奇跡」と驚いたそうだ

記録によると当時24歳だった英国空軍の
デニス・コッピング軍曹が搭乗・墜落したそうだ。
c0015444_3124598.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:無線も残っていたそうです】

軍曹はどうしたんだろう。助けを求めて砂漠を
さまよったのでしょうか。。
c0015444_314656.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:パラシュートは日よけに使ったようです】
c0015444_314563.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:コックピット・・動きそう】
カーチス P-40 第二次世界大戦中のアメリカ陸軍の戦闘機
愛称はいろいろあるそうです(ウォーホーク・トマホーク・キティホーク など)
連合国でも使用され、英国空軍でも使われた。
13700機以上が生産されたベストセラー機。
c0015444_3152436.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:塗装もきれいに残っています】
c0015444_3161176.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:カーチスの名前もきれいに残っています】
c0015444_3173778.jpg

【写真:yourtubenews.ning.com:不時着現場は岩場だったようです】
70年の時を経て姿を見せたP-40 
映画になりそうなお話です。
[PR]
by pressaviation | 2012-05-13 03:19 | 飛行機話 | Comments(2)
うちの会社も支給してくれないかな〜iPad

ANAもiPad支給しているんでしたよね、もう〜?
c0015444_22314459.jpg

【写真はイメージ.netから】

以下、スターフライヤープレスリリースより抜粋。
--
日本初! スターフライヤー全運航乗務員が iPad を携行!
~運航乗務員マニュアルを電子化し、日本初の革新的な取組みを実施~

(株)スターフライヤーは、平成24年 4 月より、日本で初めて、全運航乗務員(約 70 名) および運航管理施設(北九州空港、羽田空港、福岡空港)において、iPad を活用した電子規程の運用注)を 開始いたします。
「感動のあるエアライン」の実現に向け、ロー・コスト化を推進し、『ハイブリッド LCC 』として、レガシー・ キャリア、新規 LCC とは異なる新しいサービス形態の航空会社の創造を加速します。
注)関係法令等が整備されるまでの間、運航中の機内では、携帯電話の取扱い同様に電子規程は使用いたしません。

[PR]
by pressaviation | 2012-05-11 22:33 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
おかしいと思うのは私だけでしょうか・・・
融通の利かない航空局のお役所仕事で
せっかくのゴールデンウイークが台無しになった人たちがいました。
c0015444_2194537.jpg


詳細がなかなか分からなかったので、複数の報道から事の経緯を整理すると。。。
ゴールデンウイーク中の5月2日。
羽田空港から那覇空港へ向かう午後8時のANA139便
満席の405人が搭乗を待っていた。

ところがこの139便、座席のリクライニングが壊れ出発が50分遅れた。
定刻だと那覇空港には午後10時35分着
50分遅れると午後11時25分。。。

那覇空港は毎日午後11時から午前1時半まで、
滑走路の路面を整備したり、灯火を点検したりしている
(国土交通省那覇空港事務所の話:沖縄タイムズより)
そうで、到着時は閉鎖されている時間。。

ここで、機長はじめディスパッチ、運航担当者などみなさんいろいろ考えたんでしょう
「滑走路が整備で閉鎖される午後11時には間に合わないが、
向かい風の流れが遅い低めの高度を飛んでスピードを稼いだり
(燃費は悪いよね)、飛行ルートを直線に近づけたりして(RNAV?)
急げば、大幅には遅れない」と機長が判断して羽田を離陸した。

この時点で、ANAも那覇空港事務所と連絡は取ったはず・・・なんだけど。。。

とにかく機長は急いだ、飛ばした。空に制限速度が無くてよかったと思ったに
違いない。(まぁもろもろ制限は有りますが・・・)

向かい風の中、頑張った777-200は羽田空港ー那覇空港間1500 kmを
2時間10分ほどで飛んだ、通常より25分まき!!(速!)

しかし、那覇空港付近に達した時には午後11時を10分ほど過ぎていたため
那覇空港への着陸を断られ、機長はやむなく約30キロ離れた米軍嘉手納基地に
午後11時12分頃着陸した。

那覇空港の閉鎖時間から10分ほどの遅れだった。

139便機内では「(着陸の)1時間前に遅れるって通知したのに
到着許可が出なかったのを、空港側が説明してくれないのは
納得できないと(機長が)説明していた」という(ANNニュース)

那覇空港は深夜に飛ぶ全日空の貨物機やスカイマークの旅客機が増え、
滑走路などの整備の時間に余裕がなくなってきたため、
2009年に那覇空港独自の運用指針を決定。
悪天候などのやむを得ない事情がなければ整備時間は融通しない。
そうだ。今回も、座席の故障は全日空の都合だからと、
指針通りに着陸を断った。(共同通信)

また那覇空港事務所は
「連休中で満員の乗客がいたために出発したのだろう。
特例を許すと歯止めがきかなくなるので認めなかった」(朝日新聞)
とも話している。

そこ迄分かっているなら着陸させてあげなよ〜那覇空港。
血も涙も無いのかね〜たった10分ですよ。
10分ぐらい工事、点検まって作業員の残業代増えたって
それこそ全日空に請求すればいいじゃん!
それぐらい払うよ、全日空は。
10分も待てない工事だったんですかねー

自国の飛行機なのに自分たちの都合でアメリカ軍に押し付けて・・・
全く恥ずかしい。日本の恥だね。

那覇空港の職員で11時で仕事が上がりの人は
残業もせず帰れただろうけど
かわいそうなのは139便の乗客405人です。

嘉手納基地で降りる訳にも行かず
那覇空港の滑走路が開く午前1時半過ぎ迄
機内でずーっと待っていたんだから。。。

那覇空港に到着したのは
3日午前1時43分。
約5時間の思わぬ長旅に、満席の乗客405人からは
「少しも待てない工事だったのか」と不満の声が聞かれた(共同通信)

そうでしょう、もっと怒っていいですよ!

海保の船にぶつけたどっかの国の漁船の船長を
帰す時には空港を運用時間外にあけていたけど
せっかくのGW楽しみにしていた自国の人たちには
この仕打ちですよ。だれからお給料出ているんでしょうね。

橋下徹大阪市長が国交大臣だったら那覇空港事務所の人たちは
大変な事になりますよ。

全日空も「コノヤロー航空局!」って思っているはずですが
許認可事業だから強くは言えないと思うので、
かわりに私が書いておきました。

なんか珍しく怒ったというか、恥ずかしい話です。
[PR]
by pressaviation | 2012-05-09 15:46 | 飛行機話 | Comments(10)
初号機のデリバリーを2014年4-6月期で予定していた
MRJの開発がさらに遅れる事が発表されました。

まぁ、すんなとは行きませんね〜

しかし、いい話も。
MRJの好燃費を支える「PurePower PW1200G」エンジンの飛行試験が始まった。
c0015444_20522080.jpg

【写真:三菱航空機】

エンジンを開発しているプラット・アンド・ホイットニー社が
所有する試験機(ボーイング747SP)に搭載し、
カナダ・ケベック州ミラベルの同社ミラベル航空宇宙センターで初飛行に成功した。

いやー凄いねテストベット機を持っているのは知っていましたけど、
こんなところに翼とエンジン付けちゃうんだ!
c0015444_20525959.jpg

【写真:三菱航空機】

翼と言えばボーイングから発表された737MAXのウイングレットが
すごい事になっています。
-700などのNGシリーズの上に延びすぎた(?)ウイングレッドが
今度は下にも延びています。。。
c0015444_20531656.jpg

【写真:ボーイング】

MD11もこんな感じの翼端でしたけどね。。
[PR]
by pressaviation | 2012-05-06 20:54 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31