<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

航空自衛隊に2機導入された空中給油機KC767
アメリカ空軍の給油方式のフライングブーム方式給油装置をもつ
F15とF2には給油可能だけど・・・KC767には給油できない。
c0015444_2112052.jpg

空自のKC767にはコックピット上の給油口がないのよね。

どうなんでしょ。アメリカ空軍のKC135やKC-10にはあるよね。

ついでに言うと、日本以外でKC767を発注している唯一の国イタリアの
KC767にはちゃんと受け口があるんです。
c0015444_21122011.jpg

あまり遠くに行くといろいろいわれるし、もともと767-200ERベースだから
足は長いもんね、必要なかったのかな~
c0015444_21134726.jpg

イタリア向けの機体はさらにプローブ・アンド・ドローグ方式も
ついているんだって。日本の767にはついていない。。。
まあ、E2Cぐらいしかプローブ・アンド・ドローグ方式は日本にはないか・・・

イタリア向けのKC767Aはいろいろつけすぎたせいで、納入が日本より
遅れているみたいだし、ヨーロッパの戦闘機は
プローブ・アンド・ドローグ方式がほとんどだからね
いろいろ付けないといけないか。。。
[PR]
by pressaviation | 2009-12-20 21:12 | 飛行機話 | Comments(0)
ボーイング787ドリームライナーが12月15日、午前(日本時間16日未明)、
エバレットで初飛行した!

使われたのは1号機。ローンチカスタマーANAカラーに塗られている2号機の
フライトも近いかな?
延び延びになっていた787ドリームライナーの初飛行
これで一気に開発は加速かな?

量産1号機がANAに納入されるのは2010年第4四半期。
c0015444_10555158.jpg
【写真:BOEING】
[PR]
by pressaviation | 2009-12-16 10:56 | 飛行機話 | Comments(0)

宇宙戦艦ヤマト 復活!

時に西暦2009年8月31日(だったと思う)
映画館で久しぶりに映画を観て、出ようとした時
予告のチラシに目が留まった。。「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」

うそっ。。
c0015444_251243.jpg

ヤマトがアクエリアスから伸びた水溜り^^;に沈んで26年。
何度か出ては消えていった「復活篇」話。

今度は本当だったんだ!

38歳、古代進が艦長。古代もアラフォーか・・・私の実年齢のほうが・・・
古代雪・・・よかった結婚してて。いいよな~美人の嫁さんで。
古代美雪・・・娘16歳。ん~個人的には好きな名前。

西崎氏と松本氏が喧嘩しなければどんなキャラクターになっただろう、
その点は残念。

そのせいで制作まで時間がかかりすぎ、古代進の声、富山敬さん、古代守の声
広川太一郎さんはもはやこの世にはいない。
幸いにも、名優、山寺宏一さんが違和感なく吹き替えている。
あっ古代は「俺が・・・・艦長の・・・・」とはいわないかな「私が・・・」でしょ。(コレは台本が悪い)

ヤマトはというと、基本的には以前とデザインは一緒。安堵。
波動砲が6連発だったり進化もしているらしい。
艦首と舷側には錨のマーク。「ヤマト永遠に」のときにかかれてたやつね、
主砲の参戦章はないけど。。
ドメル将軍に壊されたり、ガミラス星の酸の海に解け落ちたりした第3艦橋が
赤から黒になった。

いいね~やっぱりこの艦は。きっと撃たれ強いのも変わっていないよね・・・
c0015444_253816.jpg


おっと、熱くなりすぎた。。。このブログはヒコーキネタのブログでしたね^^;

ヤマトの艦載機は初代が「ブラックタイガー」
c0015444_0532373.jpg

2代目が「さらば宇宙戦艦ヤマト」から
登場の「コスモタイガー2」。コレは今でもかっこいいと思うデザイン!
短い垂直尾翼に下反角がついた主翼。増槽だかミサイルだか分からないものはご愛嬌だ。
c0015444_0442422.jpg

「復活篇」では「コスモパルサー」なる新型が登場。主翼の上や下になにやらでっかい
ランチャーを背負って降りますなぁ。
ん~、他のSFアニメっぽいけどまあ正常進化系かな?
c0015444_0444056.jpg

「ブラックタイガー」「コスモタイガー」・・・猫族の「タイガー」が外れたって事は
グラマン社製ではないね(笑)・・・コスモタイガーもそんな設定ではなかったか^^;

いや~、楽しみにしているよ「ヤマト復活篇」

ただ、プローモーションDVDや、予告の映像を見て凄く残念なことが3つ。

1・主砲の発射音が変わってる!あの発射音は名作ですゾ!
2・森雪じゃなかった古代雪の声優さんが変わっている。。。麻上洋子さんは
松本氏に遠慮してか、オファーを断ったそうだ。。残念

3・やはり「ヤマト最大の不幸」製作者の仲たがい。
あと西崎氏の過去の反社会的な行動は、「ヤマト」を観て育った世代の私には
ショックで残念なことでした。あれほど映画館で感動して涙したのに、
なんだかだまされた気がした記憶が今もどこかに残っているなぁ~

なんだか、いつもと毛色の違う内容の記事でしたが
最後に、出演を断った、雪の声優役、麻上洋子さんのブログのコメント

「ああ、願わくは、共に作って欲しい。
喧嘩相手は、宇宙的には、同志だと思う。」

・・・私もそう思います。「復活篇」観にいきますよ。
公開は2009年12月12日
[PR]
by pressaviation | 2009-12-04 00:51 | そのほか | Comments(12)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31