<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スターフライヤーが12月、3億円増資する。
そのうち1億円をスタフラとコードシェアしている全日空が出資する。
スタフラに既存航空会社の資本が入るのは初めてじゃないかな。
たぶん。
c0015444_2352253.jpg

もともと、予約、発券システム、乗員訓練、機体ハンドリングなど
全日空と提携しているけど、これで結びつきは強くなるかな。
口の悪い人は、「ANAに吸収だね」なんて言いそうだけど、
スタフラの独自性は保って欲しいね。

全日空はAIR DO、スカイネットアジアとは資本も含め、
アイベックスなどの新規航空会社と関係を強化しているね。

スターフライヤーの第三者割当増資は12月。
払い込み終了後の資本金は約60億円になるそうだ。

スタフラはこの増資分を航空貨物や国際線チャーター便などの
事業拡大にあてる予定だそうだ。
[PR]
by pressaviation | 2007-11-24 00:01 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
スターフライヤーの10月の利用実績は、北九州ー羽田線が
平均搭乗率76.8%と相変わらず好調だ!
(前年同月比では16.1ポイント増)
c0015444_226981.jpg

日中便に至っては81.6%
早朝・深夜便は59.2%
(前年同月比では20.2%ポイント増)

9月は全体で80.0%、早朝深夜便も66.3%だけに
これ以上の劇的な増加はないだろうから、今後は増便含めて
総旅客数の増加を目指す事になるのかな。

ある程度、早朝深夜便の搭乗率が上がってきたので
タイミングを見て、休止した早朝の羽田→北九州便の
復活も考えてもいいかも。
SFJの当初の売り文句だったしね。

ところで9月14日に就航した注目の関西ー羽田線
9月は88.4% でしたが、10月も
81.0%とかなり好調。
まだ、割安料金の設定なのでその影響もあるでしょうが
80%台はリッパ!
c0015444_2235935.jpg

[PR]
by pressaviation | 2007-11-22 21:49 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

世界最大の自家用機

9月、アトランタで行われたNBAAで発表された
エアバス・A380のビジネス機。A380VIP。

これぞ世界最大の自家用機!

なんと、1機発注されていて、これまで誰が発注したのか
いろんな噂が流れたけど、
それが、このほどエアバスから発表された!

発注したのはサウジアラビアのアルワリード王子。
c0015444_2033751.jpg
【写真:AIRBUS】
アメリカのシティグループなどの株を持ち大富豪でもある王子は
機内に、ベッドルームや映画シアター、ジム、ジャクジーなどの設置を希望
しているそうだ。
機体価格だけで350億円くらいだから・・・

どんだけ〜!

このA380納入の遅れが問題になっているけど
王子は気にする様子はない。なぜならすでに
ボーイング747-400のVIP仕様を個人所有しているのでした。
凄い・・・

王子は、このA380専属のキャビンアテンダントを15人ほど
募集中だそうです。我こそはと思う方は是非!
問い合わせ先を調べて・・・(爆)

写真はNBAAで発表されたA380VIPの内装例
王子のはこんなものじゃないよね、きっと。
c0015444_20245146.jpg
c0015444_20255411.jpg
c0015444_20264134.jpg

[PR]
by pressaviation | 2007-11-14 19:52 | 飛行機話 | Comments(0)

伊丹 読売格納庫改築

最近読売ヒコーキねたが続きますが・・・
いいんです(笑)いいものもらっちゃったから。。
そんなものです人間心理って^ ^;

大阪、伊丹空港の読売新聞格納庫の改築工事が終わったようだ。
耐震強化もかねた工事で壁面の看板のロゴも新しいものになった
1969年に完成して以来、初の全面リニューアルだって。
以前はかなりくたびれた感がありましたもんね(笑)

c0015444_17435096.jpg
【写真:リニューアル前の伊丹空港格納庫・右から2番目】
新鋭機材「てんくう」と「ヘリオス」に家もピカピカになりました(笑)


新聞社の格納庫と言えば羽田もずいぶん古くなっていますよね~
一時建替え話もあったようですが、羽田空港自体が
整備の最中なんで、もうしばらく今のままかな。
c0015444_17441785.jpg

c0015444_17442985.jpg

c0015444_1751135.jpg
【写真:羽田、読売・朝日・毎日格納庫】
羽田の毎日の格納庫、モノレールから見えるようにペイントが
されているけど、これ
ニッポン号だよ!

この話はまた今度。
[PR]
by pressaviation | 2007-11-10 17:48 | 新聞 | Comments(0)

NAKAJIMAの名が再びF1に!

中嶋親子は凄いね。

F1ウイリアムズの2008年ドライバーに中嶋一貴選手が決まった。
日本人F1ドライバーとしては何人目なんでしょう?
私の中で日本人F1ドライバーといえば一貴選手の父、中嶋悟だ。

c0015444_1611824.jpg

中学生の頃だったかな、キャメルロータスT99で
セナのチームメイトとしてデビュー。あの頃のF1はおもしろかった。
中嶋悟初のモナコGPではシフトチェンジでまめがつぶれた。
(今はクラッチ無しのパドルシフトだけどね)当時の太いタイヤは
華奢でデビューの遅い日本人ドライバーにはキツかった
(今はパワステあるもんね)
それでも中嶋悟の走りを画面で必死に追っかけたな〜。
87年イギリスGP。4位を走ってもらえると、テレビでも見つけやすいねと思った。
89年雨のアデレイドではファーステストラップ。雨のナカジマは3位のパトレーゼを
追い回した。手に汗握ったな〜。
F1界で、日本をしょってたな中嶋悟は。HONDAやスポーンサーのEPSON、PIAA。
これらの企業は中嶋さんの人間性に惚れ込んで未だに中嶋さんがオーナーの
チームをサポートしている。
(だからCMで長澤まさみといっしょに「カラリオ〜♪」なんていっているし・笑)

長年の念願かなって中嶋悟さんとお会いする機会があった
(感激した〜)いい人だったな〜。
リタイヤしたときは「・・・ゴメンナサイ」とカメラに向かっていえるスポーツ選手、
なかなかいないでしょう。

91年引退レース。雨のナカジマは雨のレースでリタイヤした。
パドックには家族がいて二人の息子もテレビに映し出されていたな〜。
その長男一貴がF1デビュー。。。それも父もうらやむウイリアムズから!
小学生の頃は、バイオリンやっているって何かで読んだけど・・・
いつのまにかカートデビュー(眼鏡掛けてたよな当時は確か)。

中嶋一貴選手が凄いのは「オヤジのコネ」を嫌ってカート時代はトヨタ系のヤマハ、
それからトヨタのドライバー育成プログラムに入った事。
スポンサーも父から引き継いだものはない。
親子揃って、昔気質なところがあるよね〜

2007年F1最終戦ブラジルGPでスポットながら10位完走で
既にF1デビューを済ませている中嶋一貴選手。
優勝争いが出来るドライバーになって欲しいな。

16年ぶりにF1でNAKAJIMAの文字がデザインされた白地に赤のヘルメットが見れる訳ね。いやー楽しみだ。
ちなみにウイリアムズでのチームメイトはニコ・ロズベルグ。
お父さんは元F1
ワールとチャンピオン、ケケ・ロズベルグだ。

しまった、ヒコーキの事書くブログだった(笑)
では,中嶋悟とF15について。

F1を引退してからだったかな?確か、千歳のF15に中嶋さんが
乗せてもらった事がありました。(地上滑走じゃないよ)
で、F15ドライバーはF1ドライバーを後席に乗せて
(複座型のDJダネ)派手に空中戦訓練をやったそうだ。
その後も、グルグル、ロールやループ、ハイGターンを
繰り返したそうだけど、
中嶋さんケロッとしてたそうだ。
前後左右のGはF1でもかなりの数値がかかるけど上下のGは
ちょっと新鮮だったみたい。まあ、F1にはGスーツないもんね。

この時、空自が用意したヘルメット。グレーだったけど
ちゃんとレースの時と同じくNAKAJIMAの文字が後ろに
大きくデザインされていました。粋だね〜航空自衛隊^ ^
[PR]
by pressaviation | 2007-11-09 13:38 | そのほか | Comments(0)
ジェット機、ヘリ、両刀使いを目指す方は是非。
明るい未来が待っている・・・というか「あかいラインの“みらい”がまってる」(笑)
c0015444_15422587.jpg

--
応募資格
飛行機(陸上多発)または回転翼(タービン単発以上)の
JCAB事業用技能証明並びに航空無線通信士以上の免許があり、
総飛行時間1000時間以上、東京、大阪、福岡のいずれでも勤務できる方。

--
ん~年齢制限が書いていない、しかも1000時間だったら・・・
といっても応募資格を満たしていないワタシでした><;

応募締め切りは12月17日(月)必着

詳しくは読売新聞HP
[PR]
by pressaviation | 2007-11-08 14:44 | 新聞 | Comments(3)
10月31日に名古屋空港でおこったF2の事故
事故機は製造元の三菱重工で定期点検中で
試験飛行のため、三菱のテストパイロットが、整備後
初のフライトに向かうところだった。

事故機は複座のF-2B(43-8126、平成16年度納入)
パイロットは脱出したけど重軽傷を負った。

名古屋空港には中日新聞社用機の格納庫があるので
おそらく常駐のカメラマンがいたはず。
実際、炎上中の写真を紙面に掲載している。
中日新聞は各地のブロック紙などと提携しているため
他の新聞でも炎上中の写真が掲載されている。
c0015444_21473165.jpg

写真を見ると、事故機は射出座席を使わずに、キャノピーだけを
吹き飛ばして機外に脱出しているね。

More
[PR]
by pressaviation | 2007-11-01 21:36 | 新聞 | Comments(4)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30