<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

まだ、書いてなかった・・・
スターフライヤー1月の登場実績は55.6%。
2カ月連続で6割下回ってしまった。

12月は羽田から北九州、
正月は北九州から羽田に向かう利用者が多いのは解るけど
やはりビジネス客が少ないともろに影響を受けるようですね。

早朝・深夜便の搭乗率は43.7%で、
前月に比べ5.4ポイント低下した。

 スターフライヤーの話では
「2月も同じ閑散期で、搭乗率が低いまま推移するのではないか」

就航1周年を記念して3倍マイルキャンペーンなんかもしているけど
4号機も就航したんだしドンドン打開策を出して行かないと・・・
c0015444_2183872.jpg
c0015444_2185028.jpg

[PR]
by pressaviation | 2007-02-25 02:15 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
コメントでも頂いていましたが
現在はボンバルディアのCRJ-200を使用している
J-AIRがエンブラエル(ブラジル)の 「EMBRAER 170」
導入方針を決定したぞ。
c0015444_0545326.jpg

おお〜国内に新しい機種(発展型じゃなくて)が登場するのって
久しぶりじゃないですか?
確定10機、オプション5機だそうで購入契約を春頃結ぶ。
就航は2008年度。

JALのリリースに
「2009年度以降の羽田空港の再拡張による
発着枠拡大のビジネスチャンスに積極的に対応し・・・」
とある。
羽田にも飛ぶの??ん〜・・・

今、CRJ200を運用しているなら、
そのストレッチ型の-700(64-75 座席)か
-900(86-90 座席)を選択する方が
いいと思うんだけど、なにが決め手になったのかな?
リアエンジンは嫌い?それともQ-400のトラブルに懲りて
ストレッチ型を敬遠したか、ボンバルディア社を敬遠したか。。?

エンブラエルの機体はエールフランスの145に乗った事があるけど
あれは確かシート配列が1−2。細長〜い機体がカッコいいけどCRJに
比べると圧迫間があったなー。
でもこの170は2−2。CRJと同じだ。
CRJがビジネスジェットのチャレンジャーの胴体を利用してい
いるが、170は新設計。初飛行は2002年という新しい機種だ。
c0015444_0551350.jpg

スペックはJALの資料から

「エンブラエル170」
全長29.9 m
全幅26.0 m
全高9.9 m
装備エンジンGE社製 CF34-8
巡航速度(マッハ数)0.82
座席数(標準仕様)78席
航続距離(参考値)約3,100 km

このスペック、三菱が計画しているMJとかぶってますよね
早くは開発していたら・・・需要あったと思うんだけどな〜

とりあえず楽しみにしておこう。
[PR]
by pressaviation | 2007-02-25 00:56 | 飛行機話 | Comments(0)
スターフライヤーが増資、資本金53億9300万円に
 2月23日スターフライヤーは第10次の第三者割当増資を実施した
総額約13億7000万円の払い込みを受け
資本金と資本準備金に約半分ずつ組み入れ、
これで資本金は約53億9300万円となった。

出資は北九州エアターミナルほか、15の法人・個人が
新規に。4法人が追加出資した。

今回の増資は機体の増加に伴う設備費や訓練費、
貨物輸送の開始に向けた費用などに充てるそうで、
貨物輸送は今秋以降の実現を目指す。
c0015444_0125564.jpg

3月と5月にも計12億円程度の増資予定で、
資本金は60億円規模になる。

同じ暮らすの737と違って
スターフライヤーが運用しているA320は
客室下に貨物コンテナをつめるんだけど
今は全く使っていないんだよね。。やっぱもったいないですよね。
[PR]
by pressaviation | 2007-02-24 13:37 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
先日仕事の帰りに宮崎空港を利用した。
宮崎空港で必ずよるのがターミナル2階のお土産屋さん。
地鶏の炭火焼が絶品!あとおいしいアイスクリームもあるんだけど
お目当てのアイスは、前に並んだ
A社のPICとFOが「8個ください」って
残っているぶん全部買われちゃったので私は
買えませんでした><
「そこの若いキャプテンとコーパ−イ!
同じ便のCAさんの御機嫌取りに
差し入れするつもりだろ〜
見え見えなんだよ〜」

心の中で叫びつつ、その場を離れたのでした。。。

「エ〜イ、やけ酒じゃ!3階の「魚山亭」でチキン南蛮食べながら
地ビール飲んじゃうもんね」
と窓から外を見ると、
なんだ、タイガーウッズでもきたのかと思うほどご立派な
Nナンバーのビジネスジェットが!
「ヌァ〜!!グローバルエキスプレスじゃん!!」
c0015444_2323666.jpg

ボンバルディアBD−700【N949GP】
どこぞの銀行関係の機体らしい・・

いいな、あんな飛行機に乗ってチキン南蛮食べに来たいなと思っていると
室内の灯りが全くついていない737がスポットイン!
「JALの737か〜JEX〜〜??あれ、ウイングレットがついてるー!!」
初めて見ました。737-846
c0015444_2321711.jpg

いそいでチキン南蛮食べて屋上のデッキに出たのは言うまでもありません。

なかなかいいじゃん。JAL塗装。
ANAのウィングレットの塗装もいいでけど、アークが
いい感じに書かれています。
良く見ると、ウィングレットの内側にライトが・・・
c0015444_23233.jpg

夜窓からウイングレットを見ると、浮き立つように照らされるわけね

春から、山口宇部や北九州にも就航と聞いていたけど
北九州はMD90に変更になったみたい。
(JALのA300もこなくなるのね><)

操縦席にあるHUD、一つだけで軽く家が建つくらいの値段だそうです。
いつかのってみたいね。
c0015444_1257225.jpg

[PR]
by pressaviation | 2007-02-23 17:51 | 飛行機話 | Comments(0)
内田幹樹さんが亡くなられた。

昨年末、12月5日。まだ66歳だった
随分まえから、このブログのライフログなるところに
著書を張らせて頂いていたけど、亡くなられたのは
先日新聞で知ったばかりだ
c0015444_2453258.jpg

全日空でパイロットとして活躍。
教官として、下地島に長期滞在中持って来た本を全部読んでしまったので
小説を書いてみようと思ったのが、小説家への第一歩だったそうだ。
いつも、航空分野を扱った小説が少ないのと、
あったとしてもその内容に満足できなかったようで
処女作「パイロット・イン・コマンド」ではおよそ一般人では
絶対解らないような専門用語がバンバン出てくる
逆にマニアにはたまらない内容になっている。
全日空のあと、フェアリンク(アイベックスエアラインズ)で
飛んでいたそうだ。
飛ばした機体は
YS11、F27、727、737、767、747-400、CRJなど

2冊出されているエッセイも秀逸。
■「機長からアナウンス」(原書房、2001年)
■「機長からアナウンス 第2便」(原書房、2002年)
解りやすくおもしろく書かれていてあっという間に
読み終わってしまう。内田さんが出会ったグレートキャプテンの話。
コックピットでの裏話。
国産YS11についても飛ばす側の人間として批評。。
趣味はバイクという根っからの乗り物好きらしい辛口コメントだったと
記憶している。
最近は文庫本にもなったようだ。
c0015444_2463533.jpg

小説は
パイロット・イン・コマンド(原書房、1999年・文庫本は新潮文庫 )
・これは第14回サントリーミステリー大賞(1997年)優秀作品賞受賞作
機体消失 タイフーン・トラップ PILOT IN COMMAND Ⅱ(原書房、2000年)
操縦不能 PILOT IN COMMAND Ⅲ(原書房、2002年・文庫本は新潮文庫)
査察機長(新潮社、2005年)
拒絶空港(原書房、2006年)

まだまだ、書きたい事があったでしょう・・・
私もまだまだ読みたかった。

エッセイは刊行後すぐに読みましたが
小説は文庫本になってから読み始めた。
なぜか2作目の「機体消失」が文庫本化されていないんだけど
ハードカバーを今日買ってきた。

ご冥福をお祈りします
c0015444_2451425.jpg

[PR]
by pressaviation | 2007-02-23 17:17 | そのほか | Comments(0)
今日の朝日に載っていた・・・
「フライング?
スターフライヤー4号機導入羽田発着 増便無く」
c0015444_0594669.jpg

今月スターフライヤーの4号機が日本にやって来たのは
既に書いたっけ?
当初、羽田の新しい誘導路(06年夏完成)で
混雑が緩和され、この春から発着枠が拡大すると見込んで
いた同社。
国交省は
「発着枠拡大や新規配分の具体的な予定は当面無い」
そうで、6月までの11往復は決まっているそうだ。

まあ、今のところ1路線しか持たず11往復
他に就航する路線など、野望展望、計画はあるんでしょうが
周りは不安視するよね。

当面、チャーター便やパイロットの訓練、
北九州ー羽田線投入などで使うようだけど。。

正直、昼間の時間帯の増便をしたいところなんでしょうね!
昼間は満席の便もありますから。

4機を保有する事で当然出て行くお金も増えますが

得るものもあるはず。余裕です。
スターフライヤーはSNAなんかと違ってすべて新造機で
運行しているので、機材トラブルは少ないですが
バードストライクなんかで1機飛べなくなったとき
今までの3機体制だったらきっとこんな見出しが新聞に載るはず

「ス社機材トラブルで、
3分の2に減便・余裕無し3機で運行のツケ」

ねっ
ありそうでしょ?

で、4機あれば欠航は2、3便で済むかも
まあ、利用者にとっては悪い話では無いでしょう。
4号機の運用、経営陣お手並み拝見です。
11月には5号機がやってくるし・・・
(その頃には羽田の発着枠増えているよね??)

私、思うに
いろんな空港から、チャーター便を飛ばして
スターフライヤーのあの素晴らしいシートを世間に知らしめたら?
乗ってみたいって思う人いると思うけどな〜
機内食やハンドリングやら解決しないと行けない問題もあるでしょうが

新KKJ開港1周年の3月16日、18日には
スターフライヤー初(だよね?)のツアーチャーター便を運行するゾ
行き先はKKJと同じ日に新空港が開港した種子島・・・ちょっと微妙。。
[PR]
by pressaviation | 2007-02-16 12:05 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(4)
宮崎県串間市沖でマグロはえ縄漁船
幸吉丸(9.1トン、全長12メートル)が転覆乗り組みの3人が
一次行方不明になった事故で
漁船に衝突し救助活動もせずに現場を去った船は
貨物フェリー「たかちほ」(3891トン、全長131メートル)の
可能性が高いと、所有するマルエーフェリーと用船先の新日本海事が
発表した。
会見では「だれも衝突に気付かなかった」と説明した。

「たかちほ」の船首両側にはすり傷が見つかっている。

14日、朝日はサイテーションを飛ばし
宮崎沖を航行する「たかちほ」を宮崎市の東100キロの海上で
昼12時過ぎにとらえている。
写真は船首部分のアップをとらえているが
c0015444_22352258.jpg

ん〜どうだろう。。よくわからない。

健闘したのは毎日。
ヘリEC135を飛ばし「たかちほ」を四国・足摺岬沖で
午後1時25分に捕らえている。
c0015444_22361071.jpg

太平洋はめちゃめちゃ早い春一番のせいで
結構荒れていたようで、波間に船首バルバスバウを
浮き上がらせて航行する「たかちほ」を撮影
傷がはっきりと見えている!?
凄い!
固定翼機より高度を下げれるからこの点有利かな。


広い海の上で船を捜すのは難しいけど、
気象レーダーをちょいと下向きにすれば、捜すのには
チョー便利・・・(だったはず)
サイテーションはレーダーついているけど
毎日のEC135は・・・

この「たかちほ」の件は、海上保安庁が捜査を進める。


2月15日■追記
15日の朝刊は各紙「たかちほ」の空撮を掲載
読売はサイテーションを(伊丹から?)飛ばし
c0015444_1213215.jpg

14日午後4時半高知沖60キロの海上で捕らえている

ただし船首を11時方向から見た写真では傷は見えないな〜

サイテーションを使って14日の夕刊に写真をねじ込んだ朝日、
ヘリなのに足摺岬沖まで遠征し、ギズがばっちり見える毎日の
写真は秀逸だ。

なお、幸吉丸に付着していた塗料と「たかちほ」の塗料の成分が
一致、衝突したのは「たかちほ」と10管はほぼ特定した。
[PR]
by pressaviation | 2007-02-14 22:24 | 新聞 | Comments(0)
9日午前に大型船に当て逃げされたマグロはえ縄漁船幸吉丸
乗り組んでいた船長、甲板員、テレビ番組取材のため同乗していた
カメラマンの3人が無事救助された。

ホント、
よかったー!


c0015444_2113464.jpg

宮崎空港は報道ヘリが大挙して飛来した。

More
[PR]
by pressaviation | 2007-02-14 20:55 | 新聞 | Comments(0)
長年旧北九州空港で羽田線を飛んできた
MD87が今年度で全機退役する記事で
さらに昔、KKJに飛んでいたYS11伊丹便の話が出たので
ちょっと書いてみたいと思います

かなり前にも書いたのですが
旧北九州空港は
1944年(昭和19年)9月
旧陸軍曽根飛行場として建設されました

米軍の接収が解除後「小倉空港」となり

1956年(昭和31年) 5月
日本ヘリコプター(現全日空)が、小倉~大阪の定期路線を開設
ちなみに
1964年(昭和39年) 6月
小倉~東京便、F27で就航している。もちろん直行ではなく
岩国とどっかにに2回ほど着陸していく路線だったそうです。

山陽新幹線開業の影響で伊丹便だけとなり
最後は確か1日2往復、そして

1983年(昭和58年) 10月
旧北九州空港の定期便が大阪便を最後に運航休止となったのです

写真は旧北九州ー伊丹、最後の日
c0015444_13513925.jpg

64人乗りのYSに最後の乗客は4人くらいじゃなかったかな〜?
(かなり前の記憶なんであやふやですが・・・)
でもそのくらいしか乗らない便もあったと記憶しています。
c0015444_1352264.jpg
c0015444_13525297.jpg

そのころのKKJのおんぼろターミナル、
(JASのMDが就航するときにできた
ターミナルじゃないですよ。空港西側エプロン横でした)
屋上の送迎デッキ(?)はビロボロでしたが
そこで見るYSは大きく感じました。
そのころは滑走路が延長される前で1500m。

ジェット燃料って「灯油のニオイだ」と思ったのも
プッシュバックの無いKKJのエプロンで出発の際の
Uターンする時に排気をもろに浴びたときに知ったし。。

新聞社の格納庫や、小型機を運航する会社の
人たちとはみんな知り合い。よく飛行機を見せてもらったなー
MU2もあれば、フロート付けた単発機もあったし
昔はピッツもあった。
読売の格納庫の隣にはなぜか廃棄になった
F86セイバーがバラバラになっておいてあったり
エンジン音よりヒバリの鳴き声がよく聞こえる空港だったけど
楽しい空港でした。
c0015444_13531438.jpg
c0015444_13533081.jpg

空港跡地はまだそのまま。労災病院が一部跡地に
移転を計画しているらしいけど
あの広大な土地は何に使うんでしょう。
有効に使ってほしいな〜

ちなみに、ANAのYSが使っていたターミナルも
後年JALが使っていたターミナルも(こちらはまだ新しいですが)
まだ残っている。はず。。
[PR]
by pressaviation | 2007-02-05 13:47 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(2)
12月に2機目のA300を受領したギャラクシーエアラインズ
4月から、新たに関西−新千歳、羽田−新千歳線を開設するぞ
2路線とも週6便の就航だ。
c0015444_13202930.jpg

2号機のJA02GX  A300-F4-622Rは
旅客型からの改修機だった1号機(JA01GX)と違って
ピカピカの新造機!
c0015444_13192543.jpg

積載量も1号機の48tから54tに増えるんだそうだ。

なかなか情報が無いギャラクシーエアラインズだけど
北九州ー羽田ー那覇線はなかなか好調なようだぞ

その事は今度書くとします。
[PR]
by pressaviation | 2007-02-04 13:21 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31