<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タクシー会社が北九州空港から福岡までの

深夜乗り合いタクシーを申請しているそうだ。

スターフライヤーの最終便は、羽田発が午後11時50分、

新北九州着が午前1時15分。

新空港からの移動手段はタクシーしかない。

スターフライヤーに出資している第一交通は

福岡市方面がが運賃3500円。

北九州市や山口県下関市方面2000円〜3000円だそうだ。

第一交通は福岡市の親富孝通りから北九州へ乗り合い

タクシーを運行した実績があるので、

これはPR次第ではいい交通手段になるかもね。

東京で9時まで仕事して、羽田に移動。

11時までにつくのは余裕でしょ。

どうしても、その日のうちに福岡へ帰りたいってこと

結構あるもんね。21時間営業の強みを発揮できるよね。

残念なのは、羽田が24時過ぎの運用ができないことかな。

深夜の貨物専用便を佐川急便の子会社

「ギャラクシーエアラインズ」も計画していることだし、

夜の周防灘は、にぎやかになりそうだ!
[PR]
by pressaviation | 2006-01-31 20:49 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
なんじゃ〜カルマン渦って?

27日の朝日 朝刊に載っていた記事。

カルマン渦。時計回り、反時計回りに渦を巻いた雲が

交互にできる、珍しい現象なんだって。

(写真は以前のカルマン渦の衛星写真)
c0015444_21141714.gif


この現象が確認された23日、朝日は済州島の南へ

東京のサイテーション「あすか」を飛ばして、

上空1万4千mから写真撮影。
c0015444_2385452.jpg

【写真:朝日新聞 あすか・済州島の南 1万4千m】
科学の朝日、らしい細かいネタを大掛かりな取材で

紹介している。

(紙面が空いているときの暇ネタみたいだけど)

でも、24日のH2Aロケットの取材のために鹿児島に

きていたのかも・・・ね。
[PR]
by pressaviation | 2006-01-27 21:11 | 新聞 | Comments(0)

YS11乗り納め?

先日、ちょいと奄美大島までいってきました!

⌒( ̄◇ ̄)⌒ パタパタ

福岡から鹿児島乗り換えで、時刻表をみていると・・・

うぉ〜鹿児島までYS11飛んでる〜\(^o^)/

これは乗るっきゃないでしょ!!

今年で引退のYS11。もうこれが乗り納めになるかもしれないしね。

で、2年ぶりに乗りました・・・

c0015444_2055181.jpg

More
[PR]
by pressaviation | 2006-01-26 21:06 | 飛行機話 | Comments(0)
24日、国産ロケットH2A、8号機が種子島の

宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターから

打ち上げられた。

H2Aは6号機の失敗したけど、去年2月の7号機では成功。

久々の打ち上げとなった今回は8、9号の2機を一ヶ月の間に打ち上げる

初の試み。その第一弾が無事に成功した訳だ。

c0015444_18584492.jpg
JAXAも気合いは十分だっただろうが、

読売、朝日も取材には気合いが入っていた。

中でも、読売がサイテーションから撮影した

写真は秀逸だ!

More
[PR]
by pressaviation | 2006-01-25 15:15 | 新聞 | Comments(0)
c0015444_1291370.jpg
スタフラの客室乗務員の制服が発表された。

CAさんはなんとパンツスーツ 機体と同じ

黒が基調。

ん~昔のJEXとまでは言わないけど・・・

おみ足を拝見したかった・・・(失礼)

地上業務はグレーの制服ということだ。


デザインは 森岡弘 氏。
[PR]
by pressaviation | 2006-01-17 12:11 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
16日。いよいよ航空券の予約開始。

就航第一便は5分で売り切れたらしい・・・

ちなみに私も電話してみたけど、時すでに遅し。

まあどうせ休みじゃないから乗れなかっただろうけどね。
[PR]
by pressaviation | 2006-01-17 11:52 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
アインシュタインが言った言葉だったかな〜(アヤシイ)

1月18日から日本テレビで放送されるドラマのタイトル。

実力派、小林聡美が主演でともさかりえ、

山本太郎、武田真治なんかが出るらしい。

で、お話。

小林扮するのは航空会社GH。

10年前に遭難し行方不明になった飛行機に

CAの親友(ともさかりえ)副操縦士の恋人が乗っていた。

それが10年後突然、消えたはずの飛行機が、現れた。

でも、乗っていた人は10年前のまま・・・

というタイムスリップものなのだ。


この、タイムスリップした飛行機に扮しているのが
c0015444_12241749.jpg
オリエンタルエアブリッジのDHC-8。

原作の小説ではYS11らしいけど、

もうYSはJACで数機しか飛んでないし、

ドラマで使うにはとってもいいところに目を付けたんじゃないかな。



このドラマ、もう1クール放送が遅かったらどうだろう?

スターフライヤーが協力したら宣伝になったよね。

でも、遭難する飛行機役なんて縁起悪いか〜。



しかし、オリエンタルエアブリッジはよく協力したね。

昔は長崎航空なんて固い名前だったけど、

柔らか頭しているよ〜

長崎県の第3セクター(出資率11%)の割には
(失礼)


いいPRになると思うよ!機内の安全設備のビデオに

ともさかりえが出たりしてね。

(あっ、テレビついてなかったねDHC-8には・・・)


撮影は長崎空港なんかでも行われているらしい、ターミナルの中は

関空っぽいシーンもあったけど。


北九州にもフイルムコミッションなる組織が

あったはずだから

スターフライヤーや新北九州空港が映画やドラマに

出てくるようになればいいよな〜。



ドラマ「神はサイコロを振らない」ちょっと楽しみだな。
[PR]
by pressaviation | 2006-01-15 06:30 | そのほか | Comments(0)
「国土交通省は2006年1月12日

株式会社スターフライヤー(本社;北九州市 代表取締役社長;堀 高明)に

対し、航空運送事業に関わる事業許可証を交付した。」

あれ、そういえばまだ受けてなかったんだね。

これで立派な航空会社。


いよいよ1月16日航空券の予約開始だ!
[PR]
by pressaviation | 2006-01-12 11:42 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
新北九州空港は航空機の離着陸を許可する「航空管制官」では無く

「航空管制運航情報官」が置かれる事になった。と新聞紙面に!

航空雑誌では既に報じられていたけど、

改めて一般紙に書かれると・・・ん!?

ん〜〜空港の管制塔にいるのは管制官だと思っていた人(^ ^/

More
[PR]
by pressaviation | 2006-01-05 14:07 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30