<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

JA30MPEurocopter EC 135-T1 格納庫=伊丹 登録02年8月30日
c0015444_1437679.jpg

c0015444_14365995.jpg



[PR]
by pressaviation | 2005-04-30 19:29 | 毎日新聞所有機 | Comments(0)
JA20MPEurocopter EC 135-T1格納庫=羽田  登録99年11月9日
[PR]
by pressaviation | 2005-04-29 19:27 | 毎日新聞所有機 | Comments(0)
JA01MP Eurocopter EC 135-T1 格納庫=北九州 登録98年2月4日
c0015444_12251711.jpg

c0015444_1354453.jpg
(2007年8月/FUK)
c0015444_1355460.jpg
(2007年8月/FUK)

乗員 8名
主ローター直径10.20m
全長12.16m
胴体幅2.62m
全高3.51m
空虚重量1,455kg
最大離陸重量2,910kg
エンジンチュルボメカ アリウス2B1(推力583kW×2基
速度(超過禁止/巡航)155kt/137kt
海面上昇率468m/min
実用上昇限度6,096m
航続距離342nm

■2015年5月28日 口永良部島噴火 取材
[PR]
by pressaviation | 2005-04-27 19:26 | 毎日新聞所有機 | Comments(0)
JA8867Piper PA-42-1000格納庫=大阪登録89月2月28日
c0015444_1702710.jpg

全長13.23m
全幅14.53m
巡航速度550km/h
航続距離2652km
座席数10

■2009年7月22日 46年ぶりの日本国内の陸地での皆既日食を取材。トカラ列島東側を飛行。

2012年3月28日 登録抹消 アメリカへ売却
[PR]
by pressaviation | 2005-04-20 19:23 | 毎日新聞所有機 | Comments(0)
JA01YP Eurocopter AS365-N3 格納庫=羽田 登録02年5月16日
c0015444_14443444.jpg
■2014年2月17日 関東甲信越地方での記録的大雪で陸路が遮断
 同日午後3時までに朝刊9000部を空輸。

c0015444_19143192.jpg

c0015444_16242373.jpg

体型式ユーロコプター AS365N3
最大離陸重量4300kg(9480lbs)
最大運用重量(機外吊下重量含む)4300kg(9480lbs)
最大座席数(操縦士席含む)14席
最大速度(VNE)※287km/h (155kts)
高速巡航速度※275km/h(148kts)
経済巡航速度※275km/h(148kts)
エンジンターボメカ /アリエル2C×2基
エンジン離陸出力(双発時)851shp×2
エンジン最大連続出力(双発時)800shp
エンジン最大出力(片発時)977shp
エンジン最大連続出力(片発時)851shp
航続距離(経済巡航速度、残燃料なし)※814km
最大航続時間(139km/h、残燃料なし)※4時間6分
ホバリング性能(IGE)※2620m(8596ft)
ホバリング性能(OGE)※1150m(3773ft)

[PR]
by pressaviation | 2005-04-07 20:10 | 読売新聞所有機 | Comments(0)
JA01AP MD Helicopters MD902 格納庫=伊丹 登録00年7月24日

乗員: 2名
乗客: 6名
全長: 30 ft 10 in から 32 ft 2 in (9.4 m から 9.8 m)
※01APはテール伸長改修済み
主回転翼直径: 33ft 10 in (10.3)
全高: 8 ft 6 in - 11 ft 2 in (2.6 m - 3.4 m)
自重: 1,975 lb (896 kg)
最大離陸重量: 6,250 lb (または 6,500 lb テールブーム進展時) (2,835 kg)
発動機: プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW207E ターボシャフト, 477 kW (640 shp) 2基
超過禁止速度: 152 knots (175 mph, 282 km/h)
巡航速度: 135 knots (155 mph, 250 km/h)
航続距離: 267 miles (430 km)
飛行高度: 15,994 ft (4,875 m)
上昇率: 2,067 ft/min (10.5 m/s)

■2010年4月27日午後2時28分に羽田空港を離陸後、首都高でのトレーラー事故を取材。
羽田空港に戻る際、高度約370メートルの上空でエンジンの出力を調整するレバーに不具合が起き、上昇できなくなった。
午後2時40分頃、板橋区栄町の「東京都健康長寿医療センター」の敷地内に緊急着陸。
機体、周辺建物への損害、けが人は無し。

■2011年3月11日 東日本大震災
伊丹空港を離陸。神奈川県の江の島上空で、東京方面に炎と黒煙が上がっているのを確認
東京湾アクアライン上空に差し掛かった時、千葉県市原市の石油コンビナートが
大きな炎を上げ、爆発。燃えるコンビナートを取材、午後6時羽田着。
燃料補給を終え午後6時30分頃、福島空港に向かう。
翌日12日は午前5時55分に離陸、被災地の取材に入る。
[PR]
by pressaviation | 2005-04-07 17:01 | 朝日新聞所有機 | Comments(0)

さよなら北九州空港

2005年3月末で、北九州空港の読売新聞と朝日新聞の格納庫が閉鎖され、福岡空港東側の西日本空輸格納庫に移転した。


c0015444_137048.jpg来年、周防灘沖の新空港の開港で現在の空港が廃止される為で、またかつては北九州に置いていた西部本社も現在は福岡市に移転し北九州空港に取材機を置いておく理由が無くなったからでもある。

20年ほど前(?)、小生が北九州空港に近くに住んでいた頃、空港に遊びに行った時にパイロットのかたに「飛行機見る?」といわれたのがヒコーキ好きとなるきっかけだった。当時の北九州空港は伊丹行きの全日空YS11が毎日1往復する、とても100万都市の空港とは思えないのどかな空港だった。そこに格納庫を構える朝日、毎日、読売の3社は突発事件があると、スクランブルのような慌ただしさでヘリや固定翼機が飛び立って行った。子供ながらにかっこいいと思ったものだ。
朝日は固定翼機がMU2。(大阪からたままた来ていただけだったかもしれないがこの国産高翼式ターボプロップ機は好きだった。間もなくジェットのサイテーションに更新された時はお願いしてコックピットに座らせてもらった。この頃から旅客機より、小型機の方が好きだったな。)
ヘリがジェットレンジャー。
毎日新聞の固定翼機は単発のボナンザ。(思えばこの機体が報道取材機最後の固定翼単発機だったかな?)ヘリは朝日と同じジェットレンジャーだった。塗装も朝日と同じ濃紺で朝日の「さちどり(?)」と毎日の「ジェットアロー」はプラモデルにもなっていたと思う。
読売新聞は固定翼機に双発レシプロ機のバロン。この飛行機は空港から15キロほど離れた読売本社近くの陸上競技場に、低空飛行で原稿とフイルムも投下して行ったのを見た事がある。締め切り間際だったのだろうけど、今ではちょっと考えられないくらいの低空飛行だったな。機材とパイロットを自前で持つ新聞社ならではか・・・
ヘリがヒューズ369だった。この卵形の黄色いヘリは小さかったけれどなかなか早そうな「音」をしていた。離陸の時も角度の付いた前傾姿勢でかっこ良く離陸して行ったのを覚えている。

あれから機材は替わり、朝日はサイテーション560(東京と福岡に2機も560を持つなんて朝日はお金持ちだね)ヘリはAS355。

c0015444_138169.jpg
毎日は固定翼機はなくなり西部本社はヘリEC135(ちなみにその前はAS350だった)のみ。
読売はBO105とEC135(昨年購入のピカピカ)固定翼機のT303は引退し北九州空港で社旗が消された姿でエプロンに駐機していた。読売も固定翼機は西部本社から消えるようで、羽田に560が1機あるのみとなる。

4月から福岡空港は西側にテレビ各局のヘリの格納庫、東側に新聞社が陣取る形となった。不穏な東シナ海をにらむ福岡の取材機は朝日のみが固定翼機を持つ朝日優位の体制だが手狭な福岡の借り物格納庫サイテーションは置けないか?

北九州空港は日本航空の現在MD87が4往復ほど羽田に飛び頑張っている。搭乗率もまずまずと聞く。

昨日、新北九州空港の開港は2006年3月16日と発表された。現在の滑走路1600mの空港は廃止される。
c0015444_139373.jpg
[PR]
by pressaviation | 2005-04-07 13:22 | 新聞 | Comments(0)

開港日決定!

キタ━━━━(゚▽゚)━━━━ !!!!!

ついに開港日が決定。

新北九州空港 来年3月16日開港決定!

神戸空港と同級生か・・・まけるなよ!

という訳で、昔、のんびりした北九州空港(現用の1600mの滑走路)で

空に思いを馳せた私は、

「いらない」「乗らない」「無駄」などいう声は完全無視で応援するのだ!
[PR]
by pressaviation | 2005-04-06 23:32 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)
JA134Y MBB BO-105S 格納庫=羽田 登録97年2月12日
抹消17年5月24日 ニュージーランドへ売却

◼︎胴体全長 11.86m
◼︎胴体全幅 2.84m
◼︎全高 3.80m
◼︎最大離陸重量 2,550kg
◼︎最大速度 270km/h
◼︎航続距離 555km
◼︎航続時間 2:40
◼︎定員 5名

◼︎JA134YはMBBがユーロコプターとなってから導入され
新しいメインローターに換装された性能向上型モデル。
CBS-5/スーパーファイブと呼ばれるモデル。






■2011年3月11日 東日本大震災では
羽田をいちははやく離陸し海岸沿いに北上被災直後を空撮
仙台空港が被災し着陸できず
燃料切れで瀬峰飛行場に着陸。
取材を行った。

■2017年5月 登録抹消 ニュージーランドへ売却
2017年3月いっぱいで、読売は福岡空港での
ヘリ運用を廃止したため、134Yの後継機は導入されず。


[PR]
by pressaviation | 2005-04-06 20:08 | 読売新聞所有機 | Comments(0)
JA8576 Cessna 560V 格納庫=羽田 登録=92年1月13日
2006年10月26日 登録抹消
c0015444_1994611.jpg
全長14.9m
全幅15.9m
巡航速度689km/h
航続距離3100km
座席数2+8
読売2機めのジェット機

■1992年6月10日 サハリンを訪問飛行。
旭川市とユジノサハリンスク市友好都市締結25周年

■2005年12月19日読売航空部 累計3万時間無事故を記録
YOMIURI-133が記録
(読売の事故は1986年7月23日MU300が訓練飛行中
佐渡島に激突、4人がなくなった)


■2006年6月30日、広島西飛行場を離陸
午後5時50分ごろ、羽田に着陸前
羽田空港東約15キロ高度約600メートルを飛行中に乱気流に遭遇
乗っていた水上健也・読売新聞グループ本社代表取締役議長
(80歳)が脊椎(せきつい)を骨折、約2週間の入院。

パイロットらほかの搭乗者4人にけがはなかった。
水上議長は座席ベルトをしていたが、瞬間的に強い衝撃を受けたと見られる。

同省航空・鉄道事故調査委員会は7月4日、調査官を派遣して
調査を開始。

■2006年10月26日 登録抹消 日本エアロスペースを経てアメリカへ売却
後継機はJA560Y

この機体の退役ですべての機材が新レジとなった。
新聞社の中で平均額年齢は一番若いという事だね。
[PR]
by pressaviation | 2005-04-05 18:26 | 読売新聞所有機 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31