RNAV 1番機は読売サイテーション「みらい」

去年の話になっちゃいますが。。。

日本が世界に先駆けて昨年〈2007年)9月27日に運用を開始した
RNAV(広域航法)飛行に読売のサイテーション・サンコール「みらい」が
成功し、記念すべき一番機の栄誉(?)を手に入れたゾ。
c0015444_20422379.jpg

【写真:YOMIURI】
RNAV(=広域航法)は従来のDOM.VORなど地上無線施設を
利用しその上空を通過していく航法にかわり
GPSなどを利用し目的地まで直線に近いルートを飛行できる
今後の世界の航法の主流になるといわれているそうだ。

RNAV運用承認を国交省から受けるため
読売航空部は2007年1月から作業を開始。
当初、エアラインでの使用を目的にしていたものだけど
一番機は新聞社の小型ジェットと言う事になりました。

承認を得るためにはFMS、GPS、ILSらやいろいろ必要で
今のところ小型機でRNAV運用の承認を受けた機体は「みらい」
だけだそうだ。

世界で日本が始めて運用を開始したRNAV、運用開始初日の
2007年9月27日。
羽田を朝6時23分に離陸した「みらい」は奈良県大台ケ原から
RNAV運航。目的地の大阪空港まで飛んだ。

一刻を争う新聞社の航空機でも、直線距離で飛びやすい
RNAVは重宝するでしょうね、

RNAVは日本が世界で最初に導入したんだから・・・
その一番機「みらい」は世界で最初ってことか!!??
[PR]
by pressaviation | 2008-01-25 20:41 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31