天草エアライン、虎の子のDHC-8-100脚出ず!

3月20日天草エアラインのボンバルディアDHC8—Q100
天草空港発熊本空港行き201便で
着陸の際ランディングギアがすべて出ないトラブルがあった。
原因は電気系統の接触不良だった。
この接触不良で、車輪を下ろす油圧バルブが作動せず
手動ですべての脚をおろし着陸した。
c0015444_209828.jpg

天草エアラインは1機しか所有していないので
翌日は全12便の欠航となった。

天草エアラインは熊本県、天草市などが出資し
DHC-8-100で2000年3月23日に
天草ー福岡を皮切りに
天草ー熊本
熊本ー松山
の路線を飛んでいる。

機体は天草の子供がデザインしたイルカの絵が描かれていて
なかなかカワイイ機体だ。
カナダからフェリーされる際は、海外を含めスポッター達の
話題になった。
c0015444_2091648.jpg

福岡路線は九州電力の本社と発電所がある天草の
出張などに利用され搭乗率は7割に迫る。

熊本ー松山路線は井関農機本社のある松山と
熊本事業所を行き来するのに利用されているようだ。

搭乗率は日本一と何かで聞いた事があるけど
天草ー熊本線が低迷しているそうだで
累積赤字が拡大し出資自治体は2007年度に
整備費の一部として計6300万円の補助を決めている。
[PR]
by pressaviation | 2007-03-21 16:45 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30