開港から一ヶ月

新しい北九州空港が開港して4月16日で一ヶ月。

開港から4月13日までの搭乗率が発表された。

国内線平均62.2%(3月16〜4月13日)



c0015444_14491560.jpg
【写真/P.A:KKJ】




羽田線の搭乗率は61.1%で9万8465人

旧空港の前年同期に比べると4.4倍だけど、これは便数が
増えているからまあ当然。

名古屋線は71.2%で6195人
那覇便は74.0%で6439人が利用した。

名古屋線は50人乗りのCRJが健闘、これは立派な搭乗率だ!
増便してもいいんじゃない?
那覇便は団体客をよく捕まえているんだろうね。

今のところ唯一の国際線上海線は42.5%で1178人が利用

3月の開港ご祝儀も4月に入ると一段落。人事異動の転勤なんかも
落ち着く4月は軒並み搭乗率が悪くなっている。

スターフライヤーは3月が74%。4月に入ってからは48%

JALは66%〜53% ん〜ブランド力の差かなそんなに落ちてない・・・

ただ搭乗率60%あたりが採算ラインの目安と言われるだけに
あまり下がりすぎるとよろしくない。今が出張が少ないシーズンだと
言っても油断は禁物だ。

朝日新聞が行った北九州ー羽田便利用者
100人のうち開港前の上京手段調査によると

70人・・・福岡空港
19人・・・旧北九州空港
7人・・・新幹線
2人・・・山口宇部空港
1人・・・大分空港
1人・・・その他

だったそうだ。73人がビジネス客。
福岡空港からの利用者は結構多かったけど
意外だったのが山口宇部、大分からの乗り換え組
もっと多いと思ってた・・・

スターフライヤーも新聞には弱気な事は言えないだろうけど、
営業にはもっと力を入れないとね・・・
[PR]
by pressaviation | 2006-04-15 14:41 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31