日本初??追悼飛行

この前、空自のかたと雑談していた時にちょっと聞いた話。

10月30日に航空自衛隊百里基地で行われた「航空観閲式」で

F15で追悼飛行が行われたらしい。

確かに観閲式の内容を見ると”慰霊飛行”と書いてある。





”慰霊飛行”=追悼飛行。英語ではMissing Man Formation

Formationと言うくらいなんで、編隊飛行なんですが、

最後に先頭の一機が急上昇。天高く登って行くのです・・・

(小泉さん意味分かったかな?)


アメリカではパイロットや殉職した軍関係者、政治家なんかの

葬儀で行われる事が多いらしい。

映画なんかでもたま〜に目にするけど、

日本でMissing Man Formationをやったって話は

聞いた事が無かった。

今度の航空観閲式がおそらく公式には初なんじゃないかな?

基地単位では行われた事もあると言う話も聞いたような

聞かないような。

とにかくちょっといい事だと思う。アメリカのまねとかじゃなく

飛行機乗りの追悼はやっぱり同じ飛行機乗りの追悼飛行が

一番いいと思う。Y神社に行くのも悪くはないと思うけど、
(いろいろあるでしょうが、基本日本国内で日本人が行ってはダメ
と言われるところが有るのは、いかがかと。新宿2丁目とかも。
やっぱり国立の慰霊施設があった方がいいかな)

追悼飛行は遺族にとっても、「粋」な、お別れの仕方だと思う。

殉職した仲間の慰霊も、追悼もされないんじゃ、

警察、消防、海保、自衛隊など

危険な仕事をしている皆さんもいい気はしないもんね。


そうそう、アメリカの殉職した消防士の葬儀も「粋」ですね。


これはアメリカのMissing Man Formation
c0015444_15294612.jpg
[PR]
by pressaviation | 2005-11-03 15:32 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31