東シナ海のガス田、本格稼動

9月20日、

政府は東シナ海の日中中間線付近で中国が開発している

天然ガス田「天外天」で、掘削施設の煙突から炎が

出たことを確認したと発表した。

一番大陸側のガス田がこの「天外天」。

地下のガス田が日中中間線を越えて日本側にも

広がっている可能性があることから、この開発には

日本側の天然ガスも吸い取られる恐れがあると主張。

中国側はもともとこの中間線を認めておらず、

沖縄付近の大陸灘まで中国のものと言う、考えらしい。



新聞各社同日飛行機を飛ばしてこのガス田を撮影。

翌21日の朝刊紙面に掲載している。

朝日はご自慢のサイテーション560(大阪=はやて)を
c0015444_1833383.jpg

飛ばし一番乗り、15時26分撮影の写真を。


読売も(おそらく大阪配備の?ピカピカの)

サイテーション525CJ1を
c0015444_18323227.jpg

飛ばし16時53分撮影の写真を掲載。

読売機は福岡空港に一度着陸、

給油?記者とカメラマンを乗せてないかい?

読売機は高度を200mまで下げ接近したらしい。

やぐらのヘリーポートに駐機していた大型ヘリが

(写真を見ると民間塗装のでかいMilが・・・)

威嚇するように離陸。おそらく朝日機の後(きっと朝日も低空で

かすめてるはず)だったため、目障りだったんだろうね。



ジェットを持たない毎日も健闘。俊足ターボプロップ機

パイパーシャイアン(大阪)で
c0015444_1702710.jpg

18時8分撮影の写真を掲載している。

ジェットとプロペラの差がでたか、少々遅い時間の到着だけど

この時期はまだ日があるからなんとかセーフ、

写真は少々オレンジがかっていたけどね。



場所は奄美大島の西約450km。

大阪からは直線で約1200km、足の長さは

560が3500kmくらい

CJ1が2700kmくらい

(読売は福岡に行きかえり記者を下ろすのに

着陸?しているはずだから給油も出来るか)

シャイアンが2600km。大阪からでも十分足は届くんだね。

c0015444_1791469.jpg

[PR]
by pressaviation | 2005-09-21 18:05 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30