「空の王」読売プレミアムで連載中

いや〜気がつかなかったけれど、後でまとめ読みできるのがネットのいいところ。

読売新聞の有料ニュースサイト「読売プレミアム」で(2016年)12月1日から
小説「空の王」の連載が始まっています。
架空の新聞社、東西日報社の航空部のパイロットが主人公。時代は新聞社の
航空部が大陸へ連絡飛行をバンバンやっていた1930年代。

新聞社、主人公は架空の設定ですが中にでてくる話は実話や、実在の人物も。
この時代の冒険飛行や、各社の速報競争は逸話が沢山あるので、
題材には事欠きませんね
作者の神野剛志(しんの・たけし)さんの祖父は新聞社のパイロットだったそうで、
小説を読んでいくと、第8話に「神野百三郎」という朝日新聞のベテランパイロットが
登場するので、作者の祖父は朝日の航空部パイロットだったんでしょうね。

ちなみに、この神野百三郎さんは実在の人物で、朝日新聞が初めてオートジャイロ
シェルパC19を導入した時のパイロットの一人。
漫画家、堤寒三を乗せて各地を訪ねる連載ルポ「空の膝栗毛」で、
コンビで紙面に名を連ねているかたでもあります。

この連載、なかなかの人気企画だったそうですが、オートジャイロ。不安定ですよね。
昭和8年6月に大阪を出発。東に向かいのんびり東進していたところ、
難所の箱根を過ぎ平塚の海岸に着陸するところで風を受け横転。
連載は一時中断。その後修復され、翌年再開。九州や四国まで足を伸ばしたそうです。
すごいね朝日。(「空の王」第8話にこの話も出てますね)
c0015444_12250637.jpg
【写真:朝日新聞1933年(昭和8年)6月7日夕刊東京 後席が神野百三郎飛行士】

話はそれましたが、「空の王」には朝日の川崎C-5、中島AN1、
毎日のロッキードアルテアも出てくる。途中までしか読んでいませんが、
読売のリライアントや、メッサーシュミット108なんかも出てくるのかなぁ

神野剛志さんさすが小説家よく取材も、リサーチもされているようです。
連載楽しみにしています。



[PR]
by pressaviation | 2016-12-29 12:29 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31