北九州空港に2年半ぶり国際線定期便

2014年3月にスターフライヤーの釜山便が休止して以来
国際線が飛んでいなかった北九州空港ですが、
韓国のLCCジンエアーが釜山とソウルの2路線の
定期便を飛ばすと(9/6)発表しました。

釜山便は10月30日から毎日1便。ソウル便は12月12日から週4便。
2017年2月4日からは毎日運航するそうです。

ソウル便は2012年4月に運休した済州航空以来。

これで使ってなかった国際線カウンターも賑やかになるなぁと思っていたら、
今日(9/15)中国・天津航空が大連便を
10月30日から木曜日曜の週2便を運航すると発表がありました。

チャーター便の搭乗率が良かったそうですが、定着してほしいものです。

機材はジンエアーが737-800、天津航空がA320。




[PR]
by pressaviation | 2016-09-15 20:41 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30