ヒコーキ用パラシュート国内初使用?

子供の頃、新聞社のパイロットになりたかった(変わり種)私ですが
夢破れてまぁパイロットにはなれず・・・
しかしおじさんになって密かに持ってる夢がライセンスを取って
引退している頃には単発自家用機のオーナーになる事。

とはいっても本当はエンジン一つはあんまり好きじゃないのです
旅客機だってETOPSはきらいです。
今のエンジンは止まる事ないといっても、やっぱりね〜
単発より双発のほうがいい。3発あると尚更良い…。
でも、個人で双発機なんて
絶対無理なのもわかってる訳ですよ〜私のか稼ぎでは。。。

そんな私にぴったりの単発小型機がシーラス!
4人乗りの単発小型機。
c0015444_06291286.jpg
【写真:netから/かっこいい〜】
グラスコックピットに、スロットルはセンターペデスラルからはえている!
セスナ172のスロットルみたいにチャッチくない!
操縦桿は無くエアバスのサイドスティックを安ーくしたみたいなやつで
操縦します。(これはあんまり好きくない・・・)
c0015444_06291701.jpg
【写真:netから/グラスコックピット=好き/スロットル=レバー式で好き/サイドスティック的な操縦桿=あんまり好きくない…】
しかーし、この機体エンジンが止まってもパラシュートでふんわり降りれるのです!
素敵じゃないですか。
以前海外で撮られた動画をみるとかなりふんわり降りていきます。

【画像:YouTubeから】

でも、このパラシュート。台風みたいな風が強い時はやはり大変なようです。
台風19号が接近中の(2014年)9月12日。
鹿児島でこのシーラスがパラシュート降下したようです。
おそらく日本初じゃないかな飛行機がパラシュート降下したのは・・・

この機体Nナンバー。なんとサイパン国際空港から韓国、金浦空港への
フェリーフライト中だったようです。
c0015444_06331848.png
【画像:flightaware.com】
なんと先月カリフォルニアのマーセド?を出て、ホノルルを経て
キリバスのボンリキ空港〜サイパンへたどり着いています。
で、12日に金浦空港へ、向けて離陸…
台風が近くにいるってのになにやってるんだか?
しかも沖縄とか、鹿児島とか、小笠原沿いに北上して日本のどっかで給油するとか
すればいいのに、フライトプランでは一気に金浦空港まで飛ぶ計画だったようですね。
c0015444_06331574.png
【画像:flightaware.com】
直線距離で1,937nm。この単発シーラスSR20(N176CD)の航続距離は
625nm。飛行時間は10時間13分とリンドバーグもビックリ!!

機内にタンクやら、手動ポンプやらいろいろ入れてたんでしょうけれど
残念、鹿児島県指宿上空でパラシュートのお世話になる事に。
事故は12日午後2時過ぎ。当時の指宿市周辺は台風19号が
接近中で、最大瞬間風速20メートル、暴風警報が出ていたそうです
さすがにパラシュート開いてもふんわりとはいかなかったようです。
地元局のニュースによるとしっかりパラシュートが映っています
よく見ると、前席右側に増設タンクらしき物もみえますね。


フェリーフライト専門のパイロットいるそうですが、いや〜今でも
こんな冒険飛行する人がいるんですね。
保険きくのかな〜こんな事故。

でも、台風接近中の悪天候でもシーラスのパラシュートは
十分機能する事はわかった。やっぱりシングルエンジン機買うなら
パラシュート付きにしよう!いつになるかわかりませんが。



[PR]
by pressaviation | 2014-10-14 06:44 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31