寒かった冬 大雪時は新聞ヘリで空輸

春到来!
それにしても今年の冬は寒かったですね
2月には関東甲信越地方で2週連続の大雪も。
山梨の甲府市では1894年の観測開始以来最高の積雪114センチを
記録したそうです。

陸路が遮断されたためコンビニ各社はヘリを使って空輸を実施
セブンイレブンは2/17〜2/20まで空輸を実施しました。
18日は4機のヘリを使って山梨、長野のセブンイレブンとイトーヨーカドーに
26,300食を空輸しています。
c0015444_05060759.jpg
【写真:セブン&アイ・ホールディングス】
報道されている写真を見ると、
どうも新日本ヘリコプター、アカギヘリコプターの機体が使われたようです、
しかもB204やAS332といったサイズ大きめの機体も。

ローソン、ファミリーマートも名古屋等から空輸を行ったようです。
c0015444_04542892.jpg
【写真:日本航空学園:読売の365,AS355はSDTとYBSの共同取材機】

通常トラック輸送の新聞も道路が寸断されたので届かず。
読売新聞は自社の一番大きな機体AS365を羽田から飛ばししています
日本新聞協会によると
山梨県では、読売が17日午後3時までに同日付朝刊9千部を空輸した。
写真部記者の取材に合わせ、取材用ヘリコプターで羽田空港から甲斐市に運んだ。」
・・・そうです。
c0015444_04580319.jpg
【写真:日本航空学園:読売「シリウス」JA01YP】

朝日新聞も一部ヘリでの空輸を行ったようです。
災害時の新聞空輸や、人員の空輸を考えると新聞社も365クラスの大き目の機体が
1機は必要ですね。新聞って意外と重量有るし・・・
電気もない被災地では紙媒体の力が発揮されますね、紙は他にもいろいろ使い道あるし。

あとこの大雪で活躍したのが山梨県甲斐市の日本航空学園山梨キャンパス。
高校野球も強いですがキャンパス内にある!850mの滑走路の一部を除雪して
自衛隊、物資輸送の民間ヘリ、報道ヘリを受け入れたそうです。
施設も素晴らしいですが、素早く除雪した生徒さん職員のみなさんも素晴らしい。

ヘリが着陸できなければ、昔ながらのパラシュートで新聞投下しないと
いけなかったかも・・・もう、年代物のこのパラシュートは開かないかもね。



[PR]
by pressaviation | 2014-03-31 04:14 | 新聞 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30