USSエンタープライズ退役

12月1日 ビッグEが退役した。
c0015444_2392681.jpg

【写真:US.NAVY】
1961年に世界初の原子力空母として就役したエンタープライズは
同型艦も無く(エンタープライズのあとはニミッツ級が開発された)
51年にわたって米海軍力の象徴だった。

1962年のキューバ危機で海上封鎖作戦、
ベトナム戦争や米同時テロ後の対テロ戦争などにも参加した。

1968年に日本で初めて寄港。
寄港地の佐世保では反対派と警官隊の激しい衝突があった。

初めての日本寄港を前には、新聞各社が固定翼機で洋上を佐世保に向かう
エンタープライズの空撮合戦も行われた。

ベトナム戦争末期「最新鋭」の空母「エンタープライズ」には
当時海軍期待の最新鋭戦闘機F14トムキャットも最初に配備され
VF1ウルフパック、VF2バウンティハンターズのド派手なカラーリングの
飛行隊が搭載されていた。

映画スタートレックにも登場する由緒ある「エンタープライズ」の名前は
計画中のジェラルド・フォード級新型空母の3番艦CVN-80に
その艦名を引き継ぐ事が退役式典で発表された
CVN-80「エンタープライズ」は9代目になる

米海軍の象徴であるエンタープライズの退役式典は、
母港のバージニア州ノーフォークの海軍基地で行われ、
8基ある原子炉などを3年かけ解体するという。

記念館にはならないようですね。
[PR]
by pressaviation | 2012-12-03 23:12 | そのほか | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31