ANK737 ほぼ背面飛行

ANAにとって787日本到着の晴れ舞台の日に
737の事故の詳細が発表された。

9月6日那覇発羽田行き全日空140便(ANKが運航)
(737-700型、乗員乗客117人)が、
浜松市の南約43キロの約1万2500mの上空を飛行中
副操縦士の操作ミスで30秒間に約1900m急降下する
事故があった

フライトレコーダーを解析したところ
機体は最大で左に約131.7度傾きながら、
下向きに最大35度の角度で降下と
ほぼ背面飛行だったそうだ。
超過禁止速度のマッハ0.82を超える0.828出ていた



機長がトイレに立ち、戻った時にドアのロック解除と
ラダートリム調整のダイアルを間違えて操作
副操縦士が機体の姿勢を立て直し、機長は自分で鍵を開け戻ったそうだ

反転急降下、戦闘機並みのネガティブGダイブ状態ですね

昔、ボーイング707が完成した直後、テストパイロットが
航空ショーでバレルロールを披露したことがあるそうですが
これを見ていたボーイング社首脳陣は
「二度とやらないでくれ」と背筋を凍らせる思いだったそうです。

【707バレルロール】
今回の事故では
乗客に怪我は無かったそうですが、
CAさん2人が軽傷を負った。

なかなか間違えそうも無いつまみですが・・・
どうしちゃったんでしょう。
c0015444_1391927.jpg

【イラスト:netから・737-700のセンターペデスタル】
サイズは全然違いますね。。。
c0015444_139079.jpg

【イラスト:netから・問題のラダートリムとドアロック】
[PR]
by pressaviation | 2011-09-29 16:14 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31