B737オーバーランで機体が真っ二つ

旅客機はいろんな派生型が生まれるものですが
世界で一番売れているボーイング737も44年前の737-100型から最新の-900まで
長さもかわればエンジンも進化するなどいろんな型が産まれている

その737の最新シリーズの一つ
737-800が30日南米で事故を起こした。
ニューヨーク発、ガイアナのジョージタウンに向かった
カリビアン航空の737-800は着陸時
滑走路をオーバーランし、真っ二つに折れて、滑走路を大きく外れて停止。
谷のわずか60m手前だったそうだ。
事故では4人が骨折などで病院に搬送されたものの
死者はいませんでした。よかったね。
c0015444_21445616.jpg

【写真:AP】
写真をみると、エンジンは逆噴射位置。
主翼の付け根の前方からポッキリ胴体が折れている。
-100型28.60m
-200型30.52m
-300型33.40m

-400型36.40m
-500型31.01m
-600型31.20m

-700型33.60m
-800型39.50m
-900型42.10m

機体の全長を延ばしてきた737
-800は長いほうから2番目だ。

あんまり長くすると飛行機もやっぱり折れやすいのかなぁ〜
今回は死者が出なくてなによりでした。

そういえば昔のライバル機種DC-9も胴体延ばしまくっていましたが
折れたことがあったとか、

これは後部が折れてます><
[PR]
by pressaviation | 2011-07-31 21:46 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31