テレビ局の血液・・・テープ不足

c0015444_20461716.jpg

地デジ・HD化で放送局はカメラも収録デッキもHD化が進んでいる
ご家庭にHDDレコーダーも普及している昨今ですが
放送局ではテープでの取材、納品がまだまだ主流です。

大まかにテープは2種類。
SONYのHDCAM【写真】(スモールテープは昔懐かしいβと同じサイズです)か
PanasonicのDVCPRO-HD(HDCAMに比べるとかなり小さい)
ディスクメディアで、SONYのXDCAMもありますが。。。

NHK(DVCPRO-HDも使ってますが)・キー局
NTV、CX、EX、TXはHDCAMがメイン。
これらの局のヘリの搭載デッキもSONYのHD-CAM。

キー局ではTBSだけがDVCPRO-HDだったと思う。

SONYのHDCAM規格のデジタルテープは、全体の7割をソニーの
「ソニーケミカル&インフォメーション」多賀城事業所が作っている。
東日本大震災でこの工場の1階が水浸しとなり操業が停止、
「復旧の予測は非常に難しい」状態だそうだ。

テープは放送局の血液。震災記録保存のためにもテープの
通常供給を願うばかりです。

ローカル局ではDVC-PROHDも結構普及している。
HDCAMより、安いからね。。。
[PR]
by pressaviation | 2011-05-17 00:19 | そのほか | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31