ラガーマンの絆は空を飛ぶ

日本ラグビー協会公認A級レフェリーの麻生さんの長男修希くんは
思い心臓病と戦っている。
ラグビー協会を挙げて心臓移植への募金活動が広がり
ラグビーの試合会場では募金箱がよく見られた。

その修希くんが7日、心臓移植を受けるため
JAL機で渡米した。
c0015444_1332815.jpg

搭乗前には手術成功を祈るJALラグビー部らによる寄せ書きが
書かれたジャージーと千羽鶴が送られた。
この機の副操縦士は2008年12月の三洋電機×横河武蔵野戦で
麻生さんと一緒にアシスタントレフェリーを務めた
関東協会公認A2級レフェリーの三宅渉さん、
そして機長の岩城匡一機長も千葉東高で花園経験者。
もう一人のクルー杉本恒機長も長男がラガーマン。

ラグビーつながりのクルーは
修希くんのために揺れの少ないルートを選んだそうだ。
ラガーマンの絆は素晴らしいね。

手術の成功を祈ります。。
c0015444_134711.jpg

(スポーツニッポンなどの記事などから)
[PR]
by pressaviation | 2011-02-08 13:04 | そのほか | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30