新燃岳噴火

霧島・新燃岳が噴火し東に位置する
宮崎空港発着の便が影響を受けている。
c0015444_1952797.jpg

宮崎空港RWY27を離陸したDHC-8Q400は
左前方に霧島を見ながら上昇。
離陸の40分前にやや大きい噴火があったけど
およそ1500mの噴煙の上を飛び越えての飛行だった。

噴火直後は飛行可能だけれど、
その後天候調査~搭乗手続き中止~欠航となることが多いようだ

c0015444_17513390.jpg

【写真:宮崎空港離陸後の機内から見た新燃岳 2011年2月】
c0015444_1751272.jpg

【写真:欠航になる理由がわかる気がする・・・ 2011年2月】

飛行機が火山灰の中に入るとどうなるか・・・エンジンが止まりやす。。
1982年6月24日夜、マレーシアのクアラルンプールから
オーストラリアのパースに向かっていたブリティッシュエアウェイズ
009便のボーイング747-200が、 乗客247名乗員16名を乗せ、
スマトラ島の南を飛行中、高度11470mで 4基のエンジンが全てが
停止した。
しばらく滑空状態の後、火山灰から抜けた同機はエンジンの再始動に成功
事なきを得た。

c0015444_17514990.jpg

【写真:このカラーリングまだ飛んでる!】
ちなみに、先日JALの鶴丸復活がアナウンスされましたが
JACについては鶴丸が付くかどうか未定らしいです。





噴火が早く収まることをお祈りしております。。
[PR]
by pressaviation | 2011-02-04 17:51 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31