カンタス航空

映画レインマン の中で、ダスティン・ホフマン演じるレイモンドが
「飛行機に乗るのなら死亡事故を起こしていないカンタス航空しか乗らない」と
言ったほどのカンタス航空。
カンタス航空は90年間、死亡事故は起こしておらず
ジェット機は墜落させた事がないらしい。

そのカンタス航空に2日続けて事故が起きた
4日には最新鋭エアバスA380の2番エンジンが爆発
A380初の事故だ。
c0015444_2225843.jpg
【写真:カンタス航空】

シンガポール・チャンギからオーストラリアのシドニーに向かっていた
カンタス航空のA380はインドネシアのバタム島上空で、
エンジントラブルに見舞われ、緊急着陸。
エンジンからは煙が上がり消防車が消火した。
乗客433人と乗員26人にけがはなかった。
カンタスカラーの赤白の塗装がされた同機の機体の一部が
バタム島の市街に落下2番エンジンのカウルが破損していた。

当初墜落したとの情報も飛び交うなどしていたそうだ。
エンジンはロールス・ロイス plc製トレント 900
事故機の壊れ方を見ると、かなり深刻な気がする。
他にA380はGE・P&Wの合弁、エンジン・アライアンス製のGP7270がある。

事故の翌日11月5日には今度は同じカンタスのボーイング747-400が
またもチャンギ空港を離陸直後にエンジントラブルを起こし、緊急着陸した。
幸いけが人はなかったが、第1エンジンから出火したのようだ。

A380の事故の方が深刻なようだけど
航空機の事故はホント連鎖しますね。
[PR]
by pressaviation | 2010-11-06 02:29 | 飛行機話 | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30