スターフライヤー初の黒字

10月28日スターフライヤーが発表した
2009年9月中間連結決算は、
2006年3月の就航以来連結ベースでは初めて中間決算で黒字!
売上高にあたる営業収入は85億7800万円、
経常利益は5700万円(前年同期は単体で1億5700万円の赤字)、
税引き後利益は4900万円(同1億6400万円の赤字)となった。

景気低迷などで羽田―北九州線の旅客収入は9・3%減り、
全体の営業収入は3・9%減少。
だが、原油価格下落で燃料費が6億8000万円減、
全日本空輸との羽田―関西線の共同運航に伴い派遣社員を
減らすなどしてコストを削減した。

通期では経常利益2億円、税引き後利益1億8000万円を見込んでいる。
(読売新聞より)

いやーよかった。よかった。この景気ではしばらく様子見でしょうが
先延ばしになっている5号機導入。。JTA北九州-那覇の撤退が濃厚なだけに
この路線に挑戦してみては?
JALのツアーセールスの力もあるでしょうが、JTAのこの路線
毎日就航しているのに、65%以上の搭乗率。持った無いよね。
ぜひ、スタフラで!
c0015444_043570.jpg
【写真:中間連結決算で初の黒字!@HND】
[PR]
by pressaviation | 2009-11-01 21:45 | 頑張れ!新北九州空港・SFJ | Comments(0)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30