初期不良?いろいろあるよね

見落としていたけどこんな記事発見!


【8月7日神戸新聞】
川重ヘリのドア、一部外れる 国交省が厳重注意 
 国土交通省大阪航空局は6日、ヘリコプターのドアの一部が外れるトラブルを起こしたとして、製造した川崎重工業(神戸市中央区)を厳重注意し、再発防止を求めた。
 国交省によると、今年3月に同社岐阜工場(岐阜県各務原市)で製造し、福岡市内の運送会社に納入した「川崎式BK117C-2型」機。7月2日の試験飛行で福岡空港に着陸後、スライド式の客室ドアを開けたところ、固定具4カ所のうち前方の1カ所が機体から外れた。
 緊急時に手動でドアを外す装置のケーブル配線を誤ったのが原因で、大阪航空局は「飛行中にドアが吹き飛ぶ事故につながる恐れもあった」と指摘。8月31日までに改善報告を求めた。
 同型機は、兵庫県や神戸市など5自治体と2企業が1機ずつ所有。今回のトラブルを受けて実施した点検で不具合はなかった。


あの、青い報道機だよねこれって?
いや〜部品一つでよかった。

試験飛行中にADSアンテナ落っことした会社もあったけど。。

安全運行で!
[PR]
Commented by AOM at 2009-08-25 10:41 x
今回のトラブルは、初期故障ではないですね。初期故障と言うのは、想定していたトラブルで(例えば、エンジンチップが出ていないのに、コーションライトが点灯するとか)今回は明らかな製造ミスです。運航側としては、常に安全運航を心掛けていますが、こう言うミスはあってはならない事だと思います。さすがの国交省も黙っていられないミスと判断したのでしょうね。
Commented by pressaviation at 2009-08-25 13:38
AOMさん◆お久しぶりです。7月2日は福岡に着たばかりのころですね。
そうですか、ミスになるんですね。大したことなくてよかったです^ ^
あと、メーカーの製造番号って・・・どう決まるんでしょうか・・・05CFは4004。。なんですね
Commented by AOM at 2009-08-25 15:57 x
メーカーのシリアルはオーダーが入った時点で決まるんだと思います。今回の05CFに関しては、恐らく他のオペレーターに納入される筈の機体が、何らかの理由で納入されずにいたんじゃないかと思います。なるべく早い納入を西空が希望した為、タイミング良く今回の機体に割り当てられたんだと思いますよ。
Commented by pressaviation at 2009-08-27 03:12
AOMさん◆なるほど〜そういう風になる訳ですね!ちょっとすっきりです。しかしC-2、思いのほか大きく見えますね。
振動も防振カメラでしっかり押さえられる程度のようですね。
Commented by AOM at 2009-08-28 03:53 x
小型機、特にヘリは、旅客機のような運航会社毎に仕様が違う訳ではないので、納入がキャンセルされても他の運航会社へ割り当てると言うのはよくあるみたいです。BKのフレアー時の振動は、私もデモフライトに同乗した時は、何だコリャ!と言う感じでしたが、実際に導入されて何度も乗っているとそれ程気にならなくなりました。N空か保有していた350や427等に比べれば確かに異様な感じはしますが、ドクヘリとして運航していたので問題視する事もないと思いますよ。私としては、204の二枚ローター独特な振動の方がイヤでしたね。
Commented by pressaviation at 2009-09-01 21:54
AOMさん◆二枚ローターはやっぱり独特なんですね。二枚ローターは206しか乗ったことないです。。204は畳みたいなでかいローターですもんね。(大げさか・・・)
Commented by AOM at 2009-09-06 19:01 x
私はベル系は204しか乗った事がないんですよ(^_^;) 204は飛行中に独特な縦の振動を感じるし、ローターブレーキが装備されていないから、エンジン停止してからローターが完全に止まるまでの間の揺れが何とも言えないですよ。
by pressaviation | 2009-08-16 01:10 | テレビ | Comments(7)

新聞、テレビに見る航空取材合戦。報道飛行機たちの活躍を気が向いたときに書くブログ。その他のヒコーキネタ、新北九州空港の話題も。


by pressaviation
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31